ハンガリーの鉄道
●4日目 2017年05月04日(木) 昼(ハンガリー日付)

 ケチケメートを観光した続きです。

 再び移動していよいよツアーメインイベントの目的地プスタへ向かいます。

 その道中で線路を通過。ケチケメートにも鉄道の駅があるようで結構ハンガリーは鉄道網が引かれてるんですね。


ハンガリーの鉄道
 そういえばNHKBSで関口知宏さんが鉄道で旅する番組がありましたが、ハンガリーも旅してましたね。あの番組好きなんですけど、新シリーズはできないんでしょうか?


高原「プスタ」
 そしてケチケメートから約1時間、プスタに到着しました。

 といっても正確な場所が分からないんですよね。プスタだとGoogleMapではそんなのはないって検索できないし。ケチケメートからそんな時間掛かっていないのでそれ程遠くでもないと思われますが。

image_3
 駐車場からホテルやレストランと思われる建物を通過します。


高原「プスタ」
 そこには軽食と猫による歓迎の用意がされてました(猫は勝手にいるだけですが)

 ちなみにサングラスを掛けた女性がツアーのガイドさんです。


高原「プスタ」
 地酒パーリンカ(蒸留酒)とポガーシャ(甘くないスコーン)です。お酒は美味しかったですが、結構度数が強い感じだったので1杯でやめときました。

 後で調べたらアルコール度は40度程度だそうで。来て早々酔い潰すきですか!

 あとすぐにここから馬車に乗って移動するみたいなので、ゆっくり堪能する時間もなかったんですけど。スコーンも美味しかったです。

 歓迎の食事を楽しんでいると、ここで民族衣装を着た青年と個別に記念撮影が始まりました。観光地によくある例のもので、とりあえず写真撮るんで欲しかったら買ってねやつ。

 基本は買わないんですが、なんか財布にフォリントが沢山あるので買うことにしました。


image_5
そして猫!ハンガリーで初めて会いました。猫はどこの国で見てもかわいいですね。世界共通です。


高原「プスタ」
 めっちゃ人懐っこくてかわいかったです。ただ毛の生え代わりの時期なのかめっちゃ毛が抜ける・・・。

高原「プスタ」
 もうちょっと猫と遊びたかったんですが、どうやら馬車に乗ってどこかに移動するみたいなのでお別れです。

 すぐには馬術ショーは見れないんですね。英語が分からないのでどこに行くかは分かりません。


高原「プスタ」
 馬車に乗ってのんびり平原を進みます。行先も分からずに・・・(多分私だけ)




 5月なので陽の光も心地良いです。本当昨日みたいな悪天候じゃなくてよかった・・・。


高原「プスタ」
 林があるせいか、凄く広いって印象はないんですが、晴天のおかげで空を見上げると凄い解放感でした。

 気持ちいいー。たまに馬糞くさいですけど。


高原「プスタ」
 別の方向から他の馬車が走ってました。こちらは満員ですが、あちらは空いてて快適そうですね。


高原「プスタ」
 馬車に揺られること10分。目的地らしきとこに到着しました。

 どうやら牧場の民家の見学するみたいです。民家の紹介についてはガイドがあったような、なかったような。

高原「プスタ」
高原「プスタ」
高原「プスタ」
 観光客向け用っぽい感じもしますが、実際ここで家畜を飼育しているので住んでるんでしょうねー。ちなみにトイレ借りれます。

 見学は自由行動。家はそんな興味がないのでさっと流し見して家畜を見に行きました。


高原「プスタ」
 私たちを運んでくれた馬車のお馬さん。じっと待っています。

 騎手さんは横になってくつろいでます。


高原「プスタ」
 大人しいので撫でられます。


高原「プスタ」
 鳥は放し飼いにしてます。


高原「プスタ」
 アヒルや鶏は大丈夫ですが、七面鳥は大きいのでちょっと怖いですね。でかいし。



 七面鳥は距離を置いて見ましょう。



 七面鳥の鳴き声を初めて聞いたんですが、鳴き声が予想外で面白い!


高原「プスタ」
 犬は繋がれてました。牧羊犬ですかね?

 尻尾振って遊びたそうでしたが、ちょっと海外の犬は病気が怖いんで躊躇います。


高原「プスタ」
 この豚さん、なんかモジャモジャして知ってる豚と違うんですけど。もしかしてこれが食べる国宝、マンガリッツァ豚か!

 まさかこんなところでお目にかかれるとはビックリです。だって国宝なのになんの変哲もなくいるんですもん。盗まれないかちょっと心配になりました。

 ちなみに結局この旅行でマンガリッツァ豚を食べることはできず・・・。食べたかった。(別にこの豚を見たからという訳ではない)


高原「プスタ」
 普通の豚もいました。大きいです。




 餌をくれるかと思って豚が騒ぎ始めました。餌箱ガタガタさせて気性が荒いですな。


高原「プスタ」
 長閑な風景です。


高原「プスタ」
ブダペストの歴史ある建物の風景もいいですが、こういう静かな自然の風景もいいですね。心が落ち着きます。


高原「プスタ」
 約20分の見学時間が終了し、再び馬車に乗って戻ります。

 騎手さんも休めたようで準備万端ですね。


・旅行記28へ

・旅行記30へ

クリックしてくれると幸いです。