ボヘミアン・ラプソディ(原題:BOHEMIAN RHAPSODY) 627本目 2018-31
上映時間 2時間15分
監督 ブライアン・シンガー
出演 ラミ・マレック、ルーシー・ボーイントン、グウィリム・リー
会場 TOHOシネマズ新宿
詳細 Yahoo!映画参照

【あらすじ】
 世界的ロックバンド、クイーンのボーカルのフレディ・マーキュリーの半生を描いた話。

【評価 9点(10点満点)】
 クイーン最高!あのクイーンにも色々な問題があったなんて知らなかった。

 クイーンはベストを聴くくらいのファンだったんで、あんまりメンバーのことは知らなかったんですよね。フレディもゲイでエイズで亡くなったくらいのよくある知識で、後は最近アダム・ランバートと組んで活動してるくらいのレベルです。

 いやー知らないことばかりでビックリの連続ですよ。フレディは純粋なイギリス人かと思ってたんですが、まさかインド系だったなんて。あの時代なんてまだ差別が激しそうなのによく認められましたよ。まぁそこまで表現してなくて実際はあったと思うんですが、やはり音楽に国境はないというか、もうフレディの圧倒的な才能を認めざるをえなかったというか。

 でも本当波乱万丈な人生でしたね。ロックな生き方といえばかっこいいですが、やはり生きてて生で見たかったです。

 最後のライブエイドの再現は震えましたね。ライブ会場にいる迫力でした。今度来日するときには絶対ライブ行こう。

クリックしてくれると幸いです。