コルピクラーニ Korpiklaani
 9/18(月)にKorpiklaani & Fiddler’s Green JapanTourのライブに行ってきました。

 コルピの来日は2011年のフィンランドフェスト以来6年振りなので本当待望でしたよ。

 とはいえ単独ではなく複数のバンドと一緒にというのは残念。正直他のバンドは全く知らないのでコルピだけ見たいんですけどねー。

 ライブのチケットは基本パワーロックトゥデイの先行予約で取るので、ついうっかり一般発売が始まってるのに気付かないでいましたよ。(PRTでの先行予約はなし)

 そんな訳で整理番号が600番台くらいになっていまいました。これが失敗でした・・・。



 入場後コルピのTシャツを買おうと思ったんですが、まさかの長蛇の列。列がスタンディングエリアのまで伸びてます。

 それでも並びましたが、途中で売切れ・・・。非常に残念です。通販も期待しましたが無いとのこと。ちょっと物販足りな過ぎと怒り心頭ですね。コルピ人気舐め過ぎですよー。

 と暴言を吐きたくなるくらいTシャツが欲しかったんですよ。まぁ早い整理番号のチケットを買わなかった私も悪いですけど・・・。

 しょんぼりしながら開始まで待機。コルピまではあまり体力を使いたくないので右端ちょっと上の方にいました。

 まず最初に登場したのはBELLFAST(ベルファスト)というフォークメタルバンド。

 知らないバンドだったんですが、まさかの日本のバンドだったんですね。なんとフルートとバイオリンがいるじゃないですか。しかもフルートの女性がかわいい。


 この曲は結構好きです。割と好みの感じのバンドでした。最初からちょっと体力を使ってしまいました。

 その次はWALTARIというバンド。これも知らないバンド。フィンランドのベテランアヴァンギャルドメタルバンド。まぁまぁでしたが、半分くらい見てしまいましたよ。

 3つ目のバンドはFiddler’s Green(フィドラーズ・グリーン)。ドイツのフォーク/アイリッシュパンクバンドというよく分からんバンドです。


 でも、予想以上に良かった!アコーディオンとバイオリンがいるのがいいですね。

 聞いていくうちにどんどん引き込まれていきましたねー。コルピに通じる感じがして好きです。

 さて、フィドラーズ・グリーンが終了した時点で開始から3時間半が経過しました。てっきりコルピ前のバンドはちょっとの演奏時間だと思ってましたが、がっつり演奏してました。

 これ完全にフェスじゃないですか!だまされたー。


コルピクラーニ Korpiklaani
 とはいえ今日の目的はコルピクラーニ。最後まで全力を尽くしますよ!



コルピクラーニ Korpiklaani
 恵比寿リキッドルーム名物の柵外し!!

 まだやってるんですねー。つか外さないようにしている時点でリキッドルーム側も特に止める気はないんですね。


コルピクラーニ Korpiklaani

●セットリストsetlist.fmより)
01.Viinamaen mies
02.Pilli on pajusta tehty
03.Tuonelan tuvilla
04.Lempo
05.Eramaan Arjyt
06.Ruumiinmultaa
07.Petoelaimen kuola
08.Sumussa hamaran aamun
09.Ievan polkka
10.Vaarinpolkka
11.Metsamies
12.Kipumylly
13.Rauta
14.Tervaskanto
15.Kultanainen
16.Kantaiso
17.Ammanhauta
18.Sahti
19.Crows Bring the Spring
20.Wooden Pints

Encore:
21.Vodka
22.Beer Beer

 いやー最高でしたコルピクラーニ。がっつり約2時間やってくれて堪能できましたよ。ただ「Happy Little Boozer」はやって欲しかった・・・。

 フィッタヴァイネンがもういないのは本当残念ですが、新バイオリンも悪くないですね。

 しかし15時に開場して終了したのが21時半は本当にきつかった。6時間半ほぼ立ちっぱなしは辛いです。ラウパでもそんな立ってないってのに。休まなかった私が悪いんですけど、みんな良いバンドだったもんでね。

 あと結構女性客が多かった印象です。どのバンドのファンなのかは分かりませんが、多分コルピなんだと勝手に思います。

 コルピよ、次は間を開けずに来日してくださいね!

クリックしてくれると幸いです。