ウズベキスタン ヒヴァ
 旅行記の最後はまとめ記事になります。構成は下記の通りです。

まとめ記事の目次
 .好吋献紂璽
 記事一覧
 N更圓隆憤彎霾
 の紅
 イ勧めスポットベスト3
 失敗談
 Я躋

.好吋献紂璽

 1日目(2018/08/31):成田→タシュケント→ヒヴァ
 2日目(2018/09/01):ヒヴァ→カルカラパクスタン共和国→ヒヴァ
 3日目(2018/09/02):ヒヴァ→ブハラ
 4日目(2018/09/03):ブハラ
 5日目(2018/09/04):ブハラ→シャフリサブス→サマルカンド
 6日目(2018/09/05):サマルカンド
 7日目(2018/09/06):サマルカンド→タシュケント→成田
 8日目(2018/09/07):成田到着


記事一覧

●1日目
・1 今一番お勧めの旅行先、中央アジアのウズベキスタン共和国
・2 ウズベキスタン航空の直行便に乗ってタシュケントへ
・3 ヒヴァで宿泊したホテル「ホテル マリカ ヘイヴァク(Hotel Malika Kheivak)」

●2日目
・4 朝食食べてヒヴァの街を軽くお散歩
・5 自治共和国カラカルパクスタン共和国へ、手付かずで若干危険な遺跡「トプラク・カラ遺跡」を観光
・6 かつては宮殿だった「アヤズ・カラ遺跡」、地平線が見える絶景
・7 内部がカラフルなユルタでウズベキスタン料理を食す
・8 スーパーマーケット「ガストロノーム」で衝撃な物を発見!そしてすぐに夕食、レストランでウズベキスタン料理(ホレズム郷土料理)
・9 ヒヴァのクフナ・アルク城塞から見た夕日(サンセット)が最高だった
・10 夕暮れのイチャン・カラを散歩して神秘的なライトアップのメドレセを発見する

●3日目
・11 ヒヴァのイチャン・カラの城壁散歩が「進撃の巨人」の世界感で最高に楽し過ぎたのでお勧め
・12 世界遺産イチャン・カラを観光!ムハンマド・アミン・ハーン・メドレセとカルタ・ミナル
・13 【世界遺産】牢獄から造幣所、モスク、ハーレムなどが揃っているクフナ・アルク宮殿
・14 今は博物館のムハンマド・ラヒム・ハーン・メドレセ
・15 ヒヴァのお土産屋巡り、木工品のコーラン台(ラウヒ)の変形が複雑過ぎて凄い
・16 神秘的な雰囲気のパフラヴァン・マフムド廟
・17 メドレセ巡りをして東門(パルワーン・ダルワザ門)から出てみる
・18 ヒヴァで1番人気のレストラン「Terrassa Cafe」でウズベキスタン料理を堪能
・19 ハーンのプライベート空間、タシュ・ハウリ宮殿
・20 無数の柱と暗闇の神秘的空間「ジュマ・モスク」
・21 ヒヴァで一番高い建物「イスラーム・ホジャ・メドレセのミナレット」、最高の絶景なので是非上りましょう
・22 再びイチャン・カラの城壁散歩へ、東門ルートは中々デンジャラス
・23 ヒヴァ王朝の宮殿「トザボーグ・パレス」で夕食、そしてヒヴァからブハラへ移動

●4日目
・24 ブハラで宿泊したホテル「グランド ブハラ ホテル(Grand Bukhara Hotel)」
・25 中央アジアに現存する最古のイスラム建築「イスマイール・サマニ廟」、同じ場所のイチスロハット公園にはミッ〇ーもいるよ
・26 チャシュマ・アユブ廟、イマーム・アリ・ブハリ記念館、デフコン・バザールを観光
・27 20本の柱が特徴のバラハウズ・モスクと城壁が立派なアルク城
・28 ブハラのチャイハネ「Minor Cafe House」から見るカラーン・モスクの眺めが絶景!
・29 【世界遺産】とにかくでかいカラーン・モスクとミル・アラブ・メドレセ
・30 ウズベキスタン定番のお土産、コウノトリのハサミを買うなら「タキ・ザルガロン」!あとアブドゥールアジス・ハーン・メドレセの猫がかわいい
・31 ウズベキスタンでイタリアン、ピザを食らう!あとブハラの鳩がかっこいい
・32 ブハラのオアシス「ラビハウズ」と衝撃のデザインの「ナディール・ディヴァンベギ・メドレセ」
・33 伝統的な衣装が続々登場!ナディール・ディヴァンベギ・メドレセでのブハラ民族舞踊ショー

●5日目
・34 約4時間のバスの旅!ブハラからシャフリサブスへ移動
・35 ティムールの故郷!世界遺産のシャフリサブスのドルッサオダット建築群でティームの棺を見る
・36 【世界遺産】シャフリサブスのドルティロヴァット建築群
・37 【世界遺産】圧倒的なスケールの大きさ、ティムール像とアク・サライ宮殿跡
・38 シャフリサブスからサマルカンドへ移動。夕食は「カリンベク(Karimbek)」で念願のシャシリクを食べる

●6日目
・39 サマルカンドで宿泊したホテル「リーガル・パレス・ホテル(Regal Palace Hotel)」
・40 見渡す限りの青の世界!サマルカンドブルーが美しい「シャーヒ・ズィンダ廟群」
・41 豪華絢爛!黄金のティムールの墓「グリ・アミール廟」
・42 サマルカンドのオシャレなレストラン「イスティクロル(Istiqlol)」で昼食
・43 サマルカンドの台所!なんでも売ってる「シヨブ・バザール(Siyob Bazaar)」
・44 かつてのイスラム世界の最大モスクは絶賛修復中「ビビハニム・モスク(Bibi-Khanym Mosque)」
・45 チャイハネでティータイム、サマルカンドの小学生がかっこいい
・46 世界遺産サマルカンドを象徴する場所「レギスタン広場」、ミナレットは上るべし!
・47 「New arbat」で夕食を食べてスーパー「Registon supermarket」でお買い物
・48 見れるのは運次第?運良く見れたレギスタン広場のプロジェクションマッピング・ショーが凄い!

●7、8日目
・49 トラブル発生!政府の命令によりアフラシャブ号に乗れない!サマルカンドからタシュケントのゆっくり列車旅
・50 タシュケントに到着!日本人墓地を訪問し、ようやく昼食にプロフを食べるも・・・
・51 日本庭園(Yapon Bogi)で本物のコウノトリをウォッチ!
・52 2か月前に撮影解禁になったばかり!駅が芸術的に美しいタシュケント地下鉄に乗車!
・53 中央アジアの貴重なものが沢山の「ウズベキスタン国立歴史博物館」と日本人が建設した「ナヴォイ劇場」
・54 コリシュンチャ、ウズベキスタン

●お土産紹介
・55 【ウズベキスタンのお土産】実際に買ってみた色んなお土産を紹介(おすすめ有り)


N更圓隆憤彎霾

●旅行会社
 ・クラブツーリズム「【エコノミークラス利用】神秘のカラカルパクスタン共和国へ はじめてのウズベキスタン8日間」

●空港までの移動手段
 ・ツアーなので全てバス移動

●食事したレストラン・カフェ
 ・「Tea house Mirza Bosh(ミルザ・ボシ)」(ヒヴァ)
 ・「Terrassa Cafe」(ヒヴァ)
 ・「トザボーグ・パレス(Toza Bog Palace)」(ヒヴァ)
 ・「Minor Cafe House」(ブハラ)
 ・「ベラ・イタリア(Bella Italia)」(ブハラ)
 ・「ナディール・ディヴァンベギ・メドレセ」(ブハラ)
 ・「ホテル・ディルムロード・ボボ(Hotel Dilmurod bobo)」(シャフリサブス)
 ・「カリンベク(Karimbek)」(サマルカンド)
 ・「イスティクロル(Istiqlol)」(サマルカンド)
 ・「Bibikhanum Teahouse」(サマルカンド)
 ・「New arbat」(サマルカンド)
 ・「Bek Cafe」(タシュケント)
 ・「アル・サハラ(Al Sahara)」(タシュケント)

●宿泊したホテル
 ・「ホテル マリカ ヘイヴァク(Hotel Malika Kheivak)」(ヒヴァ)
 ・「グランド ブハラ ホテル(Grand Bukhara Hotel)」(ブハラ)
 ・「リーガル・パレス・ホテル(Regal Palace Hotel)」(サマルカンド)

●現地通貨の入手手段
 ・現地通貨スムは10ドル分はツアー会社が用意。追加の両替はホテルで実施。
 ・ドルは過去の旅行で残ってたもの。クレジットカードは1回も使わず。

●現地の通信手段
 現地SIMやモバイルWi-Fiは使わず、空港やホテルのWi-Fiを使用。
 1日だけauの世界データ定額が無料なのでそれを使いました。


の紅

旅費

 旅費がツアー代金。ツアーなので現地ではあまりお金使ってないですね。ホテルも枕チップです。

 何より物価が安いです。1スムは0.015円でした。今振り返るともっとお金使っても良かったかなと。

 因みにポイントサイトのハピタスを経由して旅行サイトの予約をすればポイントが貰えてお得です。今回はクラブツーリズム、楽天トラベル(高速バス)でポイントゲットできました。是非以下バナーから登録してみてください!
その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス 

イ勧めスポットベスト3

 ここでは○○○のお勧めスポットベスト3を紹介します。

3位:シャーヒ・ズィンダ廟群
 ウズベキスタンのアラベスクを堪能しかったらここ。サマルカンドブルーの世界が美しい。

2位:レギスタン広場
 期待通りの圧倒的迫力。運次第でしか見れないプロジェクションマッピングショーも見応えありました。

1位:ヒヴァの城壁
 城壁に囲まれた街、そしてその城壁を歩けるという素晴らしい状況。街全体が最高の雰囲気でした。


失敗談

 団体ツアーなので致命的な失敗はないですね。

 アドバイスするとしたら食事に注意でしょうか。料理は美味しくて日本人の好みにも合うと思うんですが、ウズベキスタン料理は油分が多く量も多い(食事の量がおもてなしと考える国なので)

 それを1週間食べるとお腹やられます。海外旅行帰りで過去最高にお腹下しました。エジプトの時より酷かったです。1週間は続いて3キロ痩せましたよ。

 直接的な原因か分かりませんが、帰国後の最初の出勤時には電車で眩暈がして倒れかけました。眩暈の経験なんて初めてです。

 胃が弱い方は無理して食べないように。

 あとは9月上旬でも朝晩は思ったより冷えるので薄い上着を持ってきましょうってことくらいですかね。


Я躋

 ウズベキスタン、控えめに行って最高でした。これまで行った海外で素晴らしい国は沢山あるんですが、1番お勧めしたいのはウズベキスタンです。

 発展途上国なので欧米では味わえない雰囲気があります。その手の国だと治安の心配がありますが、ウズベキスタンの治安はかなり良い方だと感じます。国名にスタンが付くから危険と思うのは大間違いだ。

 何より現地の人の歓迎が暖かいですね。ツアーのバスを見ると殆どの人が手を振ってくれるなんて今まで無かったですよ。

 私が行った当時はまだ観光客も少なくて快適に観光できました。何よりすぐ近くだから某アジア系の騒がしい方々が来ないということ。

 ここ数年がウズベキスタンの行き時かと!


クリックしてくれると幸いです。

海外旅行ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村