天気の子
天気の子 654本目 2019-23
上映時間 1時間54分
監督 新海誠
出演 醍醐虎汰朗、森七菜
詳細 Yahoo!映画参照

【あらすじ】
 雨が続く日本、家出少年の帆高は都会にやってきて不思議な力を持つ少女陽菜出会う話。

【評価 9点(10点満点)】
 新海監督凄いな。2作続けて名作を作るなんて。

 前作「君の名は」が空前絶後の大ヒットをかましたので次回作はそこまで期待いないでおこうと思ってましたが、今作も「君の名は」に匹敵するレベルで素晴らしかった!また見たいって

 映像の綺麗さは芸術の域。街並みの描写が本当にリアル。新宿はよく行くのでよりそう感じますね。竹芝桟橋や新宿のマックといった細かいとこも分かったのでそこだけでも見てて楽しいです。

 公開時期も梅雨というところが計算高いですね。私が鑑賞した時も鑑賞前は雨だったんですが、鑑賞後は晴れてて作品と現実がシンクロしてましたよ。

 これこそ公開時期に劇場で見るべき映画。

 予告で銃が出たり取っ組み合いするシーンが流れたので、悪い組織が陽菜さんを狙われるんだと思ってましたが、帆高の独り相撲でしたね。悪い組織とかいなかったし。

 帆高が銃なんて拾っちゃうから警察に追われることになった訳で自業自得な点も多々あったかと思います。

 あと「君の名は」のキャラクターがカメオ出演してましたね。これはファンには嬉しい。滝くんはがっつり出てましたけど、四葉は気付けなかった・・・。

 ラストは賛否両論あるみたいですが、私は納得です。愛する人か世界かどっちをとるかの選択、客観的な他人の立場なら世界を選びますが、帆高の立場になればやはり陽菜さんを選びますよね。

 音楽もよかったですね。作品に合っていて耳に残ります。

クリックしてくれると幸いです。