ロンリートラベル NFL・NBA・映画・メタル好きの海外個人旅行記

普通の会社員の趣味ブログ。 海外旅行記(渡航回数22回)や、新作映画の感想(ネタバレあり)がメイン。 他アメフト、バスケ、ライブレポート(ヘヴィメタル)もたまに書きます。

た行

ダンケルク(原題:DUNKIRK) 587本目 2017-21
上映時間 1時間46分
監督 クリストファー・ノーラン
出演 フィオン・ホワイトヘッド、トム・グリン=カーニー
会場 TOHOシネマズ新宿
詳細 Yahoo!映画参照

【あらすじ】
 第2次世界大戦で、イギリス兵がフランスのダンケルクからドーバー海峡を渡ってイギリスに逃れる話。

【評価 点(10点満点)】
 ノーラン監督作ということで凄い映像表現。これはIMAXで見るべき。ただ私としてはストーリーが欲しかった。

続きを読む

ドリーム(原題:HIDDEN FIGURES) 578本目 2017-12
上映時間 2時間7分
監督 セオドア・メルフィ
出演 タラジ・P・ヘンソン、オクタヴィア・スペンサー、ケヴィン・コスナー
会場 飛行機
詳細 Yahoo!映画参照 

【あらすじ】
 NASAで働く女性たちが、厳しい差別に耐えながらもマーキュリー計画で活躍する話。

【評価 8点(10点満点)】
 厳しい環境にも立ち向かう姿を見せられ、とても勇気を貰えました。

続きを読む

ドクター・ストレンジ(原題:DOCTOR STRANGE) 567本目 2017-01
上映時間 1時間55分
監督 スコット・デリクソン
出演 ベネディクト・カンバーバッチ、キウェテル・イジョフォー、レイチェル・マクアダムス
会場 TOHOシネマズ日本橋
詳細 Yahoo!映画参照 

【あらすじ】
 マーベルコミック原作。事故にあって両腕が再起不能になった凄腕の医者ストレンジが、治療できる場所のあるチベットに向かい、そこで不思議な能力を使う女性に出会い、事件に巻き込まれていく。


【評価 7点(10点満点)】
 マーブルコミック映画は安定して面白い。カンバーバッチ、ハマり役ですよ。

続きを読む

ダーク・プレイス(原題:DARK PLACES ) 555本目 2016-20
上映時間 1時間53分
監督 ジル・パケ=ブランネール
出演 シャーリーズ・セロン、ニコラス・ホルト
会場 TOHOシネマズ新宿
詳細 Yahoo!映画参照 

【あらすじ】
 実の兄に家族を殺されたリビーが、趣味で事件を捜査する「殺人クラブ」のメンバーに声を掛けられ事件の真相を暴いていく話。

【評価 6点(10点満点)】
 「ゴーンガール」の原作者で期待値が上がってしまった分、大分物足りなさを感じる。

続きを読む

10 クローバーフィールド・レーン(原題:10 CLOVERFIELD LANE ) 553本目 2016-18
上映時間 1時間43分
監督 ダン・トラクテンバーグ
出演 メアリー・エリザベス・ウィンステッド、ジョン・グッドマン、ジョン・ギャラガー・Jr
会場 TOHOシネマズ新宿
詳細 Yahoo!映画参照 

【あらすじ】
 交通事故にあった女性がある男性に地下シェルターに保護され、外は何かに攻撃されたと言ってシェルターでの奇妙で恐ろしいな生活が始まる。

【評価 7点(10点満点)】
 やっぱり一番怖いのは人間ですね。あとクローバーフィールドからもう8年も経っているということにビビりました。

続きを読む

デッドプール(原題: DEADPOOL) 551本目 2016-16
上映時間 1時間48分
監督 ティム・ミラー
出演 ライアン・レイノルズ、モリーナ・バッカリン、エド・スクライン
会場 TOHOシネマズ新宿
詳細 Yahoo!映画参照 

【あらすじ】
 癌に侵された元軍人のチンピラが悪い組織に騙されて手術され、ミュータントになって組織に復讐をする話。マーベルコミックの映画。

【評価 6点(10点満点)】
 好みの分かれる破天荒ヒーロー。

続きを読む

独裁者と小さな孫 (原題: THE PRESIDENT ) 533本目 2015-37
上映時間 1時間59分
監督 モフセン・マフマルバフ
出演 ミシャ・ゴミアシュヴィリ、ダチ・オルウェラシュヴィリ
会場 新宿武蔵野館
詳細 Yahoo!映画参照

【あらすじ】
 ある独裁者の大統領が治める国である日クーデターがおき、大統領は小さな孫と命を狙われる危険な逃亡生活をするドラマ映画。

【評価 8点(10点満点)】
 思った程衝撃映像もなくとても重く感じるような内容ではなかったが、実際にこんな国があるのだと思うと日本に生まれて本当に良かったと思える作品。やはり復讐はダメです。

続きを読む

テッド2 (原題: TED 2) 524本目 2015-28
上映時間 1時間56分
監督 セス・マクファーレン
出演 マーク・ウォルヴァーグ、セス・マクファーレン、アマンダ・セイフライト
会場 TOHOシネマズ渋谷
詳細 Yahoo!映画参照 

【あらすじ】
 シリーズ2作目。テッドは人か人ではないかということになり、テッドとジョンは弁護士を雇い人であることを証明することに奮闘するコメディ。

【評価 7点(10点満点)】
 相変わらずブラックジョーク満載でネタが分からない点もあるが、なんか笑ってしまう。アマンダ・セイフライトは体はってんなー。


 続きを読む

ターミネーター:新起動/ジェニシス (原題:TERMINATOR: GENISYS) 518本目 2015-22
上映時間 2時間5分
監督 アラン・テイラー
出演 アーノルド・シュワルツェネッガー、ジェイソン・クラーク、エミリア・クラーク
会場 TOHOシネマズ新宿
詳細 Yahoo!映画参照

【あらすじ】
 いつものように未来からサラ・コナーを抹殺しようとする刺客が来る話。

【評価 6点(10点満点)】
 久々のシュワちゃんメインで、エミリア・クラークもかわいかったけど、こんなもんかな・・・。

続きを読む

ドラフト・デイ (原題: DRAFT DAY) 498本目 2015-02
上映時間 1時間50分
監督 アイヴァン・ライトマン
出演 Yahoo!映画参照
会場 TOHOシネマズ六本木ヒルズ

【あらすじ】
 アメリカのダントツ人気スポーツNFLのドラフトを題材にした映画。クリーブランド・ブラウンズのGMが低迷するチーム再建為、誰を獲得するかで奮闘する話。

【評価 8点(10点満点)】
 NFLファンも納得の面白さ。でも現実のブランズはボロボロで若干皮肉かなって思ってしまいました。続きを読む

誰よりも狙われた男(原題:A MOST WANTED MAN) 491本目 2014-25
上映時間 2時間2分
監督 アントン・コルベイン
出演 Yahoo!映画参照
会場 TOHOシネマズシャンテ
料金 1100円(auマンデー)

【あらすじ】
 ドイツのハンブルグでテロ諜報チームを率いる主人公が、密入国したイスラム教徒の青年を利用して、テロ組織の資金源を探ろうとするスパイサスペンスの話。

【評価 6点(10点満点)】

続きを読む

LEE DANIELS' THE BUTLER
大統領の執事の涙(原題: LEE DANIELS' THE BUTLER) 470本目 2014-04
上映時間 2時間12分
監督 リー・ダニエルズ
出演 フォレスト・ウィテカー(セシル・ゲインズ) 、 オプラ・ウィンフリー(グロリア・ゲインズ)
    ジョン・キューザック(リチャード・ニクソン) 、 ジェーン・フォンダ(ナンシー・レーガン)
    キューバ・グッディング・Jr(カーター・ウィルソン) 、 テレンス・ハワード(ハワード)
    レニー・クラヴィッツ(ジェームズ・ホロウェイ) 、 ジェームズ・マースデン(ジョン・F・ケネディ)
会場 TOHOシネマズ府中
料金 0円(TOHOシネマズチケット)


【あらすじ】
 ホワイトハウスで7人の大統領の執事を務めたセシルと、その当時の黒人差別を取り上げた話。 

【評価 6点(10点満点)】

続きを読む

大脱出(原題: ESCAPE PLAN) 467本目 2014-01
上映時間 1時間56分
監督 ミカエル・ハフストローム
出演 シルヴェスター・スタローン(レイ・ブレスリン) 、 アーノルド・シュワルツェネッガー(エミル・ロットマイヤー)
    ジム・カヴィーゼル(ホブス所長) 、 カーティス・“50 Cent”・ジャクソン(HUSH)
    ヴィニー・ジョーンズ(レスター・クラーク) 、 ヴィンセント・ドノフリオ(ドレーク)
    エイミー・ライアン(アビゲイル)
会場 TOHOシネマズ日劇
料金 0円(1ヶ月フリーパス)

【あらすじ】
 セキュリティコンサルタントのブレスリンが、ある監獄で知り合った奴と協力して脱出しようとする話。


【評価 7点(10点満点)】

続きを読む

探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点
探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点 443本目 2013-14
上映時間 1時間59分
監督 橋本一
出演 大泉洋(探偵) 、 松田龍平(高田)
    尾野真千子(河島弓子) 、 ゴリ(マサコちゃん)
    渡部篤郎(橡脇孝一郎) 、 田口トモロヲ(松尾)
会場 TOHOシネマズ府中
料金 1250円


【あらすじ】
 探偵の行きつけのショーパブの友達が殺され、ある女性と共にその犯人を捜す。


【評価 6点(10点満)】
 面白い設定なんだけど、どうも微妙という感想になってしまう映画。前作もまぁまぁ良かったけど、今回もそれほどそんなに変わってない分、点数減ですかね。

 私としては大泉さんはもうちょっと面白い役柄のほうが好きである。どうしてもギャグを求めてしまいます。

 どちらかというと高田の方が好きですね。ケンカシーンではかっこよかった。

 ただ。アクションシーンというかケンカシーンが長くてちょっとげんなり。真犯人もちょっと胸糞悪いし、後味悪く残念。あの設定はいらんかったですかねー。

 まぁ、また続編が公開されたら何だかんだで見に行ってしまうんだろうなー。 

 ・前作の記事:探偵はBARにいる


ポッチットナ

A GOOD DAY TO DIE HARD
ダイ・ハード/ラスト・デイ(原題: A GOOD DAY TO DIE HARD) 435本目 2013-06
上映時間 1時間38分
監督 ジョン・ムーア
出演 ブルース・ウィリス(ジョン・マクレーン) 、 セバスチャン・コッホ(コマロフ)
    ラシャ・ブコヴィッチ(アリク) 、 コール・ハウザー(コリンズ)
    ユーリヤ・スニギル(イリーナ)
会場 TOHOシネマズ日劇
料金 1350円(金券ショップ)


【あらすじ】
 シリーズ第5作目。ロシアで逮捕された息子を助けに行ったら、毎度のこと事件に巻き込まれる話。


【評価 5点(10点満点)】
・見所
 ロシアでのドハデなカーチェイス 

 まだやるのかと思いつつ、4作目が結構面白かったので期待したが、シリーズで一番つまらんものになってた。

 アクションに関してはいつも通り激しくて、マクレーンの不死身っぷりも健在なのだが、なーんかただのアクション映画に成り下がってた感じしかしない。マクレーンの巧妙な戦略がなかったような。

 息子も正直そんな魅力を感じなかったかな。まぁ、親父が主人公だから仕方ないけど、前作の娘が良かっただけにちょっと残念かと。
 

 チェルノブイリのシーンはあれ時期が時期なら公開延期になってたね。つか、マクレーン親子絶対やばくなってるだろ。ちょっと放射能なめすぎじゃないかと思われる。



マクレーンチョコレート
 日劇に行ったら、マクレーンのチョコレートが飾ってあった。食べてみたいけど、不運になりそうだ。


【過去作品のレビュー】
ダイ・ハード4.0


ポッチットナ

TED
テッド(原題: TED) 431本目 2013-02
上映時間 1時間46分
監督 セス・マクファーレン
出演 マーク・ウォールバーグ(ジョン・ベネット) 、 ミラ・クニス(ロリー・コリンズ)
    セス・マクファーレン(テッド) 、 ジョエル・マクヘイル(レックス) 、 ジョヴァンニ・リビシ(ドニー)
    ノラ・ジョーンズ(本人) 、 サム・ジョーンズ(本人)
会場 TOHOシネマズ スカラ座
料金 0円(ポイント鑑賞)

【あらすじ】
 友達のいないジョンの願いによりテディベアに魂が宿り、喋るようになった。それから27年、未だジョンと一緒に暮らすテッドだが、マリファナを吸ったり下ネタを喋ったりとすっかりおっさんとなった。ジョンの彼女であるロリーはそんな2人の関係をよく思っておらず。


【評価 8点(10点満点)】
・見所
 かわいいテディベアが下品な行動を取るギャップの面白さ。

 テッドの下品っぷりとジョンのバカさ加減が面白く、そして予想外に泣ける展開に不覚にもやられてしまいとても面白かった。

 ネタは完全アメリカ人向けで日本人には理解が厳しいかと。意訳でくまもんとか出てくるけど、事前何を見て予習とかは無理。

 テッドもいかれてるがジョンも結構ヤバイよね?30代のおっさんがテディベアと一緒にいるなんて傍から見ればおかしいっしょ。ロリーはダメンズ好き?つかノラ・ジョーンズ、あんなこと言って大丈夫なんだろうか。


 「フラッシュ・ゴードン」はクイーンの曲で名前を聞いたことある程度で全く知らんのですが、ニューヨーク・ジェッツのQBという設定が笑える。その話題の時に映画の舞台がボストンだからか、ニューイングランド・ペイトリオッツのQBトム・ブレイディの名前が!ブレイディなら世界を守れるってのは確かにって思ってしまうな。ちなみに同じくペイトリオッツのテディ・ブルースキーの名前も出てたよね。

 スカラ座で鑑賞したが、予想外に満員で女性が多く驚いた。まさかマーク・ウォルバーグがそんな人気とは・・・。



ポッチットナ

THE DARK KNIGHT RISES
ダークナイト ライジング(原題: THE DARK KNIGHT RISES) 414本目 2012-26
上映時間 2時間44分
監督 クリストファー・ノーラン
出演 クリスチャン・ベイル(ブルース・ウェイン) 、 マイケル・ケイン(アルフレッド)
   ゲイリー・オールドマン(ジェームズ・ゴードン市警本部長) 、 アン・ハサウェイ(セリーナ・カイル)
   トム・ハーディ(ベイン) 、 マリオン・コティヤール(ミランダ・テイト)
   ジョセフ・ゴードン=レヴィット(ジョン・ブレイク) 、 モーガン・フリーマン(ルーシャス・フォックス)
   マシュー・モディーン(フォーリー市警副本部長)
会場 TOHOシネマズ六本木
金額 1400円(ムビチケカード)


【あらすじ】
 前作「ダークナイト」から8年後、デント法によりゴッサムシティは平和になりバットマンが必要となくなった。しかし、ゴッサムシティを破壊しようとするベインが登場し、再びバットマンの出番がやってくる。


【評価 8点(10点満点)】
 最後まで高いクオリティだったノーラン版バットマン。3部作なので、ちゃんと「バットマン・ビギンズ」から見ないとダメ。

 しかし、 やはり最高傑作の「ダークナイト」には及ばずで、3部作の中では一番下かなぁと。期待がでかくなり過ぎてしまった反動と、ちょっと突っ込みどころが目立ったかな。ラストもイマイチ納得できんな〜。


 注目の悪役べインだが、ジョーカーよりスケールのでかいことをやろうとしたし単純に腕力が強いけど、やはりジョーカーには及ばない。ベインのような悪役は別に他にもいそうだし、何より目的がねぇ・・・。

 今作ではどちらかというとバットマンより他が良かったかと。ブレイクとキャットウーマン。キャットウーマンのモービルを操る姿はセクシーでかっこよかった。ブレイクはそうなるかって感じ。スピンオフを見たいが、これできっちり終わらして欲しいって気持ちもあるんで。 

 ちなみにアメフトのシーンでは、元NFLピッツバーグ・スティーラーズのハインズ・ウォードがアメフト選手として出演。キックオフリターンTDを決めたのが彼ね。破壊された会場はスティーラーズのホームのハインツ・フィールドだそうで。どうりでユニフォームが黄色いわけだ。なぜメットライフスタジアムじゃないんだろうか?


●過去作品の感想
 ・バットマン・ビギンズ
 ・バットマン・ビギンズ・ワールドプレミア
 ・ダークナイト


ポッチットナ

DARK SHADOWS
ダーク・シャドウ(原題: DARK SHADOWS) 405本目 2012-17
上映時間 1時間53分
監督 ティム・バートン
出演 ジョニー・デップ(バーナバス・コリンズ) 、 ミシェル・ファイファー(エリザベス・コリンズ・スタッダード)
   ヘレナ・ボナム=カーター(ジュリア・ホフマン) 、 エヴァ・グリーン(アンジェリーク・ボーチャード)
   ジャッキー・アール・ヘイリー(ウィリー・ルーミス) 、 ジョニー・リー・ミラー(ロジャー・コリンズ)
   クロエ・グレース・モレッツ(キャロリン・スタッダード)
会場 TOHOシネマズ府中
金額 1250円(前売り券、金券ショップ)


【あらすじ】
 イギリスからアメリカに移り住んだお金持ちのコリンズ家に生まれたバーナバスは、魔女アンジェリークによってヴァンパイアにされ、生き埋めにされてしまう。200年後に復活したバーナバスは、落ちぶれたコリンズ家を末裔と共に再建に乗り出す。


【評価 5点(10点満点)】
 ジョニデ&バートンということで期待せずにはいられないが、今回も期待外れ。「チャリチョコ」以降はどうもイマイチなんだなぁ。ジョニデのキャラは相変わらず変わってて面白いキャラクターなのだが、それがどうもストーリーの面白さにつながってこない。コメディとしてもそれ程笑えるシーンがなかったなぁ。意外にブラックでもあるし。

 ジョニデ以外のファミリーのキャラクターもなかなか魅力的なんだがねー。まさか、クロエが・・・。私としては、アリス・クーパーよりオジー・オズボーンが出演してればよかったかなと。

 

ポッチットナ

IN TIME
TIME/タイム(原題: IN TIME) 397本目 2012-09
上映時間 1時間49分
監督 アンドリュー・ニコル
出演 ジャスティン・ティンバーレイク(ウィル・サラス) 、 アマンダ・セイフライド(シルビア・ワイス)
     アレックス・ペティファー(フォーティス) 、 キリアン・マーフィ(レイモンド・レオン)
     ヴィンセント・カーシーザー(フィリップ・ワイス) 、 マット・ボマー(ヘンリー・ハミルトン)
会場 TOHOシネマズ六本木
料金 1300円(シネマイレージデイ)


【あらすじ】
 25歳で成長が止まり、時間(寿命)が通貨となっている世界で、貧しいウィルがあることで長い時間を手に入れ、世界を変えようとする話。


【評価 7点(10点満点)】
 設定はもの凄く興味を引かれたのだが・・・。序盤は時間の説明やらそれのやり取りで面白かったが、後半はせっかくの設定を活かしきれずに終わってしまったのが残念。腕相撲もどきな時間の奪い合いもどういった原理なんかよく分からんかったし、親父の微妙な設定もなんだったのか・・・。

 アマンダ・セイフライドのおかっぱな髪型はかわいかった。ティンバーレイクはそこそこかっこよかったかな。

 25歳で成長が止まるのは良いかもしれないと思う。高齢化社会問題なんてこれで解決。でも、やはり朝起きて1日分の寿命しかないのは嫌だし(貧困者という前提かよ)、権力者がずーと生き続けるのはよろしくないですよ。


ポッチットナ

デビルズ・ダブル -ある影武者の物語-
デビルズ・ダブル -ある影武者の物語-(原題: THE DEVIL'S DOUBLE) 390本目 2012-02
上映時間 1時間49分
監督 リー・タマホリ
出演 ドミニク・クーパー(ウダイ・フセイン/ラティフ・ヤヒア) 、 リュディヴィーヌ・サニエ(サラブ)
     ラード・ラウィ(ムネム) 、 フィリップ・クァスト(サダム・フセイン)
会場 TOHOシネマズ府中
料金 1000円(TOHOシネマズデイ)


【あらすじ】
 イラクの独裁者、アダム・フセインの息子のウダイの影武者になったラティフの影武者っぷりを描いた実話をもとにした話。


【評価 6点(10点満点)】
 確かに外道なウダイだったが、映画を見る限りでは思った程でもなかった。別に残酷描写をもっと見たいというわけじゃないけど。

 外見は瓜二つだが、中身は正反対という2人を演じ分けたドミニク・クーパーの演技は凄かった。

 正直ちゃんと躾けなかったフセインが悪いんじゃねーのと思いましたが、弟はまとも(描写が少ないのでなんともいえませんが)に育ったようなので、やはり生まれた時から問題児だったんでしょうね。

 公になってないだけで、独裁者が好き放題やってる国が他にもあるんでしょうね。本当平和な日本に生まれてよかった。


ポッチットナ

とある飛空士への追憶
とある飛空士への追憶 378本目 2011-38
上映時間 1時間39分
監督 宍戸淳
出演 神木隆之介(狩乃シャルル) 、 竹富聖花(ファナ・デル・モラル)
     富澤たけし(千々石)、 小野大輔(カルロ皇子)
会場 ヒューマントラストシネマ渋谷


【あらすじ】
 中央海を挟んで戦争をする神聖レヴァーム皇国と帝政天ツ上。ある日身分は低いが航空技術は一番のシャルルは、次期皇女を乗せてたった一機で敵陣を突破し12,000kmを翔破するという過酷な任務を命じられる。


【評価 6点(10点満点)】
 とある有名漫画レビューサイトの管理人さんが大絶賛してたのがきっかけで珍しく小説を読んではまった作品のなので、公開が楽しみだった作品。

 しかし、やはりというか2時間の映画にこの話を収めるのが難しかったという印象。展開が速すぎて、人物描写や世界観の説明が薄くなってしまって非常に残念。シャルルとファナが親密になっていく様をもっとじっくり描写して欲しかった。劇場版よりTVアニメの方がよかったんじゃないかなぁと。


 戦闘シーンも、映画でのクオリティを求めるとしたらちょと不満。「スカイ・クロラ」並のを見せてくれないと満足いきませんから。全体的に物足りない感があった。


ポッチットナ

探偵はBARにいる
探偵はBARにいる 376本目 2011-36
上映時間 2時間5分
監督 橋本一
出演 大泉洋(探偵<俺>) 、 松田龍平(高田)
    小雪(沙織) 、 西田敏行(霧島敏夫)
    田口トモロヲ(松尾) 、 波岡一喜(佐山)
    有薗芳記(田口幸平) 、 竹下景子(近藤百合子)
    石橋蓮司(岩淵恭輔) 、 松重豊(相田)
    高嶋政伸(<俺>を拉致した男)
会場 TOHOシネマズ 府中

【あらすじ】小説「ススキノ探偵シリーズ」を映画化。

【評価 7点(10点満点)】
 探偵大泉洋さんと助手?の松田龍平さんがナイスコンビである。特にいつも寝てるが実は空手の師範代という助手のキャラが良い。

 意外とストーリーもシリアスで、アクションがあったり、殺しがあったりと結構しっかりしてる探偵映画である。

 続編が決定したようなので、是非とも鑑賞したい。


ポッチットナ

トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン
トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン (原題: TRANSFORMERS: DARK OF THE MOON) 375本目 2011-35
上映時間 2時間34分
監督 マイケル・ベイ
出演 シャイア・ラブーフ 、 ジョシュ・デュアメル
    ジョン・タートゥーロ 、 タイリース・ギブソン
    ロージー・ハンティントン=ホワイトリー 、 パトリック・デンプシー
    ケヴィン・ダン(−)
会場 ユナイテッドシネマ としまえん


【あらすじ】
 3部作の最終作。オートボットとディセプティコン、そして人類がシカゴで人類の存亡を賭けた戦いをシカゴで繰り広げる。


【評価 7点(10点満点)】
 1でその映像の凄さに衝撃を受け、2でちょっとマンネリしたが、やはり最後となるとCG最高と言わんばかりの映像美は最高である。正に映画館で見る映画。

 特にシカゴでの戦いは興奮しっぱなしだが、終わりがあっけなくて残念。ストーリーは史実であるアポロ計画を混ぜ込んでいるが、そんなでもなかった。

 3Dに関しては「アバター」は越えられずかと。いつになったら越える作品がでるのやら・・・。

過去シリーズ
トランスフォーマー
トランスフォーマー:リベンジ


ポッチットナ

NO STRINGS ATTACHED
抱きたいカンケイ (原題: NO STRINGS ATTACHED) 359本目 2011-19
上映時間 1時間48分
監督 アイヴァン・ライトマン
出演 ナタリー・ポートマン(−) 、 アシュトン・カッチャー(−)
    グレタ・ガーウィグ(−) 、 ミンディ・カリング(−)
    リュダクリス(−) 、 オリヴィア・サールビー(−)
会場 飛行機


【あらすじ】
 セックスフレンドであるエマとアダム。エマは医師で忙しい為、この関係を継続したいが、アダムは恋愛に発展したいと思っており、とうとう関係の改善に踏み切る。


【評価6点(10点満点)】
 ナタリー・ポートマンのかわいさを堪能する映画。そして、普通の恋愛をするのが一番と思わせる。
「ブラック・スワン」のナタリーは凄すぎたが、こちらの素に近いナタリーの方が好きである。

 邦題ほどエロスを感じる内容ではなく、割と普通なラブコメディ映画。出てくるキャラクターは普通じゃないが。特に親父はぶっ飛んでいる。

 しかし、どこの国でも医者は激務なんですね。


ポッチットナ

トゥルー・グリット
トゥルー・グリット(原題: TRUE GRIT)  354本目 2011-14
上映時間 1時間50分
監督 ジョエル・コーエン
出演 ジェフ・ブリッジス(ルースター・コグバーン) 、 マット・デイモン(ラビーフ)
    ジョシュ・ブローリン(チェイニー) 、 バリー・ペッパー(ラッキー・ネッド・ペッパー)
    ヘイリー・スタインフェルド(マティ・ロス)
会場 TOHOシネマズ 六本木ヒルズ


【あらすじ】
 西部劇「勇気ある追跡」のリメイク。チェイニーに父親を殺されたマティは、保安官ルースターを雇い復讐を行おうとする。途中、別の事件でチェイニーを追うレンジャーのラビーフが加わり、3人で追跡の旅を始める。
 

【評価 6点(10点満点)】
 アカデミー10部門ノミネートとのことで、注目は主演ノミニーのジェブ・ブリッジスと14歳で初出演のヘイリー・スタインフェルド。

 ブリッジスの爺さんな保安官は、正にピッタリという他なく、昨年主演男優賞を受賞していなければ、今回受賞したと思わせる。
 そしてスタインフェルド。映画初出演とは思えないほど、しっかりとした演技っぷりで、今後が楽しみな女優である。

 内容は、前半はちと退屈で、後半の復讐劇も一筋縄ではいかない内容で、物足りなさがある。


【ネタバレ感想】続きを読む

ツーリスト
ツーリスト(原題:THE TOURIST) 353本目 2011-13
上映時間 1時間43分
監督 フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク
出演 アンジェリーナ・ジョリー(エリーズ・クリフトン・ワード) 、 ジョニー・デップ(フランク・トゥーペロ)
    ポール・ベタニー(ジョン・アチソン警部) 、 ティモシー・ダルトン(ジョーンズ主任警部)
    スティーヴン・バーコフ(レジナルド・ショー)
会場 TOHOシネマズ 日劇


【あらすじ】
 警察がマークしている重大犯罪者の恋人であるエリーズ。ある日エリーズが行動を起こし、そこで傷心旅行でベニスに向かうフランクがその事件に巻き込まれてしまう。


【評価 4点(10点満点)】
 確かにジョニデ&アンジーのカップリングは豪華競演だけど、本当にただそれだけ。制作側はこのキャスティングで満足してしまった感の内容。ハラハラするようなアクションもなく、非常に残念な作品。


【ネタバレ感想】続きを読む

冷たい熱帯魚
冷たい熱帯魚 346本目 2011-06
上映時間 2時間26分
監督 園子温
出演 吹越満(社本信行) 、 でんでん(村田幸雄)
    黒沢あすか(村田愛子) 、 神楽坂恵(社本妙子)
    梶原ひかり(社本美津子) 、 渡辺哲(筒井高康)
会場 テアトル新宿


【あらすじ】
 熱帯魚屋を経営する社本が、ひょんなことから同業者である村田に助けられる。その後も村田の世話になるが、徐々に村田の本性を知ることになり、恐ろしい事態に巻き込まれてしまう。 


【評価 6点(10点満点)】
 思ったほどバイオレンスじゃなくちょっとバイオレンス。人間の怖さを見せつけられました。


【ネタバレ感想】
続きを読む

TRON: LEGACY
トロン:レガシー(原題: TRON: LEGACY) 339本目 2010-43
上映時間 2時間5分
監督 ジョセフ・コシンスキー
出演 ギャレット・ヘドランド(サム・フリン) 、 ジェフ・ブリッジス(ケヴィン・フリン)
    オリヴィア・ワイルド(クオラ) 、 マイケル・シーン(キャスター)
    ボー・ガレット(ジェム) 、 ブルース・ボックスライトナー(アラン・ブラッドリー)
会場 TOHOシネマズ 府中


【あらすじ】
 1982年に公開された「トロン」のリメイクではなく、続編。 

 IT業界大手エンコムの社長ケヴィン・フリンあるプログラムを作成していた。ある日息子サムを残し失踪。その20年後、すっかり大人になったサムにケヴィンからポケベルでメッセージが来る。ケヴィンに会いにいくとサムはデジタルの世界に入ってしまう。


【評価 6点(10点満点】
 確かにデジタルの世界観は斬新で今まで見たことなく、バイクのバトルとかかっこよかったのだが、3Dの迫力に関していうと結局「アバター」には及ばなかった。3Dにすっかり慣れてしまったのか、デジタルの世界が暗いからか3Dを殆ど感じられなかった。

 せっかく3Dを最大限に活かせる世界観なのに、これは勿体無い。至る所で凄い映像美と聞いて期待していただけに、がっかり感が半端ない。


 バトルシーンもちょっと物足りなかった。デジタルな世界なんだから、もっとど派手にできてもいいと思うのだが。あの棒でもっといろんなことが出来るはず。まぁ、ディズニーなんで血生臭いバトルは期待してはダメか。

 
 まぁ、クオラが美しかったのでそこは見ていて楽しめた。


ポッチットナ

トイレット
トイレット 330本目 2010-34
上映時間 1時間49分
監督 荻上直子
出演 アレックス・ハウス(次男レイ) 、 タチアナ・マズラニー(長女リサ)
    デヴィッド・レンドル(長男モーリー) 、 サチ・パーカー(謎の女性)
    もたいまさこ(ばーちゃん)
会場 新宿ピカデリー


【あらすじ】
 プラモオタクの社会人レイ、引きこもりでパニック障害のモーリー、大学生でロックなリサは、カナダのトロント住む3人兄弟。母親が日本からばーちゃんを呼び寄せたがその母親が亡くなってしまい、英語の話せないばーちゃんと3兄弟の奇妙な暮らしが始まり、そこから3兄弟の生活に大きな変化が生まれる。


【評価 7点(10点満点】
 こういった地味系の映画好きにとっては、今回のなかなか良かったと思える。もたい出演作品関連で「プール」がちょっと期待外れだったが、こちらは「かもめ食堂」の監督ということもあって、面白かった。

 「かもめ食堂」と比べるとドラマチックな展開もありで、少々感動も。しかし、あまり舞台であるカナダの魅力が伝わってこなかったのが残念。



ポッチットナ


【ネタバレ感想】

 続きを読む

TOY STORY3
トイ・ストーリー3(原題:TOY STORY 3) 325本目 2010-29
上映時間 1時間43分
監督 リー・アンクリッチ
出演 トム・ハンクス(ウッディ) 、  ティム・アレン(バズ・ライトイヤー)
    ジョーン・キューザック(ジェシー) 、  ネッド・ビーティ(ロッツォ)
     ドン・リックルズ(ミスター・ポテトヘッド) 、  マイケル・キートン(ケン)
会場 TOHOシネマズ府中


【あらすじ】
 ピクサーの大ヒットアニメ映画の続編。ウッディやバズ達の持ち主であるアンディは大学生となり、最早おもちゃで遊ばなくなってしまった。

 ウッディ以外、屋根裏に保管されることになったが、手違いで保育所に寄付されてしまう。ずっと子供達と遊べる場所に移り喜ぶおもちゃ達だったが、そこは実はおもちゃたちが恐れる場所であった。


【評価 9点(10点満点】
 シリーズ最後まで大人を感動させる最高峰のアニメ映画。

 別れとは悲しいものであるが、感動させつつも心温まる別れであった。続編は続けば続くほど劣化していくものだが、シリーズ最高傑作と思われる。

 日本人には嬉しいトトロが登場しているのも見所。しかし、3Dに関しては2Dとの差が殆ど感じられなかったのが残念である。



ポッチットナ


【ネタバレ感想】
続きを読む

↑このページのトップヘ