ウズベキスタンの道路
●5日目 2018年9月4日(火) 夕方(ウスベキスタン日付)

 ティムールの故郷を観光した続きです。


 シャフリサブス観光は終了しましたが、本日はシャフリサブスには宿泊しません。再びバスで長距離移動でサマルカンドを目指します。
シャフリサブスからサマルカンドへ
 Googleマップだと1時間半になってますが、ツアーの予定だと約3時間掛かる見込みとのこと。

 観光した後なので寝るには丁度いいですね。とはいえサマルカンドに着いたら夕食食べて寝るだけなので、寝すぎると夜寝れなくなってしまいます。

 あとこういう時に限ってあんまり寝れない性質なんですよ。


ウズベキスタンの道路
 ウズベキスタン鉄道の鉄橋。下は川といっていいのかなって思うくらいの水の量。


ウズベキスタンの道路
 牛を連れたウズベキスタンの少年。家のお仕事手伝って偉いです。


ウズベキスタンの線路
 ウズベキスタンの線路。


ウズベキスタンの鉄道
 貨物列車ですかね。乗っているのは土?

 線路はサマルカンドに向かっているんですかね。


ウズベキスタンの道路
 ジェットコースターのように高低差のあるウズベキスタンの道路。そして果てしなく続く道。

 写真でそう見えるようになっただけで実際はこんなんではないのであしからず。


ウズベキスタンの道路
 羊の大移動。こういうの見れると中央アジアに来たな〜って感じします。


ウズベキスタンの砂漠の街
 周りは砂漠なのに新しめの一軒家が沢山あります。発展中の街なんでしょうか。


サマルカンド
 道中の風景を楽しんだり、ちょっと寝たりしながらバスで過ごすとようやくサマルカンドに到着しました。風景が一気に都会になりましたね。

 移動時間は約2時間半です。道路ががったがたなのでスピード出せませんね。


サマルカンド
 サマルカンドのタクシーは黄色。まるでニューヨークのイエローキャブのようです。


サマルカンド
 サマルカンド、車がビュンビュン走る都会かと思えば、道路を普通に馬車が走っています。発展途上って感じがしますね。


サマルカンド
 路上でポップコーン売ってました。ちょっと食べてみたかったです。


ウズベキスタン カリンベク(Karimbek)
 本日の夕食は「カリンベク(Karimbek)」というレストランにて。

 トリップアドバイザーでも上位の人気レストランのようです。



ウズベキスタン カリンベク(Karimbek)
 中は木がふんだんに使われててとてもオシャレが雰囲気です。


ウズベキスタン カリンベク(Karimbek)
 サマルカンドのナン。ヒヴァやブハラで食べた平たいナンではないです。

 サマルカンドのナンはナンの王様と呼ばれてるらしいですが、期待したほどこれまで食べたナンとの違いは感じられませんでした。

 恐らく出来立ての熱々のナンではなかったからでしょうかね。基本ナンはテーブルに用意されてるので1度でいいから熱々のナンを食べてみたいです。


ウズベキスタン カリンベク(Karimbek)
 サマルカンドのワインは有名で美味しいとの話を聞いたので、白ワインを注文しました。25000スム(約365円)とワインも安いです。

 まぁ普段からそんなワインは飲まないので違いは分かりませんが、美味しかったのでヨシ。


ウズベキスタン カリンベク(Karimbek)
 ウズベク風のボルシチ。スープはやはり外れなしで美味しいです。


ウズベキスタン カリンベク(Karimbek)
 そしてメインのシャシリク(肉の串焼き)。お肉は牛、鳥、羊と種類も豊富。イスラム今日の国なので豚は当然でません。上に乗っているのは小麦粉のクレープ(甘くない)。

 シャシリクはウズベキスタン料理で1番楽しみにしていた料理なんですが、これは期待通りの美味しさでした。熱々でジューシーで柔らかい!

 串焼きなんですが、みんなでシェアして食べるので店員さんが串を抜いてくれました。

 日本の居酒屋か!

 いや、助かるんですけどね・・・。


ウズベキスタン カリンベク(Karimbek)
 デザートのバニラアイス。アイスはどこの国で食べてもの美味しい。


ウズベキスタン カリンベク(Karimbek)
 食後はお馴染みの暖かいお茶。胃が癒されます。


ウズベキスタン カリンベク(Karimbek)
 レストラン前のショーケースには生肉がずらりと並んでました。多分本物です。斬新ですな。


ウズベキスタン カリンベク(Karimbek)
 お店の大のトイレは和式でした。でも水洗式です。


ウズベキスタン カリンベク(Karimbek)
 店の外観には「I LOVE SAMARKAND」という映えスポットがあります。

 せっかくなので写真撮ってもらいましたが、フラッシュなしだと暗くて誰だか分からない状態でしたとさ。


サマルカンドの夜
 夕食を終えると辺りはすっかり暗くなってました。時刻は19時半頃です。

 それでもサマルカンドの街は賑やかでした。


サマルカンドの夜
 やはりサマルカンドは都会ですね。人や車もヒヴァやブハラと比べても多いです。

 夕食後、レギスタン広場ではライトアップショーが開催されることがあるので行ってみることになりましたが、残念ながらレギスタン広場はショーどころか明かり1つも付いてなくて真っ暗でした。残念です。

 そしてサマルカンドのホテルに到着。5日目終了です。




クリックしてくれると幸いです。

海外旅行ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村