王宮の丘の夜景
●4日目 2017年05月04日(木) 夜(ハンガリー日付)

 ブダペスト市内を観光したりお土産を買ったりしてホテルに戻った続きです。

 さて明日帰国のでハンガリー旅行最後の夜ですがどう過ごしたものか・・・。

 〕漆にマンガリッツァ豚を食べに行く
 王宮の丘で夜景を見る

 この2つの選択肢を考えて悩んだ結果、王宮の丘に行くことにしました。

 やっぱ昼に生きてるかわいい姿を見ちゃいましたからねぇ。食べるのはちょっと・・・。(単に1人で気軽に入れそうなお店が見つからなかったのと、あまりお腹が空いていなかっただけ)

 あとマンガリッツァ豚別に日本でも食べれますけど、ブダペストの風景はブダペストでしか見れませんからね。食事より観光です!

王宮の丘は昨日行ったので行き方は完璧。地下鉄M2で「Deak Ferenc ter」駅まで行き、そっから16番のバスで「Szentharomsag ter」駅で下車。バスで行けるので夜でも安心して行けます。

 マーチャーシュ教会がキレイにライトアップされてますね。


王宮の丘の夜景
 なんと昼間は有料だった漁夫の砦が夜だと無料開放されています。

 夜景見るにはここ入らないとなーと払うつもりだったんですが、これはありがたいです。


王宮の丘の夜景
 さっそく漁夫の砦からブダペストの夜景を見ると、ここからも一際輝いてる建物がすぐさま目に入りました。


王宮の丘の夜景
 相変わらずの輝きの国会議事堂です。

 何度見ても黄金のような輝きですね。


王宮の丘の夜景
 よりズームな国会議事堂。


王宮の丘の夜景
 今度は鎖橋を鑑賞。いいねぇ。

 つか観覧車がめっちゃ光ってるわ。




 鎖橋の夜景動画。


王宮の丘の夜景
 漁夫の砦は結構歩ける場所が沢山あるんですね。北の方に行くとより高いとこに上れます。

 そこから見えたのが国会議事堂の先の方にあるマルギット橋。ブダペストでは2番目に古い橋だそうです。


王宮の丘の夜景
 今にも爆発しそうな感じに撮れてしまった国会議事堂。太陽拳でも使ってるのか。




 国家議事堂の夜景動画。


王宮の丘の夜景
 昼間の雰囲気とは全く違うマーチャーシュ教会。


王宮の丘の夜景
 ブダペストの夜景も良いんですが、王宮の丘自体のライトアップも良いんですよ。

 このいい感じの明るさに、ほどほどの観光客で騒がしくない雰囲気が素晴らしいんですよ。


王宮の丘の夜景
 王宮の丘を歩きます。

王宮の丘の夜景
 何を思ったかこのまま歩いて王宮の丘を下りてみようと思いました。

 ですが、暗いし人は歩いてないし道はよく分からないしで途中で断念。結局王宮の丘に戻りました・・・。

 しかもその迷っている間に花火があがってたんですよ。ただ降りている最中は建物で花火は見えず、戻れた時には終わってしまい一切見ることができませんでした。花火見たかったなぁ・・・。


王宮の丘の夜景
 イシュトバーンさんも光ってます。

 高いとこからの夜景を堪能し、またバスに乗って退散です。


・旅行記33へ

・旅行記35へ

クリックしてくれると幸いです。