Bibikhanum Teahouse
●6日目 2018年9月5日(水) 午後(ウスベキスタン日付)

 でっかいモスクを見た続きです。


 ここでウズベキスタン旅行恒例のチャイハネでティータイムです。

 お店はビビハニム・モスクのすぐ近くの「Bibikhanum Teahouse」というレストラン。トリップアドバイザーでは評価高めです。


Bibikhanum Teahouse
 お茶とお菓子はサービスです。お茶は急須で何度も注ぐと美味しくなるとか。


Bibikhanum Teahouse
 流石にお茶も飲み飽きたので別の飲み物を注文しました。トルココーヒー(12000スム(約175円))です。

 ウズベキスタンでトルココーヒーというよく分からない状況。

 トルコに行ったことありますがトルココーヒーは飲んだことありません。ギリシャコーヒーの様に粉が溶けきらず底に沈んだら飲むタイプのものでした。

 味は普通。


Bibikhanum Teahouse
 謎の鳥がお客の残り物を狙っていました。


Bibikhanum Teahouse
 日陰の落ち着いた雰囲気でまったりできてよかったです。飲み物は熱々ですが。

 ちなみにトイレは有料で1000スムです。


Bibikhanum Teahouse
 ウズベキスタン料理も美味しそうですね。


Bibikhanum Teahouse
 お店の入り口辺りが騒がしいと思ったら、売店に沢山の子供がいました。

 学校帰りにアイスでしょうか。買い食いOKなんでしょうかね?


Bibikhanum Teahouse
 同じツアーの方が聞いたところ10歳だそうです。

 このくそ暑いのにブレザーっていうのは置いといて、ブレザーかっこいいですね。私が10歳の頃なんてTシャツ短パンでこんなかっこよさなかったっすよ。

 髪型もサッパリしていて身なりもきれい。裕福な家庭向けの学校でしょうかね。


サマルカンドの学校
 ティータイムを終えてちょっと移動すると学校がありました。買い食い学生はここの生徒でしょうかね。

 立派な学校ですが、どうやらウズベキスタン初代大統領もカリモフが通っていたらしいです。やはりエリートな学校でしたか。


サマルカンドの学校
 どうやら幼稚園か保育園も併設しているようです。


サマルカンドの学校
 こちらはまだ親のお迎え待ちでしょうか。やはり子供はかわいいですね。


サマルカンドの学校
 好奇心旺盛な女子学生と写真を撮ったり。


サマルカンド
 通りを走る送迎バスらしき乗り物。ちょっと乗りたかったです。


 イスラム・カリモフ大統領像
 大きな像がありました。スーツ姿なので最近の人でしょうか。


 イスラム・カリモフ大統領像
 名前書いてありました。ウズベキスタン初代大統領のイスラム・カリモフでした。

 イスラム・カリモフは1991年の独立から2016年までの25年間という長期間大統領を務めてました。行った当時の2年前って本当最近ですね。

 欧米諸国からは独裁者として批判されており、大統領じゃなくなったというのも亡くなったからで健康であればまだ大統領だったかもしれませんね。

 彼がまだ大統領だったらビザが無いと観光にこれなかったでしょう。


 イスラム・カリモフ大統領像
 像にありがちな頭に鳥。申し訳ないですが笑っちゃいますね。もっとひどい場合は糞付きってのもありますが。


レビスタン広場
 そしてやってきましたサマルカンド観光の最大の目玉、レギスタン広場!





クリックしてくれると幸いです。

海外旅行ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村