ゲッレールトの丘
●2日目 2017年05月02日(火) 午前(ハンガリー日付)

 自由橋を観光した続きです。

 ホテルの部屋に戻ってパッキングをしましたが、チェックアウトまでまだ1時間程あります。

 ということでホテルすぐ横にあるゲッレールト山に登ることにしました。やはり高い所からブダペストを見たいのでね。

 因みに「ゲッレールトの丘」と呼ばれますが、ハンガリーでは山の扱いで丘は誤訳とのことらしい(Wikiより)当ブログでは「ゲッレールト山」とします。

ゲッレールト山
 この道がゲッレールト山と思われます。突然の思いつきなので下調べはしてません。

 まぁ看板があったので大丈夫でしょう。とはいえ時間もそんなにないので迷ってる暇はないんですけどね。


ゲッレールト山
 気温は21度です。春の陽気ですね。登山には丁度いい気候。

 ところどころ花が咲いていました。きれいです。まさか街のすぐ近くにこんな自然を感じられる場所があるとは知りませんでした。


ゲッレールト山
 階段が整備されているので上りやすいです。

 犬の散歩に来ている地元の方もいました。午前中だからかあまり人はいませんね。


ゲッレールト山
 まだ頂上ではないですが、この眺め!

 先ほど観光していた自由橋の全貌がバッチり見えます!

 というかこんな自由橋から移動してきたんですか。分からなかった・・・。


ゲッレールト山
 こんな感じの展望台が途中途中にあります。

 休憩しながらも良い眺めが見れていい場所です。無骨な高層ビルが一切ない風景。流石ブダペストです。


ゲッレールト山
 自然が豊かすぎて眺めが遮られることも・・・。



ゲッレールト山
 山頂に到着しました。ホテルから約20分と予想外に時間が掛かりましたよ。

 近くで見るとすぐ頂上行けるかなと思ったんですけどね、やはりそこは山です。直線距離でも結構ホテルから遠ざかりますね。

 標高235メートルとそこそこあります。道中あまり人はいませんでしたが、山頂は観光客が結構しました。バスでも行けるそうなので大体の人はバスで行くんでしょうね。


ゲッレールト山
 ゲッレールト山の頂上にはツィタデッラと呼ばれる城塞があります。

 オーストラリア帝国軍がハンガリー占領時の1854年に建設した城塞です。ハンガリー動乱時にはソ連軍に占領されました。


ゲッレールト山
 山頂にそびえ立つのは自由の像。麓からもバッチリ見えるのでかなりの大きさです。

 なんせ14メートルもありますからね。掲げているのはヤシの葉です。

 第2次世界大戦後にソ連赤軍によって建てられてそうです。


ゲッレールト山
ゲッレールト山
 自由の像の両サイドには2体の像。何の像かは分かりません。

 2枚目の像はドラゴンを殴っている?


ゲッレールト山
 頂上からの眺めです。

 シンプルなデザインのエルジェーベト橋が見えます。


ゲッレールト山
 さらに奥に見える橋が一番有名な橋、セーチェーニ鎖橋です。


ゲッレールト山
 ひときわ大きい建物は国会議事堂です。

 鎖橋と国会議事堂はこの先観光しに行くので楽しみです。


ゲッレールト山
 私が泊まっているホテルが見えます。なんなら部屋まで把握できます。


ゲッレールト山
 もう少し山頂からの眺めやツィタデッラを観光したいとこですが、チェックアウトの時間が迫っているのでホテルに戻らないといけません。早歩きでいけば15分で戻られるかと。

 帰りはブダペストの街を見ながら歩けます。ただ景色に夢中になってこけないように気を付けましょう。


ゲッレールト山
 めっちゃ急いだら10分くらいで麓に戻れました。その分汗かきましたけどね。

 ホテルのベランダで優雅に佇んでいる人がいました。危なっかしくて見てられないです。

 
 眺めも良く軽い登山気分も味わえるゲッレールト山、お勧めです。山頂は団体観光客がいるので歩いて上って途中の休憩ポイントだと静かにゆっくり景色を堪能できるのでそうすることをお勧めします。

 登山後に温泉に入ると最高でしょうねー。


クリックしてくれると幸いです。