タシュケントの日本庭園
●7日目 2018年9月6日(木) 午後(ウスベキスタン日付)

 タシュケントでお墓参りをした続きです。


 昼食後には引き続き駆け足でタシュケント観光です。

 やってきたのは「Yapon Bogi」といういわゆる日本庭園です。クラブツーリズムのウズベキスタンツアーで今回から新たに追加されたそうです。

タシュケントの日本庭園
 有料の庭園ですが、2万スム(約300円)なのでお安いです。


タシュケントの日本庭園
 2万スムとはいえ有料なのか人はほとんどいなくて静かでした。

 ちょっと静かな時間を過ごしたいってなったらここはお勧めですね。


タシュケントの日本庭園
 大きな池があります。あまりきれいな感じではありませんが。

 庭園の向こうには大きなビルが見えてなんだか都会のオアシスって感じです。ウズベキスタンの新宿御苑って感じでしょか。(新宿御苑は行ったことないですけど)

 池にはボートもあります。


タシュケントの日本庭園
 池の向こう側にはタシュケントランドという遊園地があるみたいです。

 途上国の遊園地のクオリティ、どんなものが気になります。きっとどこかで見たことあるキャラクターがいるんだと思います。


タシュケントの日本庭園
 なんか映えスポットな木があります。地元の人も撮影してました。


タシュケントの日本庭園
 まぁ至って普通の庭園なんですが、1番の見どころはこれ。本物のコウノトリが見れるんですよ。

 もちろん鳥なので必ず見れるとは限らないんですが、なんと今回運よく見れました!しかも2羽。


タシュケントの日本庭園
 これまで造り物のコウノトリしか見てなかったので本物を見れてちょっと感動しました。

 多分子供の頃に動物園とかでコウノトリを見たことあると思うんですが、明確に覚えてないです。真っ白かと思ってましたが、翼に黒があるんですね。かっこいい。

 コウノトリは豊作や幸せをもたらすありがたい鳥。見れたらきっと幸せになれる、はず・・・!?


タシュケントの日本庭園
 日本庭園らしさを感じますね。


タシュケントの日本庭園
 休憩所らしき場所に自動販売機がありましたが、残念ながら稼働してませんでした。

 左のは品物が一切ないんですが、何を売ってたんでしょうかね?お菓子とかでしょうか。

 あと右の注意書きはなんて書いてあるんでしょうか。


タシュケントの日本庭園
 白黒の小さな鳥をウォッチ!なんて鳥かは分かりません。

 タシュケントの日本庭園、見学時間が15分しか無かったのでほんの一部しか見れませんでしたが、静かな雰囲気でしかもコウノトリを見ることが出来たので良かったです。

 メドレセばかりに見飽きた際のリフレッシュにはいいかも。


ハスティマム広場
バスで移動しハスティマ広場にやってきました。

 ここにはメドレセとモスクがあります。


ハスティマム広場
 広場がめっちゃ広いですね。人がいないので余計に感じます。

 暑い中歩いてもなかなか建物にたどり着かない・・・。


ハスティマム広場
 バラク・ハン・メドレセを観光します。

 16世紀に建てられたメドレセで、ソ連時代から中央アジアのイスラームの本庁がおかれていたとか。


ハスティマム広場
 これまで見たメドレセと比べるとコンパクトです。


ハスティマム広場
 最初に観たら多少感動はあるかもですが、締めに見るメドレセとしてはこんなものかって感想しか出ません。

 というかあまり印象にも残ってないですかね。すみません。


ハスティマム広場
 ミナレットもありましたが、上る時間はなし。残念です。

 そしてバスに乗り込み次の場所へ。





クリックしてくれると幸いです。

海外旅行ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村