d3780c4e.jpgカンフーハッスル 13本目
上映時間 1時間40分 
監督・脚本・出演 チャウ・シンチー
評価 7点(10点満点)
会場 オーチャードホール

 今日は午前中インストール見たかったけど、チケットが完売・・・。せっかく早起きしたのに・・。しかも雨。午後まで渋谷で時間を潰さねば。


 今回の舞台挨拶はチャウ・シンチーのみ。監督もやってるしねー。つか、映画を見ると、出演者おっさんばっかだから来てもなー。
 

 しかし、今回は警戒が凄かった!前に見た、笑の大学、レディ・ジョーカーでは持ち物検査なんぞなくスルー。でも今回はありで、しかも空港でやる金属検査みたいなこともやった。なんか海賊版が問題とかなんとか詳しくは分からないけど、公開が来年だからかなー。でも普通に一般の人がカメラ撮ってたし。

 
 ありえねー、正にその通り。面白かった!アクション凄すぎ。まるでドラゴンボールですよ。ハリウッドじゃなくて、シンチーに映画化して欲しいね。マトリックスなんて目じゃないぜ!
 舞台挨拶は初め、スーツにシルクハットの沢山のスピードワゴンさん(JOJO参照)たちが斧持って登場。一人被ってなくて蝶ネクタイの人がいたけど誰かな?


 そしてちょっとしたパフォーマンスして、シンチー登場!今回は会場に中国人が結構いたのかな?訳す前に笑いが起きてるし。そしてインタビュー。カンフーは3歳からやってるそう。カンフーポーズをしてくれたけど、ちょっとした動きも見せて欲しかった!トニー・ジャーみたいに。

 

 出演者は笑える人ばっか。まともなのは言葉の話せない女性かな。で、そいつらはカンフーの達人。シンチーの役は初めは凄い弱いの。最強の敵が禿に眼鏡、ランニングにサンダル。これもありえねー!


 あの夫婦も凄い。あのおばさんも少しは強そうと思ってたけど、スンゲーつえー。3人のカンフーの達人を、殺した二人の刺客をいとも簡単にやっつける。

 俺もカンフーやるか!