タシュ・ハウリ宮殿
●3日目 2018年9月2日(日) 午後(ウスベキスタン日付)

 昼食にウズベキスタン料理を食べた続きです。


 午後最初の観光場所はタシュ・ハウリ宮殿です。午前に観光したクフナ・アルク宮殿より新しい宮殿です。

 タシュ・ハウリとは「石の屋敷」という意味。公務を行なう謁見や儀式の場、宴会やお客を接待する場とハーレムがあります。

 まず最初に来たのが「くつろぎの間」。

タシュ・ハウリ宮殿
 アイヴァンの天井の装飾が豪華です。穴があるのがなんなのか気になります。


タシュ・ハウリ宮殿
 タシュ・ハウリ宮殿はヒヴァ数ある建築物の中でも特に豪華に装飾された建築物だそうです。


タシュ・ハウリ宮殿
 「くつろぎの間」ではユルタを張って、そこで宴会したそうです。確かにユルタならくつろげそうですね。

 ユルタ用の台座が2つあり、1つに申し訳程度にユルタの骨組みが展示されてました。ドア傾いてますけど。


タシュ・ハウリ宮殿
 移動する通路には展示物があります。これはアイヴァンの柱でしょうかね。


タシュ・ハウリ宮殿
 一瞬自動餅つき機かと思いましたが、これも柱でした。ウズベキスタンでは餅つきしないですもんね。


タシュ・ハウリ宮殿
 ここは「謁見の間」。その名の通りハーンに謁見する場所です。

 ここのアイヴァンも天井の装飾が凄いです。ここも穴が開いてますね。


タシュ・ハウリ宮殿
 「謁見の間」にもユルタの台座があります。

 こんな豪華な宮殿でも騎馬民族だからかユルタが恋しくなるんでしょうか。


タシュ・ハウリ宮殿
 多分ここはハーンと謁見する場所ではないかと思います。謁見する場所にしては豪華じゃないですし。


タシュ・ハウリ宮殿
 また別のとこへ移動。途中に馬車がありました。

 見た感じそんな古くなさそうです。今でも使えそうな感じです。来る前に道で見た轍はこの馬車によるものかもしれません。


タシュ・ハウリ宮殿
 外壁が見れるとこに来ました。

 宮殿の壁ですからでかいですね。これは侵入できません。


タシュ・ハウリ宮殿
 ハンドクラフト博物館って書いてありますけど、そのようなのは見当たりませんでした。


タシュ・ハウリ宮殿
 宮殿最後に訪れたのは「ハーレム」です。

 ハーンの母・姉妹と4人の正妻のためのアイヴァンが並んでいます。


タシュ・ハウリ宮殿
 部屋の中も見れました。ここでハーンがちょめちょめしてたわけですね。


タシュ・ハウリ宮殿
 夜になると、ハーンだけが通ることのできる廊下。そんな訳で天井がやたら派手ですね。


タシュ・ハウリ宮殿
 博物館らしき部屋もありました。あまり目を引くような展示物は無かったです。


タシュ・ハウリ宮殿
 写真の展示もあります。ウズベキスタンの人は写真撮られるのに抵抗なかったようですね。

 しかし、帽子なのにどうしてもアフロに見えてしまいます・・・。


タシュ・ハウリ宮殿
 QRコードと割とハイテクだったりもします。

 展示物の説明かと思いきやGoogleプレイのアプリダウンロードに飛びました。なんのアプリかは分かりませんので誰かインストールしてみてください。


タシュ・ハウリ宮殿
 やけにクオリティ高いマネキンがいてビビりました。


タシュ・ハウリ宮殿
 こういう場所でも普通にお土産屋があるのがウズベキスタンクオリティ。写真の邪魔だなって思っちゃダメですよ。


ウズベクおじさん人形
 ウズベキスタンの定番お土産、ウズベクおじさん人形。

 持ってるものがスイカやナンだったり、帽子も有り無しだったりと種類が豊富でコレクターにとってはコンプリートのしがいがありますね。私は買ってませんけど。

 タシュ・ハウリ宮殿はそれなりに見所があるので見ておいて損はないかと思います。


アラクリ・ハン・メドレセ
 タシュ・ハウリ宮殿の後は午前中やってなかったアラクリ・ハン・メドレセへ。宮殿のすぐ近くなので行ってみると開いてました。

 中はがっつりお土産屋ですね。結構広くてじっくり見てると1時間はは掛かるかと思います。でも、こちらにはそんな時間無いのでぐるーと周って見て終了でした。




クリックしてくれると幸いです。


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村