ブハラの道路
●4日目 2018年9月3日(月) 午前(ウスベキスタン日付)

 猫とバザールを見た続きです。


 そのまま徒歩で次の観光場所へ移動。まさか舗装されてない道路があるとはビックリです。

バラハウズ・モスク
 バラハウズ・モスクにやってきました。

 1718年に建てられたハーン専用のモスク。クルミの木の柱が20本並ぶテラス上の空間が特徴です。

 アイヴァンという建築様式はヒヴァではよく見られましたが、ブハラではここでしか見られないそうです。

 現在は一般に公開されています。


バラハウズ・モスク
 モスクの前には池があります。濁ってて底が見ません。

 バラハウズとは池の前という意味。実は結構そのままの名前っていうパターン多いですよね。


バラハウズ・モスク
 小さなミナレットもありました。このミナレットは上るのが楽そうですが、上ったところでって感じです。


バラハウズ・モスク
 柱上部や天井の彫刻が凄いです。ここでも星形の穴がありますがなんなんでしょうね?


バラハウズ・モスク
 柱の高さは12メートル。

 中央以外の天井部分は装飾無し。手抜きかな?


バラハウズ・モスク
 歴史あるモスクなので所々剥がれてる箇所があります。

 モスクなので土足厳禁です。


バラハウズ・モスク
 モスクの内部です。メッカの方向を示すミフラーブの上に見事な彫刻。ウズベキスタンらしいモスクです。


バラハウズ・モスク
 暗くて青い雰囲気がとても神秘的でした。ヒヴァのジュマ・モスクとまた違った感じでいいです。


バラハウズ・モスク
 青いので気分的に少々涼しい感じになります。


バラハウズ・モスク
 モスクなのでムスリム以外はロープを越えて入ることはできません。


バラハウズ・モスク
 外には時計が5つ。

 感がよい人なら分かると思いますが、イスラム教の礼拝時間です。1日5回お祈りします。


バラハウズ・モスク
 横からの眺めの良いです。


バラハウズ・モスク
 入り口には当然のようにお土産屋があり、彫刻の実演もやってました。凄い技術です。


バラハウズ・モスク
 池越しにみたバラハウズ・モスク。

 池にモスクに映って柱が40本になる姿が見れるということですが、今回はうまく見れず。この池にちゃんと映るのかな?


ブハラの水道塔
 モスク近くにあった元給水塔のブハラタワー(Шуховская башня)。

 行った当時は展望台に改装中でしたが、現在はエレベーターが設置されて上れるそうです。

 ブハラ内ではカラーンミナレットの方が高いですが、ミナレットは上れないのでここがブハラで一番高い展望台になります。

 上って見たかったなぁ。


アルク城
 モスクから歩いてやってきたのがアルク城。

 「アルク」とはお城の意味なので城城と重複してますね。地図だとArk of Bukharaなのでブハラ城でいいのでは。

 信号越しに見るお城になにか奇妙な感じがします。


アルク城
 ライム色の車が沢山走っています。タクシーですかね?


アルク城
 城壁には大きなラクダが2匹。夜にライトアップされるんでしょうね。


アルク城
 立派な城門です。

 アルク城は歴代ブハラ・ハーンの居城で、紀元前4世紀から存在するとのこと。何度も戦いで破壊されては立て直してブハラを守っていました。

 チンギス・ハーンにも破壊され、現在残っている姿は18世頃のものだそうです。


アルク城
 アルク城は外から見るだけの観光です。城好きとしては内部も見てみたかったです。

 このアルク城から絨毯を引いてバラハウズ・モスクまでハーンが歩いたそうです。近いっちゃー近いですが、どんだけ絨毯使ったんでしょうか。

 ちなみに城前の広場はレギスタン広場という名前です。


アルク城
 もっこりとした城壁が迫力あります。

 木材が飛び出しているのでロッククライマーなら上れてしまいますね。これは再建当時足場として使ってた。流石に過去にあったら侵入され放題ですからね。

 城の面積は34,675屬任后かなり広い。


アルク城
 城付近でバスに乗り込み次の観光地へ移動。

 車内からはこわれた城壁が見えました。1920年にはソ連にも爆撃されたのでその傷跡でしょうか。全くソ連ってやつは・・・。





クリックしてくれると幸いです。


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村