イチスロハット公園
●4日目 2018年9月3日(月) 朝(ウスベキスタン日付)

 ブハラのホテルを紹介した続きです。


 さぁいよいよブハラ観光スタートです。8:30にホテルをバスで出発します。

 朝だからなのかブハラの街はあまり歩いている人はいません。それとも時間帯関係なく出歩かないんでしょうかね。

イチスロハット公園
 ホテルからバスで10分程で到着したのがイチスロハット公園。公園にしては立派な公園です。

 ガイドブックだとイチスロハット公園なんですが、Googleマップやトリップアドバイザーでは「Samonids Recreation Park(サモニズレクリエーション公園)」と表記されてます。全然違うんですが、どちらが正しいんでしょうか?


イチスロハット公園
 自然がいっぱいで水路もあって素晴らしい公園です。

 水辺があるだけで涼しい気分になれます。


イチスロハット公園
 小さな遊園地もあるんですね。これは子供も楽しめるよい公園です。

 ん?あの後ろ姿どこかで見たことあるような・・・。下のイラストは柵でよく見えません。


イチスロハット公園
 動物の置物。虎がでか過ぎる。


イチスロハット公園
 ああああミッキーとミニーがいたー!ここはブハラ・ディズニーランドだったのかー!

 ディズニー好きにお勧めの公園です。


イチスロハット公園
 観覧車までのあるので結構しっかりとした遊園地のようです。


イチスロハット公園
 ただオープンなので少々スリリングかと思われます。

 ヒヴァの観覧車も窓無しだったので、ウズベキスタンの観覧車は絶叫マシンの部類にはいるんですかね?


イチスロハット公園
 なかなか興味深い遊園地がありますが、この公園に来た目的はこちら。

 中央アジアに現存する最古のイスラム建築、「イスマイール・サマニ廟」です。


イスマイール・サマニ廟(Ismail Samani Mausoleum)
 イスマイール・サマニ廟は892年から943年に造られました。

 13世紀のモンゴル帝国の襲来で色々の建物が破壊されましたが、砂に埋もれてたため破壊を免れました。そして1926年に考古学者のビャトキンによって発掘されました。見つかったの最近なんですね。


イスマイール・サマニ廟(Ismail Samani Mausoleum)
 標識の下には世界遺産のマークがあります。ここブハラは「ブハラ歴史地区」として世界遺産になっています。


イスマイール・サマニ廟(Ismail Samani Mausoleum)
 廟なので中はシンプルに棺があるだけです。

 9世紀末に中央アジアに成立したサーマーン朝の名君イスマーイール・サーマーニーの名前が付けられています。彼はタジキスタンの紙幣になっています。イスマイールと聞くとガンダム00が思い浮かびますね。

 ただ名前が示す通りイスマーイールの廟であるかは不明だそうで。

 しかし、神聖な場所だというのに内部に普通にお土産や営業してましたよ。棺に土産立てかけてるし・・・。ウズベキスタンの商売根性、流石というかなんというか。


イスマイール・サマニ廟(Ismail Samani Mausoleum)
 日干しレンガの幾何学的な組み合わせが独特で面白いです。この様式には世界中の考古学者や建築家が注目しているとか。


イスマイール・サマニ廟(Ismail Samani Mausoleum)
 天井のレンガは色が不揃いでこれまた面白いデザインに。

 ただ私はどうしても擂鉢が頭に浮かんでしまいます。ゴマがよく擂れそうな感じがします。


イスマイール・サマニ廟(Ismail Samani Mausoleum)
 真ん中のレンガのところはこの写真だと分かりづらいですが、開いています。なので外から風も光も入ってきます。

 内部は涼しいのでベンチで休むにはもってこいですね。とはいえここはお墓なんですけど。


イスマイール・サマニ廟(Ismail Samani Mausoleum)
 建物を3度回ると願いが叶うという話があるそうです。私は叶いませんでしたが・・・。

 ブハラでの観光はNFLのデンバー・ブロンコスのペイトン・マニングのジャージを着ました。まぁウズベキスタンでマニングを知るものはいませんね。





クリックしてくれると幸いです。


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村