8b95ec45-s
 毎年恒例1月にアップしている映画の年間ベスト10、まさかまさかのこんな時期に発表とは・・・。

 書こう書こうと思ってはいたんですが、忙しさもありつつもどうも筆がのらないというか、まぁ義務で書くものでもないので好きな時に書きたいというスタンスが我がブログなもんで。

 といっても毎年恒例のことをやらないというのはそれはそれでもやっとするもので、旅行記時にも多少影響がありまして・・・。

 もう映画記事は止めようかなと思いつつも10年以上書いたんだからやっぱり続けたいということで、書きます。

 別に映画に興味が無くなった訳ではなく、今年もそれなりに見てますから!

 こんな時期ではありますが、今回で13回目になる映画年間トップ10をサラッと紹介します。

 これまでの年間トップ10はカテゴリの「年間ベスト10」を参照して下さい。

 2016年は「ブリッジ・オブ・スパイ」で始まり、「ローグワン」で締め。

 スターウォーズで締めは2015年と同じですね。今後数年はそうなるのかな?

 2016年は31本鑑賞とこのブログ始めてからは過去最低になりました。別に仕事はそんな忙しい年でもなかったんですが、あまり見たいっていう映画がなかったかも?

 そういえば1月にはTOHOのフリーパスゲットしたんですけど、やっぱりそれ程本数見られずでしたね。「傷物語」の入場特典貰うのにちょっと使えましたが。

 邦画が4本、洋画が27本です。

 舞台挨拶は「俳優 亀岡拓次」で麻生久美子さんを見ました。あとやすけんさんも。まぁそれだけで十分ですね!

・2016年のトップ10

10位:「ローグワン」
9位:「ブリッジ・オブ・スパイ」
8位:「X-MEN:アポカリプス」
7位:「スポットライト 世紀のスクープ」
6位:「ハドソン川の奇跡」
5位:「ザ・ウォーク」
4位:「エクス・マキナ」
3位:「君の名は。」
2位:「この世界の片隅に」
1位:「シン・ゴジラ」

<総評>
 今年は方ががベスト3を占めるという珍しい結果です。といってもアニメばっかですけどねー。シンゴジも庵野監督ですし。
 1位は「この世界の片隅に」と悩みましたが、泣きや感動をさそうようなストーリーでもないのにこの面白さ、映画としてのエンターテイメントを見事形にしたと思うのでシンゴジにしました。


・ワースト:「ジョブズ」
 断トツって訳でもなくて敷いてあげるならってというとこです。ジョブズに悪い印象しか持てなかった内容です。


 例年よりかなり簡潔な内容になっちゃいましたが、以上です。今年もよろしくお願いします!(今更)

クリックしてくれると幸いです。