ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド
ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(原題:ONCE UPON A TIME IN HOLLYWOOD) 657本目 2019-26
上映時間 2時間41分
監督 クエンティン・タランティーノ
出演 レオナルド・ディカプリオ、ブラッド・ピット、マーゴット・ロビー
詳細 Yahoo!映画参照

【あらすじ】
 1969年のハリウッド黄金時代を舞台に落ち目の俳優リック・ダルトンと親友のスタントマンの活躍を描いた作品。

【評価 6点(10点満点)】
 ディカプリオとブラピの共演を楽しむ作品。

 タランティーノ作品は映画を見るようになってだいたい見てるんですが、どうも刺さらないんですよね。毎回今回は面白そうだって思って鑑賞するんですけど、結局はどれもまぁ面白いくらいで終わってしまいます。ちなみに上映時間が長いのは諦めました。

 で、今回も今までと同じでした。

 まぁあの時代のハリウッドのことを知れたのは面白かったですけどね。ブルース・リーってあんな感じだったのかーとか。

 しかし、ブラピの演じた役はかなりヤバいやつですね。こういうケースってディカプリオの役の方がいい思いをするってパターンかと思うんですが、全部自業自得じゃないですか

 まぁ強盗の時はこれ以上ないってくらい頼もしかったですけど、お馴染みの残虐ファイトは強盗の方が気の毒に思えてしまいましたよ。

 シャロン・テート事件は予習した方がいいとの情報だったので、軽くしておいたんですが、この作品では殺されないんですね。殺されなかった世界線の話だったとは。

クリックしてくれると幸いです。