NBAプレイオフ ブレイザーズVSウォーリアーズ

●1日目 2016年5月1日(日) 午後(サンフランシスコ日付)

 NBAのブレイザーズVSウォーリアーズを観戦し終わった後です。

 デイゲームなので試合が終わってもまだ15時なのでゆっくりアリーナ見学もできますが、帰る人でごったがえしてますし、何より眠い!

 また明後日ゲーム2を見にオラクルに来るので見学はその時することにして、軽くグッズだけ見て帰ることしました。

NBAプレイオフ ブレイザーズVSウォーリアーズ
 1階席に通じる入り口。

 2階席のチケットでは入れないですが、試合終了後は入れそうな感じでした。入ってはいませんが。

 アリーナを歩いているとグッズショップを発見。スペースが狭いので入るのに順番待ちです。


ウォリアーズ73勝記念Tシャツ
ウォリアーズ73勝記念Tシャツ
 せっかくなので73勝記念Tシャツを買いました。30ドルです。

 なんつったて歴史的快挙ですからね。バックにロスターの名前が入っているのも良いです。バレジャオもちゃんといますよ。

 でもカーHCも名前もあればよかったなぁ。


NBAプレイオフ ブレイザーズVSウォーリアーズ
 外に出ると何やらファンが集まっているところがあります。TV局の中継みたいですね。



NBAプレイオフ ブレイザーズVSウォーリアーズ
 CSNの中継でした。

 最初真ん中の人がジョージ・カールに見えたんですが、よく見たら違いました。

 誰か有名な人いますかね?


NBAプレイオフ ブレイザーズVSウォーリアーズ
 CSNの中継の周りではCSN特製の応援ボードを配っていたので貰いました。

 しっかりとした作りで結構良い物です。記念になります。


NBAプレイオフ ブレイザーズVSウォーリアーズ
 コロシアム駅に向かう人々。

 グッズ買っている間に少しは減りましたかね。


NBAプレイオフ ブレイザーズVSウォーリアーズ
 全然減ってないですね。コロシアム駅は凄い混雑です。ホームまで行くのにも一苦労。

 アメリカは車社会なのでみんな車で来るのではないのか?BARTに乗る人多過ぎ!

 途中席が空いたので座ったら寝そうになってしまい、あやうく寝過ごしそうになりました。

 つか海外の電車で寝そうになるとか油断しすぎですよね・・・。

 まぁニューヨークで早朝地下鉄乗った時は寝ちゃいましたけど。やばいやばい。


NBAプレイオフ ブレイザーズVSウォーリアーズ
 パウエル駅に無事到着。

 駅前にあるケーブルカー乗り場です。旅行記7にしてようやくサンフランシスコっぽい写真がでてきましたね。

 結構並んでますが、さっきのコロシアム駅と比べれば大した行列じゃないですね。

 乗りたいところですが、今回はさっさとホテルに帰ります。


サンフランシスコ SanFrancisco
 ユニクロがありました。

 これ見ちゃうと「あれ?ここサンフランシスコだっけ?」って思っちゃいますね。普通に日本語もあるし。

 近くに大きなスーパーがあったのでちょっとのぞいてみました。


サンフランシスコ SanFrancisco
 ケーブルカーが降りてきました。

 パウエル駅行きは空いてますね。


サンフランシスコ SanFrancisco
 この角を左に曲がってまっすぐ行くとホテルに行けます。

 しかし、正面の坂の高さなんなんすか?高低差あり過ぎじゃないすか?

 軽い登山ですよね?




 そして、17時前にホテルに到着。アリーナからの移動でもちょっと疲れたのでもう寝たいですね。

 でもウォーリアーズのことTVでやってないかちょっと見てみようとしたら、なんと丁度ペイサーズVSラプターズのゲーム7が始まるとこじゃないですか!

 寝てる場合じゃない!!!

 というわけでホテルで観戦です。流石アメリカ、NBA三昧ですよ。




 前半終了時はペイサーズの6点ビハインド。大丈夫、逆転圏内よー。




 3点差まで迫るも健闘むなしくペイサーズ敗退・・・。ペイサーズのシーズンが終了してしまいました。ちくしょう。

 昼の現地観戦で上がったテンションが一気に下がりました。

 時刻は19時と夕飯どき。外も明るいので出掛けるのも余裕ですが、気分的に外行きたくならないですね。

 (本当はペイサーズ戦見終わって横になったら寝ちゃって、気付いたら外真っ暗って状況でした・・・)

 まぁ日本から持ってきた食糧もある程度は消費しておきたいので、初日はカップうどんや他健康食品で済ませました。

 ちなみにNBA観戦時には何も食べてないので、サンフランシスコに来てまだアメリカらしい食べ物を食べていませんね。

 ということで夕飯食べて、風呂入って、早々に寝てサンフランシスコ初日終了です。

・旅行記6へ

・旅行記8へ


クリックしてくれると幸いです。