ロンリートラベル 〜海外個人旅行記〜

普通の会社員の海外旅行記(渡航回数28回、22ヵ国)や、映画の感想(ネタバレあり)がメインです。NBAやNFLの現地観戦にも行ったりヘヴィメタルのライブに行ったりします。

ロンリートラベル 〜海外個人旅行記〜 イメージ画像

NBA・バスケットボール

ブログネタ
NBA に参加中!
 2012年度のバスケットボール殿堂入りメンバーが発表され、レジー・ミラーが選出されました!おめでとうございます。  まぁ、実績から考えれば選ばれるのは当然ですよ。3P成功数はレイ・アレンに抜かれちゃいましたが、今でも3Pの代名詞はレジーだと思ってます。記録は
『レジー・ミラー殿堂入り!』の画像

 代々木第二体育館に「AND1 presents STREET2ELITE II」を見に行った。  AND1は2004年以来7年振り。記事を見返してそんな昔だったことに驚き。別に興味なくなかったんですが、なんか開催日が平日とかで単純に行けなかったはず・・・。去年のロドマンとか結構見たかったよ
『AND1 presents STREET2ELITE II 2011@代々木第二体育館』の画像

ブログネタ
NBA に参加中!
 J SPORTSで放送されている「ドキュメンタリー 〜The REAL〜」を見てるんですが、なんと来週の5/1はレジー・ミラーのドキュメンタリーが放送されるじゃないですか!!よっしゃ!!  しかも、前後編と2週に分けて放送なんて、嬉しすぎるじゃないですか!!!これは絶対必
『レジー・ミラーのドキュメンタリーが放送』の画像

 あっという間に終わってしまった世界バスケ。決勝トーナメントは結構波乱があって面白かったです。  まさか、スペインが準々決勝で敗退するとは衝撃でしたよ。セルビアVSスペインは是非見たかったー。テオドシッチのロング3Pは震えますって。  準決勝のリトアニアVSア
『世界バスケ2010 終了』の画像

 世界バスケ2010は、ラウンド16が終了しベスト8が出揃いました。  ラウンド16では、セルビアVSクロアチアとアメリカVSアンゴラを観戦しました。
『世界バスケ2010 ラウンド16終了』の画像

 バスケファンにとって今年最大のスポーツイベント、バスケットボール世界選手権が開催中です。つっても、8月28日から始まってて、休みも挟まず毎日試合するもんだから、もう予選が終了しちゃってますけど。  前回大会は日本で開催され大いに?盛り上がりましたが、今回
『世界バスケ2010 予選終了』の画像

 ボストンから復帰のオファーがあったレジーさんですが、正式に復帰はせんよ、とのこと。  「身体的にはプレーするのに問題ない。だけど、プレーするには精神的にも完全でなくてはならない。私は復帰しないと決めたよ」とコメントしたそうで。  確かにまだまだでき
『レジー・ミラー、復帰しません』の画像

ブログネタ
ロサンゼルス に参加中!
 NBAを現地で観戦しよう企画、第2弾のLA編2004年版の始まりです。  前回観戦ツアーの目的は「マイケル・ジョーダンを生で見る!!」でしたが、今回の目的はそのジョーダン以上に楽しみなんですよ。  なぜならNBAプレイヤーの中で1番大好きである(多分未来永劫変わらな
『ロサンゼルス旅行記1 NBA観戦ツアーでアメリカにレジー・ミラーを見に行くぞ!』の画像

ブログネタ
NBA に参加中!
 久々のNBAの話題です。プレイオフが迫ってますが、今シーズンは何故かNBAに対する興味が薄れて、BSのゲームも週1でしか見なかったり、HOOPも定期購読してますが、殆ど読んでいません。やはり原因はこれといった大好きプレイヤーがいないからでしょうかねー。
『レジー・ミラーのDVD』の画像

ブログネタ
NBA に参加中!
 永久欠番セレモニー以来のレジーさん情報です。今シーズンも昨年同様TNTで仕事をしているけど、映画関係のお仕事もなさっているようで。  プロデューサーと参加した「ビューティフル・オハイオ」の上映パーティーに参加。NBA.comの「Reggie Walks the Red Carpet」
『最近のレジーさん』の画像

ブログネタ
NBA に参加中!
 30日、サンズ戦のハーフタイムでレジー・ミラーの永久欠番セレモニーが行なわれた。31日なら面白いのにね。BSでは放送されなかったが、ネットで見られる。正直BSなんて4,5分しか放送しないだろうから別にいいけど。  参加したのは、ソールジュニア、ダレル、シ
『レジー・ミラー 永久欠番セレモニー』の画像

 コービーが41シーズン振りに4ゲーム連続45点という記録を作った9日のペイサーズVSレイカーズのゲームをレジーが観戦!!TNTの解説の仕事ではないようなのでスーツではないです。詳しくは宮地さんのブログに。  あと同じミラーであるキングスのブラッド・ミラーが
『久々のミラー情報』の画像

ブログネタ
NBA に参加中!
 田臥選手はNBDLのサンダーバーズと契約。ABAよりかなりNBAするチャンスがあるので期待できそうだ。ただ9巡目ってのが気になる。今回のドラフトで10人チームに加入するようなので、またポジション争いは厳しいかもしれない。詳しく知らないけど。  さて
『レジー・ミラーTNT解説デビュー&永久欠番』の画像

個人趣味日記のmatsuさん情報で知ったのだが、うおーい、まじかよー!チケピのページを見たら本当でしたよ。YOUはSHOCK!!  NHKの番組を見てとても楽しみにしていたのに、なんでやねん!ハリケーンの影響ですか?オフィシャルHPにはまだ詳細が載ってないし

1993〜1994 7年目  チーム再建屋、ラリー・ブラウンがHCに就任。チームはレジー入団以来最高成績。そしてレジーはチームリーダーとして3P%は3位、FT%2位。得点は少々落ちたがリーグ17位で通算1万点突破。そしてバード以来二人目のシーズンFG%5割以上、FT%9割以上を達成
『レジー・ミラー物語 そして時は動き出す』の画像

1987 NBAへ  そしてとうとうNBAに入団。地元インディアナポリスでドラフトが開催されつくづくインディアナに縁があり、今やペイサーズ史上1のフランチャイズプレイヤーとなったが、入団当初はブーイングをくらった。フロントはK・ジョンソンを狙ってたが、先に指名
『レジー・ミラー物語 スターへの道』の画像

本名 レジナルド・ウェイン・ミラー(reginald wayne miller) 歴治米拿(中国語) 201cm 81kg 背番号31 足のサイズ14 ナイキ着用  ポジション SG(シューティングガード)   生年月日1965年 8月24日 蛇年  出身地 カルフォルニア州リバーサイド 学
『レジー・ミラー物語 レジー誕生秘話』の画像

 素晴らしい内容だ。NBA関係者ではフィル以外にラリー・ブラウン、政治家になったビル・ブラッドリー、ボブ・クージー、さらにはコミッショナーのスターンまで出てるよ!さらにコーチ・カーター役のサミュエル・L・ジャクソンも出演!!  ハーレム・グローブ・トロ
『地球ドラマッチックでバスケの歴史』の画像

 今日の19:00〜19:50の3チャンの「地球ドラマチック」という番組に、ハーレム・グローブ・トロッターズの特集番組が放送される。フィル・ジャクソンのインタビューもあるというのでNBAファンは要チェックや!  ハーレム〜とは近年、AND1で注目されているストリー
『ハーレム・グローブ・トロッターズが本日NHK教育に』の画像

 今日はレジーの40回目の誕生日。ハッピーバースデイ、レジー!    というわけで久々のレジー情報だがアメリカ放送局のTNTで仕事をすることに決定。アリーナでのリポートやアトランタのスタジオで解説をするそうだ。決まるまでは元チームメイトのマーク・ジャクソンのい
『レジー・ミラーの新たな仕事』の画像

 今シーズン限りで引退してしまった、ミラーがなんと映画会社を立ち上げた。その名も「Boom Baby Company」。boom babyはレジーの決まり文句らしいけど、なんて意味なんだろ?なんとその会社には「ミリオンダラー・ベイビー」で二つ目のオスカーを手にしたヒラリー・スワン
『ミラーのその後』の画像

 私の今年のNBAのシーズンが終りました。もうデトロイト以外ならどこが優勝してもいいよ。2度とミラーのプレイを見ることができない。今月のHOOPのインタビューでも100%と語っているので、ジョーダンのような復帰はない。    最後となったゲームでも27点と、まだ
『ミラーがいなくてもペイサーズファンを続けるぞ!』の画像

  乱闘事件でプレイオフすら危ぶまれてたペイサーズが決めました。まだまだ一線で戦える活躍振りのレジーさん。自らプレイオフを勝ち取りました!プレオフには全盛期の活躍をしそうなくらい絶好調だよ。  順位的には4〜6位あたりになりそ

 とうとう正式に発表されてしまった。開幕前から分ってたことだが、もしかしてを期待していたのに・・・。  恐らく有終の美を飾ることはできないが、ペイサーズ一筋18年。インディアンが誇るフランチャイズプレイヤーですよ。サラリーキャップやトレードが頻繁なNBAで
『レジー・ミラー引退』の画像

 見てきたー!AND1MixTapeTour2004。しかし、りんかい線高いわー。  会場にいくと多くの人だかり。午前中からイベントやってたみたい。そしてAND1のバスが!かっけー。そして一際大きい人発見。どうやら、AND1チームと対戦する、日本の選抜チームの人
『AND1 MixTapeTour2004 in有明コロシアム』の画像

↑このページのトップヘ