a0a024c1.jpg ナイトツアーは暗闇の森を探検する。夜行性の動物を探す。

 そして前回のツアーで行方不明になった田中さんも探す。明かりは懐中電灯のみ。周りに電灯なんぞの明かりは一切ない。
 
 いざ突入。本当に真っ暗。楽しいね。道はちゃんとできている。はじめはなかなか動物は発見できない。

 さてまず見たのは、絞め殺し木。見事に木に巻きついている。でも寄生しているわけではなく、根っこはちゃんと地面についている。写真はその絞め殺しの木の5000年もの。ラピュタの世界だ。

 しかし流石デイブ。にくい演出するよ。まずこの5000年ものところでみんなに持たせた懐中電灯を、一旦全員消させて、真っ暗にさせる。そして一際大きいデイブの電灯で、パッと照らして登場!すごい迫力だ。
ワラビーかな?ネズミポッサム










 そして進むにつれ動物登場。ポッサム、ネズミ、バンディクー、そしてワラビー。やはり慣れているのか、警戒心もなく逃げません。餌撒いてるし。でも触れるのはポッサムだけ。

 そして森をぬけると星空が!さそり座と天の川が見える、けど星座なんてよくしらないから、どうなっているのかよく分からないけど、きれい。森で隠れているけど、南十字星が見えるそうだ。あとあいにくの曇りだったのが残念だったけど、十分凄い。東京では絶対見れらないね。


 そしてツアーは帰路へ。途中ドライバーがバスのライトを消すという、ウルトラテクニックを見せる。当然真っ暗。前もおろか周りも見えない。バスの中は悲鳴。でもアンコールを強要する。スリルある。つか、普通に凄い。


 帰る道で道路に蛇の死骸が。車に轢かれたようだ。ここで蛇豆知識。2メートル以上の蛇には毒はないので安心!まー安心ではないけど。普通に5メートルの蛇とかいるらしいし、道路に端から端までぴっしり寝てる蛇がいるって。

 そうして1時間くらいして、ホテルに。明日は帰国だ。最高に1日だった。ツアーに参加すべし!

・旅行記15へ

・旅行記17へ


ポッチットナ