ロンリートラベル NFL・NBA・映画・メタル好きの海外個人旅行記

普通の会社員の趣味ブログ。 海外旅行記(渡航回数22回)や、新作映画の感想(ネタバレあり)がメイン。 他アメフト、バスケ、ライブレポート(ヘヴィメタル)もたまに書きます。

ペルー旅行記2012

マチュピチュTシャツ
 いよいよ最後となったペルー旅行記。

 前回で帰国しちゃってるんですが、最後はお土産とまとめの記事です。

◆ペルーのお土産

 トップ画像はマチュピチュ入り口のショップで買った「オフィシャル」のTシャツ、28ドル。VISAのクレカで購入しました。バックプリントは無いですが、シンプルなデザインでいい色です。

続きを読む

ミラフローレスの海岸公園

●6日目 2012年9月19日(水) 夕方(ペルー日付)

 ラフェエル・ラルコ・エレラ博物館の見学後はバスに乗って海岸線へ移動。

 すると周りの風景が都会的な様子になってきました。これまで見た来たペルーと全く違うので本当に同じ国なのか疑わしいほどです。

 海岸沿いにはミラフローレスの海岸公園があります。この公園ではセレブっぽい人がランニングしていたり、子供が遊具で遊んだり、犬の散歩をしてたりしています。

 公園には地上絵があります。これはクモ。


続きを読む

ラフェエル・ラルコ・エレラ博物館

●6日目 2012年9月19日(水) 午後(ペルー日付)

 昼食後に行ったのはラフェエル・ラルコ・エレラ博物館。

 ここはラフェエル・ラルコという人が個人収集した土器メインの博物館です。

 日本人ご用達なのか、日本語の解説文があります。

 海外旅行だとよく博物館に行くのですがペルー旅行ではここが初めて。

 殆ど人がいなくて快適に見学できました。まぁ、ツアーで連れてこられないと行かなそうな所ではありますけどね。


続きを読む

ペルー リマ

●6日目 2012年9月19日(水) 昼(ペルー日付)

 ペルー政庁の衛兵交代式が12時に行われるということはもうお昼の時間です。

 まぁ、飛行機乗ってアルマス広場を見学しただけなのでそんなお腹へってませんけど、ツアーなんで予定通りに行動しませんとね。

 アルマス広場から徒歩でレストランに移動します。

続きを読む

ペルーのリマ

●6日目 2012年9月19日(水) 午前(ペルー日付)

 再びリマに戻ってきました。生憎の曇り空ですが、マチュピチュみたいに突然雨が降りそうな雰囲気はありません。

 空港前にあるバスに乗り込み、ガイドのベティさんと再会してリマ旧市街の観光です。ちなみに世界遺産です。

 これまで見渡す限り大自然の風景が、一変して都会な街並みになりました。

続きを読む

SAMAY HOTEL

●6日目 2012年9月19日(水) 朝(ペルー日付)

 ペルーでの6日目の朝です。

 前日にフォルクローレディナーで踊る羽目になりましがた、特に高山病になることなく良い目覚めでした。

 8日間の旅行ですが残り2日は帰国に費やされるので、この日がペルー観光最後の日です。

 その前に軽くクスコで泊まったSAMAY HOTEL(サマイホテル)を紹介します。

続きを読む

フォルクローレディナー

●5日目 2012年9月18日(火) 夜(ペルー日付)

 コリカンチャ観光の後はホテルに移動。今日はいよいよクスコに宿泊です。

 やはり高山病が心配ですが、今の所は大丈夫なようです。

 夕食までは時間があるのでホテルで休憩。心なしかちょっとくらっときたのでベッドで横になりました。

 TVをつけたらゴジラ(VS何かは不明)がやっていたのでそれを見ました。スペイン語でしたけど。ペルーでもやってるのに驚きです。

 7時半にロビーに集合し、バスでドン・アントニオというレストランに行きました。


続きを読む

クスコ

●5日目 2012年9月18日(火) 夕方(ペルー日付)

 インディオマーケットから1時間掛け、再びクスコに戻ってきました。

 山道は渋滞と無縁でしたが、クスコは相変わらず渋滞が酷いですね。町に入った途端全然進みやしねぇ。

 夕方ともなるとクスコ寒かったです。やはり標高3400メートル、あなどれません。

続きを読む

モライ

●5日目 2012年9月18日(火) 午後(ペルー日付)

 モライと思われる町を通過すると、風景がなーにもないだだっ広い場所になりました。

 こうゆうのを広大な大地っていうんですね。なんか全速力で走り回ってみたい気分になります。

 まぁここも標高3000メートル越えてますから死にますけどね。


続きを読む

フジモリケイコ

●5日目 2012年9月18日(火) 午後(ペルー日付)

 昼食後には本日最初の観光地を目指します。

 途中に見かけた711とか書かれていた山の方に登っていきます。

 画像は道中の民家の壁に書かれていたもの。KEIKOは日本でも馴染みのあるフジモリ元ペルー大統領の娘さんです。2011年の大統領選に出馬しましたが惜しくも2位で当選ならずでした。

 聞いた話では確かペルーの田舎の方では支持者の名前を家の壁に書いておくとか。決して表札だったり落書きじゃないです。ピスコに行く道中にもこういった家を結構見かけました。

続きを読む

マチュピチュ村駅

●5日目 2012年9月18日(火) 午前(ペルー日付)

 とうとうマチュピチュ村とお別れします。

 ペルーレイルでマチュピチュに来たので帰りもペルーレイルに乗ります。そして再びオリャンタイタンボに戻ります。

 8:53発の列車なんですが、朝からすでに沢山の人が列車が来るのを待ってました。


続きを読む

マチュピチュ村

●5日目 2012年9月18日(火) 朝(ペルー日付)

 マチュピチュ観光というペルー旅行のメインイベントが終わりましたが、まだまだペルー旅行は続きます。

 この日の朝も5時くらいに起きてツアー参加者の中で朝食に一番のり。

 そして昨日とほぼ同じメニューを食べて早朝散歩に行きました。

 今回も昨日と同じ方と一緒に出かけました。7時なんですが、まだ犬はおねむのようです。

続きを読む

マチュピチュ

●4日目 2012年9月17日(月) 夜(ペルー日付)

 インティプンクから1時間掛かってようやくマチュピチュに戻りました。

 天気が悪くてもまだまだ観光客は沢山いて、これから観光する人もいるようです。

 天候は全く良くなる気配がありませんでしたけど、まぁこれも運ですかね。

 青空のなかマチュピチュ見学をできた私たちはラッキーでした。その反動がトレッキングにきましたけど・・・。


 続きを読む

マチュピチュの食堂

●4日目 2012年9月17日(月) 午後(ペルー日付)

 マチュピチュ見学後は入り口近くにあるサンクチュアリ・ロッジのレストランで昼食です。

 しかし、どうも首すじがヒリヒリします。妙に変だなーと思ったら、すっげー日焼けしてました。

 いや日焼け止めは持っていったんですけど、そんな雲もあって日差しも強くないから大丈夫だろうと塗らなかったんですよ。

 その代わり、虫除けばっか塗ってました。虫は全くいなくて快適に見学できましたけど。

 そんな日焼け止め無しな状態で3時間マチュピチュを見学した結果、首すじや腕や顔、特に鼻周辺が赤く腫れ上がるほどの日焼けをする羽目に・・・。

 2400メートルともなると暑くなくとも紫外線は強烈。高地の紫外線量舐めてました・・・。高地に住んでる人が黒人でもないのに肌が黒くなってるのはこのせいだったんですね。

 エジプトやオーストラリアに行った時よりも日焼けしましたよ。顔は洗う度に垢すり並みに皮が剥けました。その割には全然痛みはなかったすけど、首は風呂入ると痛かったです。

 マチュピチュ見学の際は、晴れて無くても日焼け対策は必ずしてください!


続きを読む

マチュピチュ

●4日目 2012年9月17日(月) 午前(ペルー日付)

 ここがワイナピチュの入り口。入るにはチケットが必要ですので覗けるはここまでになります。。

 ここまで来るだけでも結構体力を使うというのに、ここからさらに山登りなんて無理です。ちなみにワイナピチュ登山は300メートルくらいだそうです。


続きを読む

マチュピチュ

●4日目 2012年9月17日(月) 午前(ペルー日付)

 マチュピチュ観光の続きです。 

 メイン広場辺りから見るワイナピチュも素晴らしいです。まぁ、どこから見ても素晴らしいってことですよ。

 
続きを読む

マチュピチュ

●4日目 2012年9月17日(月) 午前(ペルー日付)

 まだ来たばかりなのに少々息を切らしながら上っていくと、その先に広がるのは写真で何度も見た光景が!

 夢にまで見た憧れのマチュピチュが本当に目の前にあります!!

 早くもこれだけで感動ですね。嬉しさのあまり顔のにやけがなかなかおさまりませんでした。

 この光景は私の文章力では表現すんのが難しいので、今回の記事は文章少な目で写真大目になります。


続きを読む

マチュピチュ村

●4日目 2012年9月17日(月) 朝(ペルー日付)

 予定通り8時半にホテルを出発しいよいよマチュピチュに向かいます。

 バス乗り場に行くとさっきよりも長蛇の列。すぐにでもマチュピチュに行きたいというのに、20分くらい並ぶ羽目に。

 バスは割と頻繁に来るんですけどそれでも50メートルくらい並んでるとなかなか乗れませんね。バスは満員にならないと出発しないので逆に空いてても微妙なんですけど。


続きを読む

マチュピチュ村

●4日目 2012年9月17日(月) 早朝(ペルー日付)

 本日のモーニングコールは7時15分なんですが、5時から朝食と聞いたので5時に起床しました。窓が無いので外の様子が一切分かりませんけど。

 今日はホテルを出発するのが8時半。ということは朝大分自由時間がありますね。

 なのでさっさと飯食ってマチュピチュ村の早朝散歩することにしました。リマでは時間的に無理でしたしねー。ここは安全だし広くないので散歩にはうってつけです。


 さっそくロビーに朝食を食べに行くと既に何人かいました。でも、同じツアーの人はおらず一番乗りです。私みたいに無駄に早起きする人はいないかと思いきや、その20分後に最年長の夫婦がやってきました。

 ちなみに外はまだ太陽が出ておらず暗かったです。

続きを読む

マチュピチュ村

●3日目 2012年9月16日(日) 夜(ペルー日付)

 17時過ぎにマチュピチュ村に到着しましたが、雨は止んでおらず傘が必要なレベルの雨量です。傘を持ってないというのに・・・。
 
 しかし、この雨でも村人は傘さしてませんね。慣れっこなんでしょう。

 駅は屋根のあるとこに人が集中するので混雑状態。集団行動で混雑に紛れ込むとはぐれそうになってちょっと怖いですよね。

 上記画像は荷物をホテルまで運んでもらうの為に荷造りしてる様子。1ドル掛かりますけど、この雨の中はちょっとしんどいですからお願いしました。

続きを読む

オリャンタイタンボー駅

●3日目 2012年9月16日(日) 午後(ペルー日付)

 前回軽い高山病にかかりましたが、バスで寝て標高2800メートルのオリャンタイタンボに移動してたら治ってました。

 600メートル程しか降りてませんが、そんだけの差で気分が悪くなったりするなんて不思議です。

 
 さてオリャンタイタンボに着いて向かったのが遺跡ではなく駅です。ここにも有名な遺跡があるのですが、残念ながら予定に組まれておらず見学できませんでした。

 で、駅に行ってどこに向かうのかというと、今回のメインイベントであるマチュピチュに行くのです!


続きを読む

アワナ・カンチャ生活博物館

●3日目 2012年9月16日(日) 昼(ペルー日付)

 クスコから40分くらい程移動して着いたのがアワナ・カンチャ生活博物館。ここではリャマやアルパカといった動物たちと触れ合うことができます。

 しかし、到着目前で雲行きが怪しくなり、なんと大雨!

 荷物から雨具を取りだそうとしましたが見つかりません。折りたたみ傘はクスコに置いてきたスーツケースの中だ・・・。

 大丈夫だろうと思ってましたが山の天気なめてました。幸い屋根付きなので問題なしでした。


 上記の写真でリャマ、ビクーニャ、ラクダが同じルーツであることが発覚!ラクダも同じというのに驚きましたが、それ以上にアルパカがビクーニャ同じルーツなのに驚きでした。全然似てねぇのになぁ。


 

 続きを読む

アルマス広場

●3日目 2012年9月16日(日) 午前(ペルー日付)

 アルマス広場に着くと大勢の人だかりがありました。どうやら何かのイベントが催されてるようです。

 丁度この日は日曜日ということだからでしょうか。結局何のイベントかは分かりませんでしたけど。

 軽く調べてみて「Warachikuy」というイベントかもしれないことが分かりました。でもやっぱりなんのイベントかは不明・・・。

続きを読む

クスコ

●3日目 2012年9月16日(日) 午前(ペルー日付)

 前回までのあらすじ。サント・ドミンゴ教会を訪れたらお休みでした。

 さてどうしたものかと待ってると、3日後にまたクスコに来るのでその時に見学することになりました。また、それによって3日後の予定も特に変更はないとのこと。

 こういったことは海外なんかでよくありそうなことなんでその辺は想定内なんでしょうね。こういったことに臨機応変に対応できてこそ添乗員さんの腕の見せ所ですね。

 そもそも休みなのかは事前に調べといて欲しいですが・・・。

 そんなんで教会見学をとばしてクスコ市内見学です。

続きを読む

リマの空港

●3日目 2012年9月16日(日) 早朝(ペルー日付)

 3日目の朝。昨日よりさらに早く3時に起床です。

 またもモーニングコール前に起きてやりましたよ。しかしモーニングコールが予定より10分くらい遅かったです。

 本日はクスコに向かいますので起きてすぐに荷物の整理。さらにはマチュピチュ村に宿泊するのでそれ用の荷物の準備もしました。マチュピチュにはスーツケースなどの大きな荷物は持ち込めませんので。

 出発は昨日と同じ4時半なので当然朝食はお弁当です。

 中身はというと、これも昨日と全く同じ・・・。ちょっとは工夫して欲しいものです。リンゴ以外は食べました。


続きを読む

ピスコのレストラン

●2日目 2012年9月15日(土) 昼(ペルー日付)

 セスナでちょっと気分が悪くなるも、第2陣が帰ってくるのを待ってる間に休めたのでなんとか回復しました。

 時刻は12時となったので昼食をとりにレストランへ移動。

 午前中はバスとセスナに乗ってただけで殆ど動いてないんですが、朝食は少なかったのでお腹は減ってました。

 入ったレストランは「PURO PISCO」という店。すぐ目の前には海が見えます。

続きを読む

ナスカの地上絵


●2日目 2012年9月15日(土) 午前(ペルー日付)

 飛行場に着いてまず最初にしたのが体重測定。1人ずつ名前を呼ばれて測っていきます。

 なんでもセスナなどの小型飛行機は、乗る人の体重でどこに配置するかをちゃんと決めないとうまく飛べないとか。確かにファットマンが右ばっかに偏ったりしてたら飛べませんよねー。

 ペアの人はなるべく隣に配置するようにはしてくれるみたいですけど、場合によっては別の飛行機なることもあるとか。

 測定はセスナに持ち込む荷物も込みなので素の体重がばれることはないので安心です。

 
 配置を決めるのにやはり時間が掛かります。といってもこの飛行場は軍用で、そこの一部を借りているだけなんで当然周囲には何もない。飛行場内も撮影禁止と言われました。怖い怖い。

 一応待合スペースにほんのちょこっとお土産が売ってる程度だけ。


続きを読む

ペルーの風景


●2日目 2012年9月15日(土) 早朝(ペルー日付)

 ペルー2日目の朝です。といってもまだ3時半ですけどね。1時間ちょっとしか寝れませんでしたけど、やっぱベッドだから飛行機よりはしっかり寝れて目覚めも悪くなかったです。

 モーニングコールは予定通り3時45分になりましたが、私は朝はゆっくりしたいので余裕をもって3時半に起床。

 早朝過ぎるのでホテルの朝食は準備されてませんが、バスで食べれるお弁当を用意してくれます。

 しかし、バスで食事すると酔う可能性があるので、持ってきたゼリー飲料とカロリーメイトを食べました。

 4時半にロビー集合し、みなさん遅れることなく出発しました。その際にホテルが用意した弁当を渡されました。

続きを読む

ホルヘ・チャベス国際空港


●1日目 2012年9月14日(金) 夜(ペルー日付)

 旅行の日程表を見てアトランタからリマまで約6時間のフライトと思いきや、1時間の時差があるので実は7時間という巧妙なトリック!まぁ、もう1時間程度じゃ誤差の範囲と感じる境地にきてますけど。

 そんな長時間のフライトにも拘らずやはり乗り換え便の飛行機は古いタイプで座席にモニターはなし。映画は天井にぶら下がってるモニタで上映されますが、当然好きなタイミングで見ることができません。

 まぁ上映してたのが「アベンジャーズ」と「バトルシップ」と見た映画なので別にいいですけど。日本語吹替えの放送があったかは調べてないので知りません。


 ペルーに入国する際、入国カードと税関申告カードの記入が必要なのでカードが配布されたらさっさと記入。書き方について事前添乗員さんがコピーを用意してくれました。2、3ヶ所フォーマットが変わっててちょっと悩みましたが問題ありませんでした。
 
 食事は特にペルーっぽいのはでませんでした。まぁデルタ航空ですしね。

続きを読む

デルタ航空


●1日目 2012年9月14日(金) 午前(日本日付)

 今回は午後出発の便なので家出るギリギリまでパッキングしてました。いつかスーツケースを成田に送って、悠々と成田に移動ってのやってみたいんですが、いつもギリギリになっているので無理かなと思ってます。。

 いつも通り京成上野から京成線で成田空港へ。なんせ一番安い交通手段ですからね。もち金券ショップで切符を購入しています。ただ今回は900円とそんな安くなかったです。今までなら700円で買えたのに・・・。


 しかも後になって切符購入後にさらに安い手段を発見・・・。京成のシャトルバスで東京−成田が7月から運行していて、なんと9/30までデビュープライス800円!!

 上野に行くより東京の方が近いし、こっちにすれば良かったと後悔・・・。次回は使ってみようかと思う。

 平日なのかスーツケースを持った人は少なめでした。余裕を持って出発したら予定より1本早い特急に乗れて、無駄に早く成田空港に着いてしまった。


続きを読む

↑このページのトップヘ