X−MEN:ダーク・フェニックス
X−MEN:ダーク・フェニックス(原題:DARK PHOENIX) 650本目 2019-19
上映時間 1時間54分
監督 サイモン・キンバーグ
出演 ジェームズ・マカヴォイ、マイケル・ファスベンダー
詳細 Yahoo!映画参照

【あらすじ】
 「ファースト・ジェネレーション」から始まったX-MENシリーズ最終作。プロフェッサーXのもとミュータントの力を人間社会に役立てていたが、ジーンの能力が暴走してしまう。

【評価 6点(10点満点)】
 シリーズ最終作としては微妙な作品。

 「ファースト・ジェネレーション」はめちゃくちゃ好きな作品なんですが、このシリーズは回を重ねるごとにつまらなくなっていって残念。最初が名作過ぎるのもありますが。

 特にシリーズで最後が今作というのには納得いかないですね。結局今回の敵ってなんだったの?

 プロフェッサー側とマグニートー側の共闘はちょっと熱かったけど、全作が最後でよかったかなぁ。ちょっと蛇足な印象。

 最後にXとマグニートが仲を取り戻しましたのにはほっこりしましたけど、でも年取ったらまた殺し合うと思うとここでそのシーンを出すのどうかなって思いました。(劇場作品の時系列がよく分かりませんが)逆に何がきっかけでまた仲違いするようになるのかが気になる。

 しかし、レイブンが死んだのはビックリしました。超重要キャラなのに、ここで死ぬなんて・・・。

 あとレイブン大好きっ子のマグニートは相変わらずだな。そこがよいんですけどね。

クリックしてくれると幸いです。