エストニア タリン
●1日目 2019年4月29日(月) 夕方(エストニア日付)

 エストニアのタリンに到着した続きです。


 休憩を終えてタリンの旧市街観光に出かけます。なんとか休憩を1時間に抑えられてよかったです。移動疲れでうっかり寝ちゃって起きたら夜というパターンもありえたので。

 18:30頃にホテルを出ましたが全然明るいので余裕で観光できます。ヨーロッパの陽の長さありがたいです。

 ホテルから旧市街へは徒歩圏内。部屋の窓からも見えます。ということですぐに旧市街の入り口でもあるヴィル門に到着です。

 ヴィル門いいですね〜。ヨーロッパに来たぞって実感が出てきてテンション上がります。

エストニア タリン
 豚さんがベンチに座ってます!

 と思いましたが、よく見たら牛くんでした。なんで気付いたかというと、ここがステーキ屋さんだからです。


エストニア タリン
 タリン旧市街の中心地、ラエコヤ広場に着ました。

 ヨーロッパの旧市街といえば広場ですよね。中世の雰囲気がある建物に囲まれた空間、そこにいるだけで最高ですね。


エストニア タリン
 夕暮れ時ということで観光客が少なめで落ち着いた雰囲気なのがよりいい感じでした。


エストニア タリン
 タリン旧市街はそれほど広くはないので適当に突き進むことにしました。明日もタリン観光するので今回は下見です。

 ラエコヤ広場をちょっと離れると観光客もまばらですね。


エストニア タリン
 いい感じの坂道です。しかしちょっと急ですね。

 ここはピック・ヤルクの門塔です。


エストニア タリン
 タリンの旧市街にはトームペアという丘があるので上ります。

 とりあえず高い所があれば上る、旅人の基本ですね。高い所から見れば色々位置関係も把握できますし。


エストニア タリン
 パットクリ展望台に到着。やはり展望台なので観光客がそれなりにいますね。


エストニア タリン
 赤煉瓦の建物の街並みの風景、素晴らしい!

 奥の方には海が海が見えます。海近いんですね〜。


エストニア タリン
 赤煉瓦屋根の風景が大好物なのでこの風景はずっと見ていられますね。

 とはいえ風が強くて寒いので移動します。


エストニア タリン
 やたらでかいぬいぐるみ。エストでは有名なキャラクターなんでしょうか?

 酒樽を抱えているなんて飲んだくれキャラですかね。


エストニア タリン
 素晴らしい路地ですよ。


エストニア タリン
 適当に歩いていたらまた展望台にたどり着きました。ここはコフトウッツァ展望台です。


エストニア タリン
 こちらの展望台もなかなか眺めです。

 ただ、高層ビルもがっつり見えちゃいますね。私の宿泊しているホテルも見えますよ。仕方ないことですが、ちょっと残念な気持ちになります。


エストニア タリン
 左の方を見ると先程のパットクリ展望台と同じような風景が見れます。



 コフトウッツァ展望台からの眺め動画。ここも風があって、更には日陰なので寒くて長居はできませんでした。





クリックしてくれると幸いです。

海外旅行ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加