ブダペスト
●3日目 2017年05月03日(水) 午前(ハンガリー日付)

 朝に国会議事堂の見学ツアーに申し込みに行ってホテルに戻った続きです。

 ホテルに戻って休憩して気付いたら1時間経ってて10時になってました。休み過ぎました。

 国会議事堂の見学ツアーまで決まった時間の観光はないんですが、無駄に過ごしかけているので慌てて観光へ出発。

 地下鉄M2に乗ってまた「Deak Ferenc ter」駅へ。またちょっと雨が降ってきましたよ・・・。


ブダペスト
 デアーク広場で16番のバスに搭乗。今回ハンガリーで初のバス利用になります。

 目的地は王宮の丘。ここはトラムや地下鉄では行けないのでバスに乗るしかないのです。

 くさり橋を通過していざ王宮の丘へ!


ブダペスト 王宮の丘
 約20分程で王宮の丘に到着。「Disz ter」駅で下車しましたが、ちょっと手前だったですかね。

 着いて丁度に雨が止んでくれました。ありがたや。


ブダペスト 王宮の丘
 「Statue of the Independence War」独立戦争の像ですかね。


ブダペスト 王宮の丘
 お土産屋が並んでいて観光地の雰囲気があります。


ブダペスト 王宮の丘
 王宮の丘で一際大きく目につくゴシック様式の建物、マーチャーシュ教会。

 最初に建てられたのは13世紀半ばですが、第2次世界大戦で破壊されたので今のは復元されたものです。

 ブダペストでも見所の1つなんですが、なぜかこの時「教会見るのはもうお腹一杯だな〜」という状態で中には入りませんでした。

 多分混んでたというのもあったかと思います。中に入るのは有料です。

 ガイドツアーで塔にも上れるそうですね。というのをこの記事書いてて知りました。それはちょっと上りたかったな・・・。


ブダペスト 王宮の丘
 「Holy Trinity Statue」で三位一体像というらしいです。


ブダペスト 王宮の丘
 教会のすぐ横にあるのが漁夫の砦。いわゆる城壁です。

 ドナウ川で漁をする漁夫たちが守ってたことからその名が付きました。この砦からブダペストの街が一望できますが、ここも有料です。

 そして手前にあるのが聖イシュトヴァーンの騎馬像です。初代ハンガリー国王です。

 それにしても何度聞いてもかっこいい名前ですね。


ブダペスト 王宮の丘
 まぁ漁夫の砦に入らなくても十分ブダペストの街を一望できます。ほら、良い眺め!

 まぁちょっと高さが足りなくて手前の風景も見えちゃいますがね・・・。

 前に書いたかもしれませんが、ドナウ川を挟んで手前がブダ、奥がペストで2つ合わせてブダペストです。嘘のような本当の話です。


ブダペスト 王宮の丘
 ドナウ川沿いにきっちり5階建ての建物が揃っていますね。この整った感じが素晴らしいですね。

 そして右端見えるのが昨晩オルガンコンサートを聴きに行った聖イシュトヴァーン大聖堂。抜きんでた高さですねー。


ブダペスト 王宮の丘
 今日の朝に行ったばかりの国会議事堂です。

 全体的に鋭い感じがして先端恐怖症の人は見れないかもしれません。

 惚れ惚れする美しさ、これが国会議事堂だなんて思えませんよ。


 ここには夜景見にまた来る予定なので、早々退散しました。「Szentharomsag ter」駅から16番のバスに乗って王宮の丘の麓の「Szechenyi Istvan ter」駅で下車しました。


ブダペスト 王宮の丘
 王宮の丘へはケーブルカーがあって、ちょっと乗ってみたいと思って来たんですが、まさかの長蛇の列・・・。

 これは流石に並ぶ気が起きなかったので断念しました。


ブダペスト 王宮の丘
 ちなみにケーブルカーはこんなのです。

 まぁ乗ったとしても満員で全然景色も楽しめないでしょうねー。

・旅行記17へ

・旅行記19へ

クリックしてくれると幸いです。