ブリーヴィーバス大通り
●3日目 2019年5月1日(水) 午後(ラトビア日付)

 リガ旧市街の名所をちょっとずつ観光した続きです。


 一際大きな通りに出てきました。そしてその先にはやたら大きい記念碑があります。

ブリーヴィーバス大通り
 日本から無くなってしまったサークルKがありました!まさかラトビアに残ってたとは・・・。

 というか調べてみたらサークルKって外国の企業で世界には沢山あるんですね。知らなかったです。


ブリーヴィーバス大通り
 サークルKの近くには「Narvesen」というコンビニがあります。

 こちらはノルウェーの会社なので日本ではお馴染みじゃないですね。スポーツ雑誌にバスケの記事があったので購入しておきました。


ラトビアのマクドナルド
 旧市街の景観にとけこんでいるマクドナルド。

 なんかテーブルがお洒落です。これならマックでのティータイムもありですね。


ブリーヴィーバス大通り
 3つ又もものを棒で投げる遊びが行われてましたが、これなんすかね?ラトビアでの昔ながらの遊びでしょうか?気になる・・・。


ピルセータス運河
 この辺は公園のようになっていてなんと運河も流れています。ピルセータス運河といい、ダウカヴァ川とつながっています。


ピルセータス運河
 運河沿いには花が咲いていてきれいな風景です。


ピルセータス運河
 運河クルーズをやっているようです。こんないい天気の日にはピッタリですね。


自由記念碑 リガ
 そしてブリーヴィーバス大通りと中心にあるのが1935年のラトビア独立際に記念して建てられた自由記念碑です。高さ51mと結構な高さです。

 塔の上の像はミルダといいラトビアの3つの地域の連合を表す星々を掲げています。


自由記念碑 リガ
 ソ連時代にも破壊されませんでしたが、反体制の象徴なるので近づくだけでシベリア送りになったという話もあるそうです。

 周囲は長閑な公園ですが、実は悲劇を表す記念碑でもあるんですね。やはりこれだからソ連は・・・。


自由記念碑 リガ
 自由記念碑の礎に書かれている文字の意味は、「祖国と自由に」。

 そして両端には衛兵さんがいます。


自由記念碑 リガ
 ここでは昼の間に1時間毎に衛兵交代式が行われています。もちろんその時間に合わせて記念碑にやってきました。

 しかし1時間直射日光浴びっぱなしはつらそー。




 ラトビアの衛兵交代式の様子。結構近くで見れるのが良いです。軍服は共和国時代のものらしいです。


自由記念碑 リガ
 交代式なんですが、なんか全員撤収してるんですけど。

 恐らく16時が最後なんでしょうかね。最後の回を見れてよかったです。やっぱ衛兵はかっこいいです。




 車で撤収するラトビアの兵士たち。


ブリーヴィーバス大通り
 護衛お疲れさまでした!冷たいものでも食べてください!


ブリーヴィーバス大通り
 目的の衛兵交代式も見れたので私も撤収します。


リガのトラム
 リガのトラム。今回は全く乗る機会なかったです。

 旧市街は徒歩で回れちゃいますし、そもそも旧市街内はトラム走ってませんからね。まぁこの辺からバスターミナルまで乗ってくというのもできますが、やはりまだ旧市街内を歩きたいものでね。


ブリーヴィーバス大通り
 なにやらアジアンな感じの集団が練り歩いてました。




 なんなんでしょうか?全く分かりません。とりあえず巻き込まれなくてよかったです。


リガ旧市街
 これはラトビア版ど根性ガエル。柱を支えるなんて相当ですよ。


ツェントゥルス
 旧市街中にも近代的なショッピングセンターがあります。ツェントゥルスという5階建てのデパートです。


ツェントゥルス
 買い物目当てというよりかはトイレ目当てで来ました。やはりこういうとこの方がトイレもキレイだと思ってね。

 0.2ユーロのチップ制で普通のトイレでした。


ツェントゥルス
 Rimiというスーパーマーケットがあったので、ここでラトビア土産を買うことにしました。

 やはりお得にお土産買うならスーパーマーケットですよ。スーパーの商品見るだけで楽しいので結構時間使っちゃいますよね。

 チョコとかスナック菓子を購入しました。多分エストニアやリトアニアでも帰ると思う商品ですが、ラトビアで買ったという事実が大事です。


ダウグマレス蜂蜜店
 あとは目当てにしていたダウグマレス蜂蜜店で菩薩峠の蜂蜜を購入。違いはよう分かりませんが美味しかったです!

 ラトビア土産も無事購入できたのでラトビア観光はこれで終了です。リトアニアに向かうためバスターミナルに戻ります。





クリックしてくれると幸いです。

海外旅行ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加