ブラック・クランズマン
ブラック・クランズマン(原題:BLACKKKLANSMAN) 643本目 2019-12
上映時間 2時間8分
監督 スパイク・リー
出演 ジョン・デヴィッド・ワシントン、アダム・ドライヴァー
詳細 Yahoo!映画参照

【あらすじ】
 1970年代、白人至上主義団体KKKに2人一役で潜入捜査する話。

【評価 7点(10点満点)】
 ちょっと変わった潜入捜査でハラハラドキドキで楽しめました。とりあえずスパイク・リー、アカデミー脚本賞受賞おめでとう。

 「インサイドマン」以来、久し振りのスパイク・リー映画。NBAファンからしたら熱狂的なニックスファンの認識なんですが、ちゃんと映画監督なんですよね。アカデミー賞授賞式ではサミュエル・L・ジャクソンにいじられてて面白かった。

 KKKについては何となくでしか存在を知らなかったんですが、なかなかいかれてる集団なんですね。
つか銃を持ったり爆弾を使うあたりただのテロリストやん。どうしたらあんな考えで育っていくのか理解できませんね。

 なのでKKKの作成を見事食い止めたのを見てスカッとしましたよ。

 あとアメリカでの差別は黒人に対してされてるもんだと思ってましたが、ユダヤ人も差別されていたんですね。差別される背景をちゃんと理解してないんですが、どこでも迫害されてユダヤ人本当に不憫・・・。

 良かったのは警察がそこまで差別的な感じではなかったところ。まぁ何人かは差別する人もいましたけど、上が割かし理解のある感じで最後に一緒に笑いながらKKKをからかうのはとてもよかった。

クリックしてくれると幸いです。