45c57892.bmp

 以前、公開していた未完成のNBA観戦記、NY編とLA編ですが、ようやくスキャナを購入したので、加筆修正し新たにアップします。しかし、2年越しにようやく完成とは・・・。



 アメリカ行きを決意したのは、神マイケル・ジョーダンを見るためです。なんせ、ジョーダンのプレイを見られるのは今シーズン限り。これを逃すと、一生ジョーダンのユニフォーム姿は拝めません。もし拝む事ができなかったら、NBAファンとして、我が生涯に一片の悔いあり!で、死んでも死にきれません。


 せっかく2度目の復帰をしてくれたのだから、チャンスは最大限に生かさねば!うまい具合にNBA観戦ツアーにウィザーズ戦が組み込まれたので、早速申し込むことに。


 当初は2月にLAで見ようと思ったが、既に満員・・・。出発一ヶ月前には、申し込まなければいけないですってー。ちょーとがっかりでしたが、3月のNYツアーにもウィザーズ戦があったのでそちらを申し込むことに。

 ちなみに申し込んだツアーは、ワールドイベントツアーズです。HOOPに広告が出てたんで。

 
 だが、ここでちょっとしたトラブル。父親に咎められました。何故か。


 それはテロです。なんか戦争が起こるか起こらないという状態で、アメリカの警戒レベルが高くなり、なんといっても911事件のNYですし・・・。

 実際、帰国して一週間後くらいにイラク戦争開戦しました・・・。旅行期間は2003年の3月8日から、3月13日までの間です。イラク戦争は、17日にブッシュ大統領がフセインに最後通告をし、19日にイラク空爆を開始しました。


 まぁ、別に本土で起こったわけじゃないから帰れなくなるってことはなかったと思いますが。あと海外でSRAS(懐かしい!)なんてのも流行ってましたが、アメリカは関係ナッシング。ジョーダンを見たい気持ちをぶつけ、反対を押し切り、いざNYへ。


 

 成田ではツアー添乗員の人は同行しません。大勢だと同行するそうですが、今回はいません。となると大勢じゃないんでしょうね。やはり一人だと不安になります。まだ日本だというのに。


 海外自体は高校の修学旅行以来2回目なんですが、1人は初めて。この飛行機であってるのか(あってなきゃ飛行機乗れないっつーの)、向こうの飛行場でツアーの人に会えなかったらどうしよう、荷物が出てこなかったらどーしよー、とネガティブ思考連発。


 でも、飛行機に乗ることは不安ではありませんでした。乗り物で唯一、食事や読書をしても酔わない乗り物だし(上下の揺れがないから)、修学旅行でカナダに行った長時間の経験があるから。
 

 NYまでは10時間以上ありますが、そんな飛行機での楽しみはやはり映画ですね。飛行機で上映される映画って、まだ日本で公開されてないてない作品が多いんですよねー。

 今回はジャッキー・チェン主演の「タキシード」見ました。ただ、座席の前にモニターの無い飛行機(所詮私はエコノミーですよ・・・)なので、前のでかいスクリーンで観賞することに。やけに座高の高い人がいて、見難かったですよ・・・。そんへんどーにかなんないすかね、ノースウェストさん。

 ちなみに、映画の感想は、ジャッキー映画の中では評価は低いです・・・・。やっぱジャッキーは素で強くないとダメですよ。服で強くなっちゃーねー。



 さて飛行機の中で、エピソードを1つ。隣の席の人を日本人だと思って、トイレに行く度、「すみません」と言っていたが、着陸時に隣の人が読んでる雑誌を見たら漢字だらけ。

 そう!中国人でしたー。日本語が通じてなかったら、失礼なやつだと思われたかもしれませんが、いまさら気にしてもしょうがありませんよ。本当見た目では、区別つかないですね。
 
 だけど、逆隣の人も中国人だったんですが、入国審査の紙の書き方聞かれました。当然説明のしようがないので、「ジャパニーズ」とかいって断りました。どうやら中国の方も判別がつかないようですねー。



 特に大きな揺れもなく、無事NYのジョン・エフ・ケネディ空港へ到着。果てして、入国審査を無事突破できるのか?


・旅行記2へ


ポッチットナ
このエントリーをはてなブックマークに追加