ドイツVSチュニジア
 前日のアルゼンチンVS日本に続き、2019/8/23(金)にドイツVSチュニジアを見に行ってきました。




 この試合、国際試合の発表の時は全然気付かなくてローソンチケットのサイトを見ていて、「え?8/23にドイツVSチュニジアって書いてあるんだけど何これ?」って感じで気付きました。

 チケットは当日会場のみでの販売とのことで書いてありましたが、ARG、GER、TUN戦のチケットを買ったらもれなく付いてきましたので別途買わずに済みました。

 そういえば買った場合の値段っていくらだったんでしょうかね?

チケット
 ただ座席は指定されていないのでどうなるのかなって思って、やっと当日になってツイッターで情報がでました。遅いよ。

 全席自由席!

 予想通りとはいえ、本当にそうなるとは。早く行けば最前列での観戦も可能ということでなかなか凄いことです。

 ただ試合前に用事があるのであまり早くは行けないんですよ。


ドイツVSチュニジア
 その用事とは、ホテルの出待ちチャレンジです。昨日に続きこの日も休みなので、昼間から時間があります。

 昨日のARGで大分満足したんですが、ちょっと味をしめたのでGERでもチャレンジすることにしました。

 狙いはNBAのオクラホマシティ・サンダー所属のデニス・シュルーダー。GER代表には他にも現役や元NBA選手がいますが知らないもので。

 昨日の経験を活かしてティップオフの2時間前を目安にホテルに到着。出口近くに飾られていた国旗からARGの国旗が撤去されてましたのでもうチェックアウトしたんですね。


 想定よりちょっと遅れたのでもしかしたら既に移動してしまったかなと思いましたが、まだ出待ちしていると思われる人が待機していたので間に合ったようです。

 すると数分後にバスが到着。ピッタリのタイミングで来れました。

 そして少しずつエレベーターから降りてくるGER代表。うーん誰が誰だか分からない。初めの方に出てきた選手と写真撮ってる人がいましたが、NBA選手なのかな?

 そして出てきましたシュルーダー!やはり他の人もシュルーダー狙いで、4人くらいが一斉に駆け寄ります。


ドイツVSチュニジア
 そして見事サインをゲット!ダンケシェーン、シュルーダー!

 あまり機嫌がよくないのか試合に向けて集中してたのか、笑顔はなくサインをしたらとっととバスに乗りに行ってしまったので写真は撮れず。

 そんな状態でもサインしてくれたので感謝しかないですね。その場の全員に対応してくれましたし。目的を果たせたのですぐにホテルを後にしてスーパーアリーナへ移動。

ドイツVSチュニジア
ドイツVSチュニジア
 さいたま新都心の駅には八村塁選手の広告が沢山!昨日は混雑していたので空いているこの日に撮影。

 いやー凄い凄い。


ドイツVSチュニジア
 開場30分前に到着すると既に結構な列が。平日の午後の早い時間なのに熱心ですね〜。
 

ドイツVSチュニジア
 近くにいた人が係員に何人くらい並んでるか質問するのが聞こえました。
 
 「260人くらいですね。」このくらいなら結構前の方の席とれるかも!


ドイツVSチュニジア
 そして開場時間になりアリーナへ。すると若干アリーナ内の様子が変でした。


 よく見ると座席の半分は封鎖しています。なんでだ。


 公式のツイッターでは「来年の東京オリンピックはどの席から見るか、シミュレーションしてみませんか?」って書いてありましたが、見れないじゃん・・・。

 まぁ昨日みたいに1万人以上来るのは難しいから座席の封鎖はしかたないけど、封鎖の仕方ってのがあるでしょうに・・・。なんならコートサイド席も解放して欲しかったなぁ。


ドイツVSチュニジア
 とはいえ前から3列目の席を確保できたので、よしとしますか。いやー、これは近い!


ドイツVSチュニジア
ドイツVSチュニジア
 コートを見ると選手が数人練習しています。その中には先程会ったシュルーダーも。

 ということでシュルーダーを眺めながら遅めの昼食。飲食物は持ち込み可能なのでローソンで買ってきました。


ドイツVSチュニジア
 アップするドイツ代表。するとコートサイドのなんか見たことあるおじさんがいるなーと思ってツイッター見ていたら倉石平さんじゃないですか!特等席で羨ましいぞ。


ドイツVSチュニジア
 そして試合開始するまでに選手をチェック。流石にNBA選手は顔を把握しておきたいので名前と番号を覚えました。

 GER代表のNBA選手はこの4人。あとポール・ジプサーは元NBA選手。
 ・アイザック・ボンガ
 ・マキシミリアン・クレバー
 ・デニス・シュルーダー
 ・ダニエル・タイス


ドイツVSチュニジア
 ボンガはケガなのかロスターに名前がないですね。


 TUN代表のNBA選手はサラ・メジリ1人なのでメジリだけチェック。ちなみにWCにはマブスをカットされて中国のチームに移籍しました。(最終的に今シーズンはレアル・マドリードに復帰しました)

 ただNBA選手じゃないけどチェックしておくべき選手がいたんですよね。それはマイケル・ロールという選手。
 
 なんとユーロリーグのマッカビに所属してるじゃないですか。2日後の日本戦では決勝シュートを決める活躍をしました。チェックしておくべきだった・・・。


 一旦アップが終わり選手入場!が、シュルーダーが出てきません。昨日のARG代表もこのタイミングで全員出てこなかったんですが、どういうこと?ちゃんと伝わっていないのかな?

 大分遅れてシュルーダーが出てきましたが、写真撮影終わっちゃいましたよ。もうこれ卒業アルバムの撮影で欠席した人みたいに上の済に別途合成されるパターンじゃないですか。(そうなったかは知りませんが)




 試合前の練習の様子。


ドイツVSチュニジア
 練習するシュルーダー。表情豊かです。


ドイツVSチュニジア
 ジプサーの背中。




 ドイツの選手紹介。




 チュニジアの選手紹介。


ドイツVSチュニジア
 ドイツ代表のベンチが良く見えます。カメラでならボードも見えてしまうという。


ドイツVSチュニジア
 ユニフォーム姿のシュルーダー。


ドイツVSチュニジア
 そしてティップオフ!やはりプレイボールは違和感あるわー。






 昨日とはうってかわって静かなアリーナ。少々寂しい感じもありますが、選手の声やバッシュのキュッキュッという音がよく聞こえてなんか新鮮でこれはまた別で迫力あります。



ドイツVSチュニジア
 ボンガはベンチ入りしていないので、コートエンドの席から見ていました。



ドイツVSチュニジア
 対戦相手なのでJPN代表の選手がスカウティングに来るかなと思ったんですがいませんでしたね。

 記者席に佐々木クリスさんがいました。

 コートサイド席のおじさんは激しい貧乏ゆすりをしていました。


ドイツVSチュニジア
 TUN代表はメジリ無双でした。途中ケガした?って心配になるシーンがありましたが大事なくてよかったです。

 つかほぼ出ずっぱり、そっちの方が心配になりました。


ドイツVSチュニジア
 フリースローをするシュルーダー。


ドイツVSチュニジア
 豪快なメジリさん。


ドイツVSチュニジア
 ハーフタイムでシュート練習をするメジリさん。



ドイツVSチュニジア
 メジリは3Pシュートも打てます。


ドイツVSチュニジア
 マッカビ・エレクトラに所属のマイケル・ロール。写真はたまたま撮っていたけど、全然注目してなかったなー。予習不足です。

 とはいえこの日は目立った活躍はなかったんですけど。


ドイツVSチュニジア
 シュルーダーは14P、7Aとまずまずの活躍。ベンチでは身を乗り出してチームを鼓舞していました。




 シュルーダーのフリースロー。


ドイツVSチュニジア
 メジリVSタイスのNBA対決。 




 サラ・メジリのフリースロー。




 ボーボーとめっちゃ声を出すシュルーダーと華麗なペネトレイトのメジリ。



ドイツVSチュニジア
 試合はドイツの勝利。ランク的にもメンツ的にもやはりドイツの方が強いね。

 メジリは39分とほぼフル出場で30Pの大活躍。メジリ無双でしたが、他が続かないと厳しいですね。

 対するドイツはバランス良く得点する全員バスケで余裕が見えました。


ドイツVSチュニジア
 本日の入場者数です。1817人て、マジで?今日の入場者数少な過ぎ・・・。

 平日の夕方開始なのでそんなに来ないだろうとは思ってましたけど、2000人にも満たないのは悲しいですね

 NBA選手が5人もいてBリーグよりレベルの高い試合が無料で見れるというのに・・・。日本のバスケ人気も所詮まだまだニッチなんですねー。

 まぁこれはオリンピックのUSAや日本以外のチケットはほぼ確実に取れそうというのを意味するので喜べる面もあるんですけど。


ドイツVSチュニジア
 あとメディアもめっちゃ少なかったですね。昨日は観客の邪魔になるほどいたというに。

 明日明後日の日本の対戦相手なんだから取材して損はないと思いますけどね。そういうとこで他のメディアと差をつけていかないとさ。



ドイツVSチュニジア
 試合終了後にはなんとメジリが客席にいってサインしてました。これはメジリの好感度アップです。


当日は以下のサイトでリアルタイム視聴できました。今はハイライトが見れます。


ボックススコアはこちら。




ドイツVSチュニジア
 1時間40分とあっという間に試合が終わっちゃいましたが楽しい時間でした。


クリックしてくれると幸いです。