ケチケメート Kecskemet
●4日目 2017年05月04日(木) 午前(ハンガリー日付)

 オプショナルツアーに参加して最初の観光地、ケチケメートという都市に来た続きです。

 車から降りてガイドさんに連れられて軽く観光します。

 ケチケメートはツアーの内容で『19〜20世紀、若い建築家達が活躍したこの町には、今でも彼らの残したユニークな外観の建物が数多く残されています』という紹介がされている都市。

 まぁこういったツアーでない限りはわざわざ訪れることはない街ですかね。

 ただ青森市と姉妹都市だったり、私が行った2か月後には日清食品の工場が建てられたりと、意外と日本と所縁のある都市です。




ケチケメート Kecskemet
 ケチケメートの市庁舎。

 ピンク色の感じのかわいらしさが市庁舎っぽくないですね。見た目も面白いです。


ケチケメート Kecskemet
 市庁舎前の広場にはコシュート・ラヨシュ像があります。


ケチケメート Kecskemet
 ロダンの考える人っぽいポーズの像ですが、武器を持っているので多分物騒なことを考えていますね。


ケチケメート Kecskemet
 聖ミクローシュ教会。


ケチケメート Kecskemet
 ケチケメートか世界各国への距離が書いてありました。

 最初見た時は「なんで青森?」と思いましたが、最初に述べたように姉妹都市だからだったんですね。青森市までは8670キロメートルあります。


ケチケメート Kecskemet
 なんかコスプレした学生と思われる集団がいました。何かのイベントですかね。

 公園っぽいところまで歩いてガイドさんが何か色々説明して、自由行動になりました。集合場所はコシュート・ラヨシュ像付近。

 ちゃんと集合時間を聞き取りました。あと他の参加者の顔もある程度覚えました。


ケチケメート Kecskemet
 「Cifra Palace」という博物館。

 日本では装飾宮殿と呼ばれてるみたいです。その名の通り装飾がとてもかわいらしいですね。


ケチケメート Kecskemet
 その反対側にはシナゴーグがあります。

 ハンガリーにユダヤ人が多くいることが分かります。


ケチケメート Kecskemet
 ポケモンのコイルっぽい像。


ケチケメート Kecskemet
 1956年に起こったソ連に対する蜂起、ハンガリー動乱の記念碑。


ケチケメート Kecskemet
 地下にある公衆トイレ。

 チップを受け取る人がいるので特に怖くは無いです。50Ft(約20円)でした。


ケチケメート Kecskemet
 「Fodor Cukraszda」という有名なカフェがある建物。よく知らないですが伝統ありそうな建物ですね。

 流石に自由時間で一休みする時間はないので入れず。


ケチケメート Kecskemet
 なんかバチン、バチンという激しい音が聞こえるので音の方へ向かうと、民族衣装らしき服装の少女が鞭を鳴らしていました。

 ハンガリー馬術で同じように鞭を鳴らすのを見たことある(馬を叩く訳ではない)ので多分それかと思います。




 なかなか迫力ありますね。チップ入れ用の帽子があるので観光客向けのパフォーマンスでしょう。

 でも鞭に当たりそうでチップ入れられないよ・・・。


ケチケメート Kecskemet
 市庁舎付近のミニチュア像。




 集合時間の11時になると市庁舎から時報と思われる音楽がなりました。

 せっかくなのでこれを見終わってから車に戻りました。


 ケチケメート、短い時間ですか面白い建物があってそれなりに楽しめました。あと名前の響きもなんか好きです。

 観光客も全然いないので静かですが、空軍基地が近くにあるので飛行機の騒音は結構うるさかったです・・・。


・旅行記27へ

・旅行記29へ

クリックしてくれると幸いです。