ロンリートラベル NFL・NBA・映画・メタル好きの海外個人旅行記

普通の会社員の趣味ブログ。 海外旅行記(渡航回数22回)や、新作映画の感想(ネタバレあり)がメイン。 他アメフト、バスケ、ライブレポート(ヘヴィメタル)もたまに書きます。

バスケットボール映画

ブログネタ
NBA に参加中!
ブラディ・ディバッツ
 JSPORTSで「ワンス・ブラザーズ」というドキュメンタリーを見ました。

 これはユーゴスラビア(現セルビア)の元NBAプレイヤー、ブラディ・ディバッツと、ヨーロッパ最高選手だったクロアチアのドラゼン・ペドロビッチの二人の関係を題材にしたドキュメンタリーです。

 このドキュメンタリーは是非多くの人に見てもらいたいです。ドキュメンタリーとしてかなりの傑作です。劇場で公開すべきと思います。

 主役はディバッツですが、民族紛争によって兄弟のように仲の良かったチームメイトが仲違いしてしまう悲しい出来事がテーマとなっているので、NBAファンやそうでない方にもお勧めしたいです。

 トニー・クーコッチ、ディノ・ラジャ、マジック・ジョンソン、ケニー・アンダーソン、クライド・ドレクスラーといったプレイヤー達もインタビューで出演してます。レジー・ミラーもちょこっと映ってました。


 ディバッツといえば、レイカーズ、ホーネッツ、キングスで活躍した名センター。特にキングス時代で全盛期のシャックとやりあってた頃が印象に残ってます。何気に引退時に記事を書いてるので、ディバッツについてはそこを参照してください。


 NBAで輝かしいキャリアを築いたディバッツですが、その裏には知られざる壮絶な体験をしていました。バスケを辞めてもおかしくないと思うんですが、それでもプレイし続けたディバッツは尊敬に値します。

続きを読む

ブログネタ
DVD・レンタル鑑賞レビュー に参加中!
74794a48.jpgラストゲーム(HE GOT GAME) 1998 166本目
上映時間 2時間14分
監督 スパイク・リー
出演 デンゼル・ワシントン レイ・アレン ミラ・ジョボビッチ ロザリオ・ドーソン レジー・ミラー リック・フォックス
評価 7点(10点満点)


 ソニックスのオールスータープレイヤー、レイ・アレン助演のバスケ映画です。

 スパイク・リーは映画監督なんですが、NBAファンにとっては熱狂的なニックスファンという印象です。映画好きの私も、この映画を見るまではそういう印象で、というか本当に映画監督?って感じてした。いっつもニックス戦を見に行ってるし。

 「マルコムX」など社会派で有名だそうですが、イマイチメジャーじゃないですね。ですが、この映画を見てやっぱ映画監督なんだなーと感じました。


 スカウトに関するストーリーなんで、今の日本野球界にとってタイムリーな映画ですわ。


 何気にキャストも豪華ですし。実は見るのは2回目なんですが、1回目はミラが出てるなんて分からなかったです。


 そしてやはり何人かNBAプレイヤーも出演しています。
ポッチットナ
続きを読む

83dcef37.jpgエディー 勝利の天使 108本目
上映時間 1時間40分
監督 スティーヴ・ラッシュ
出演 ウーピー・ゴールドバーグ フランク・ランジェラ デニス・ファリナ リチャード・ジェンキンス
評価 6点(10点満点)


あらすじ: NBAのNYニックスの熱狂的な女性ファンがひょんな事からコーチに選ばれ、連敗中のチームを再建しようと奮闘するスポーツコメディー。NBAの現役選手49人が出演している。

 NBAプレイヤーが1番多く出演している映画。この映画内での所属チームとしてざっとそのプレイヤーを紹介。

ニックス 
マリック・シーリー、リック・フォックス、ジョン・サリー、マーク・ジャクソン、グレッグ・オスタータグ

レイカーズ
ブラディ・ディバッツ、コーリー・ブラント、セドリック・セバロス、ニック・バン・エクセル カート・ランビスHC

キャブス
ブラッド・ドアディー、ホットロット・ウィリアムズ、ボビー・フィルズ、テレル・ブランドン

スパーズ
デニス・ロドマン、エイブリー・ジョンソン、ビニー・デルネグロ J・R・リード、ジャック・ヘイリー

キングス
オルデン・ポリニス、ウォルト・ウィリアムス、タイアス・エドニー、ブライアン・グラント、ミッチ・リッチモンド

ペイサーズ
サム・ミッチェル、デイル・デイビス

サンズ
ダニー・マニング、エリオット・ペリー

ーネッツ
ラリー・ジョンソン、マグジー・ボーグス、スコット・バレル

ストリートボーラー
アンソニー・メイソン、ジョン・スタークス、ゲーリー・ペイトン、ハーブ・ウィリアムス

解説ウォルト・フレイジャー

 とりあえず有名どころを紹介。ニックス以外のプレイヤーは実名で登場。もうちょっとオールスタープレイヤーを出して欲しかった。エンドロールを見ずに49人分かったら、NBA博士号ですよ。ほんの一瞬しか出ないプレイヤーもいるし。それにしても引退してるプレイヤーが殆どだよ。しかもシーリーとフィルズは亡くなっている・・・。

 今シーズン見るとよりリアルに楽しめる?19連敗するし。NBAファンじゃなきゃ十分に楽しめないですな。続きを読む

ぶるーハード・チェック(原題BLUE CHIPS)99本目
上映時間 1時間48分 1994年
監督 ウィリアム・フリードギン
出演 ニック・ノルディ メアリー・マクドナルド
評価 8点(10点満点)


 ようやく見たよ。シャキール・オニールとアンファニー・ハーダウェイが共演している映画!!他にもラリー・バード、ボブ・クージー(誰か分からなかった)ボビー・ハリー、カルバート・チェイニー、リック・ピティーノ、ボビー・ナイト、ジョージ・リンチ、クリス・ミルズと多数NBAプレイヤーが出演。ヒューストンとフォックスも出演してるそうだけど発見できず。


 92-93シーズン終了後に撮影され、そこでシャックはペニーと出会い、オーランド・マジックに獲得を要請したとのこと。その後シャックは何本が映画にも出て、スティールでラジー賞の主演男優賞を獲得。これ見たいねー。

 
 原題のブルー・チップスって株式用語だそうで。

 ストーリーはニック・ノルティ扮するコーチが、アマチュア・スポーツの精神などは置き去りにし、金満経営で優勝を目指す大学バスケットの世界の矛盾に悩み、孤軍奮闘して敗れるという作品。単なるバスケ映画と思ったら、大学スカウトの裏側を書描いたたなかなか素晴らしい作品だ。続きを読む

4
fc8c664c.jpgクロス・オーバー 60本目
上映時間 1時間24分
監督 カーン・コンワイザー キップ・コンワイザー
出演 マジック・ジョンソン チャールズ・バークリー カール・マローン デビロビ 他
評価 9点(10点満点)
会場 テアトルタイムズスクエア


 初のレイトショー。新宿高島屋の映画館は「マイケル・ジョーダン TO THE MAX」を見に行って以来。内容は記憶のごーぜーやせんが、大画面の迫力は圧巻だった。
 会場は相変わらずの前のほうが見づらそうな造り。なぜかチャリが置いてあった。行った日は1000円均一なので100人ほど人がいたが、他の日はどうだんたんだろうかな?


 感想というか大体の内容紹介です。ちなみにジョーダンはドリームチームでの映像で少し出る程度。インタビューとか一切なし。

 
 正直日本では時代遅れ状態だが、この映画を見れば今やバスケはサッカーに次ぐ世界的スポーツだということを理解できるだろう続きを読む

↑このページのトップヘ