リスト・フェレンツ国際空港
●5日目 2017年05月05日(金) 午前(ハンガリー日付)

 帰国するので空港へ移動した続きです。

 日本への直行便が無いので帰りも経由で帰ります。行きはパリでしたが、帰りはまた別でアムステルダム経由です。

◆帰りのフライトの予定
 ・移動経路:ハンガリー⇒オランダ
 ・航空会社:KLM航空 KL1974便(エコノミー)
 ・搭乗時間:約2時間
 ・出発日時、場所:2017/05/05(金)11:25 リスト・フェレンツ国際空港
 ・到着日時、場所:2017/05/05(金)13:35 スキポール国際空港

 ・移動経路:オランダ⇒日本
 ・航空会社:KLMオランダ航空 KL861便(エコノミー)
 ・搭乗時間:約11時間
 ・出発日時、場所:2017/05/05(金)14:40 スキポール国際空港
 ・到着日時、場所:2017/05/06(土)08:40 成田空港


 そろそろ搭乗のCALLがあるかなと搭乗ゲート付近で待機していますが、なかなか搭乗開始になりません。しかも外を見るとまだ飛行機が待機していない様子。

 「おいおい、行きに1時間半も遅延したんだから帰りは定刻通りに飛んでくれよ・・・」

 という想いも叶わず出てしまいました、画面に時間変更の赤字表示が!

 辛い・・・。

 上記にフライト情報を記載しましたが、アムステルダムでの乗り継ぎ時間は短いんです。ちょっとの遅れも致命傷になりかねないんですよ。


KLMオランダ航空
 とにかく数十分の遅れで済むことを祈っていると、飛行機が到着!よし、40秒で支度しろー!




 ということでなんとか20分遅れで済みました。アムステルダムまでは2時間と短いフライトなので窓側席して景色を楽しむことに。翼がよく見えますぜ。


ハンガリー
 さよならハンガリー、楽しかったぜー。結局フォリントは使いきれなかったぜー。

 赤い屋根の民家ばかりできれいな眺め。ブダペストの中心地以外でも旧市街っぽい感じの街並みがあるんですね。


image_4
 しかし、一方でこんな旧ソ連支配下の名残と思われる建物の並びも・・・。


ハンガリー
 ドナウ川見えるかなーって外を眺めてましたが、場所がよく分からないで見ても分かりませんね。

 これはドナウ川ですか?多分違いますね。

KLMオランダ航空
 KLMオランダ航空の機内の様子。


KLMオランダ航空
 オランダ航空の軽食。小腹が満たされました。


オランダ
 この辺はオランダでしょうか。風車は見えませんね。

 さてオランダと言えばインディアナ・ペイサーズのレジェンド選手、リック・スミッツです。彼以降はオランダのNBA選手がいませんけど。

 あとは風車とかチューリップとか。


 アムステルダムの空港に到着。時刻は14時。これは日本への便の搭乗時刻になります。

 急いで搭乗ゲートへ。(流石にここからは写真撮る余裕はありませんでした)が、その前に難関が1つ。

 ハンガリーとオランダはシェンゲン協定加盟国なので、ハンガリー〜オランダ間の移動ではまだ出国審査をしていないんですよ。

 ではどこでするか。ここアムステルダム空港しかありませんよね・・・。

 ルートに従い急いで出国審査の所に行くとめちゃくちゃ混んでいる。マジか。

 仕方なく列の後ろに並んでみましたが、このまま並んでたら絶対間に合いません。後ろの方は列になってませんからね。

 ということで近くにいる係員にチケットを見せて「No Time!No Time!」と連呼して優先列に並ばしてもらいました。

 まぁ係員も慣れたもんですぐに理解してくれますね。助かる。

 ちなみに私と同じブダペストからの便に乗っており、恐らく日本への便も同じと思われる日本人がいたのでちょっと安心感はありました。

 アムステルダム空港での出国審査ですが、なんと完全自動化されてビックリ。2019年の現在では成田や羽田でも当たり前になってますが、当時はまだ完全導入されておらず使うのも初めてだったので、「オランダ凄いな。ハイテクだ!」って思いました。

 ただスタンプはお願いしないと押してもらえません。スタンプは欲しいので焦りながらもそこはお願いして押してもらいましたよ。

 出国審査を終えて急いで搭乗ゲートへ。とはいえ私の後ろに例の日本人客がいるので早歩き程度ですが。

 そしてゲートに到着!搭乗は始まっていますが、長蛇の列なのでまだ余裕ありますね。

 間に合ってよかった〜。

 今から列に並んだところで待たされるだけなので、その間に近くの売店で飲み物を購入。流石にフォリントは使えずユーロじゃないとダメですね。

 軽くバスケ雑誌も探しましたが、オランダもありませんでした。スミッツの国なのに・・・。オランダ土産も買いたかったんですが、そこまでは時間がありませんでした。

 そうそうちょっと気になったのが空港職員に黒人の方が結構いました。あまりイメージがなかったのでちょっとビックリしましたが、そういえばアーネスト・ホーストもオランダでしたね。納得。


KLMオランダ航空
 そして無事に搭乗。どうやらこの便もちょっと遅れがあったようで、結局30分遅れで出発でしたよ。

 私の便が遅れたから待ってたかは分かりませんが、そこまで焦らなくてもよかった感じでした。


KLMオランダ航空
 機内の様子。

 エールフランスそんな変わらないです。


KLMオランダ航空
 KLMオランダ航空の座席。ちゃんとモニターが付いています。


 NBAの「The 1984 Draft」というドラフト番組があったので見ました。ナレーターはスティーブ・ナッシュ!

 あとはベン・アフレックの「夜に生きる」と「Hidden Figures」を鑑賞。どちらもこの時はまだ日本未公開だったので見れてラッキーです。「Hidden Figures」は面白かったです。


KLMオランダ航空
 機内食その1。味は覚えてないです。


KLMオランダ航空
 機内食その2。同じく覚えてません。


KLMオランダ航空
●6日目 2017年5月6日(土) 朝(日本日付)

 そして成田空港に到着。行きも帰りも飛行機トラブルがありましたが、それ以外は問題なく過ごせました。

 いや他に1つだけありました。スーツケースのそこにヒビがはいってました。そこそこ長く使っていたのと帰国の時にカウンター開き待ちでスーツケースに座ってたのが原因かなと思われます。

 保険で修理できたのかもしれませんが、手続きが面倒そうだし接着剤とガムテ貼っておけば大丈夫だろうと思い、DIYで修理しました。

 思えばこの時に限界だったんだろうなぁ。これが次の海外旅行でトラブルを招きますが、それはまた次シリーズの旅行記で。

 これにてハンガリー旅行完了。残りはお土産とまとめ記事になります。


・旅行記36へ

・旅行記38へ

クリックしてくれると幸いです。