トリトン噴水 Triton Fountain

●2日目 2015年8月5日(水) 夜(マルタ日付)

 ホテルでキニーを飲みながら休憩した続きです。

 19時を過ぎても明るいので再びヴァレッタ観光です。

 バスターミナルにあるトリトン噴水。噴水なのに水がありません。故障中かなにかでしょうか?

ヴァレッタバスターミナル Valletta
 明日バスに乗る予定があるので、乗り場の下見と時刻表を確認しに来ました。

 マルタの移動は基本バスなのでバスターミナルはいつも多くの人で賑わっています。

 乗り場の確認もでき、時刻表も写真に撮ったのでヴァレッタ市街に向かいます。


ヴァレッタ Valletta
 ガイドブックに載っているレストランに行こうと思い、リパブリック通りを真っ直ぐ行って「Wembley Store」のところで左に曲がった通りを進みました。

 なかなかレストランが見つからずどんどん直進していくと、なかなかの絶景にお目に掛かりました。

 なんすかこの坂!下り坂と上り坂両方を一編に見れるじゃないですか!!こんな風景見たことないですよ。

 しかし、これは下る気にはならないですね・・・。


ヴァレッタ猫 Valletta
 レストランが見つからないまま進んでいくと駐車場に来てしまいました。

 駐車場に来たところでどうしようもないから戻るか〜と思った矢先、車の下にマルタ猫発見!(3匹目)



ヴァレッタ猫 Valletta
 さらにもう一匹発見(4匹目)

 ただ警戒心が強くて近づくと逃げちゃうので写真撮るのに苦労しました。


スリーマ Sliema
 猫を追って駐車場の奥へ進むと、なんと海が見えるじゃないですか!端っこまできちゃったんですねー。

 向こうに見えるのはスリーマです。エルモ砦からも見えましたね。

 手前の場所はかなり要塞な感じがします。相変わらずどうやって行けばいいのか分かりませんが。

 人がいるんですが、一般人も入れる場所なんでしょうかね?



ヴァレッタ Valletta
 そして右を見るとこの風景!

 カーマライト教会のクーポラが見える絶景です!

 まさかただの駐車場からこんな素晴らしい景色が見れるとは・・・。流石世界遺産の街ヴァレッタです。

 あの高い塔は何でしょうね?上れるか不明ですが、高いとこ好きなのになぜあそこに行かなかったのだろうと今さら後悔してます。



ヴァレッタ Valletta
 写真で見るとスリーマまで泳いで渡れそうな感じの距離です。


マノエル島 Manoel Island
 ヴァレッタとスリーマの間にある島、マノエル島。

 要塞の痕跡がかなり残っているように見えますね。廃墟マニアにはたまらない島ですよ。

 是非とも行ってみたいんですが残念ながら立ち入り禁止の島です。

 かつては感染症の収容所施設が建設され、病人を隔離していた施設がありました。

 それ聞いちゃうと夕暮れに眺めるのがちょっと怖くなります。なんか出て来そうで・・・。


ヴァレッタ猫 Valletta
 最後にもう一匹猫発見(5匹目)

 駐車場の隅っこにはエサ用の皿があったので、誰かが世話してるみたいですね。



ヴァレッタの駐車場
 駐車場の場所はここ(画像クリックで大きくなります)

 ただの駐車場なんですけど、猫もいるし沢山の絶景が見れる隠れお勧めスポットです!

 でも駐車場ですから車には十分注意して、利用者の迷惑にならないようにしてください。


ヴァレッタ Valletta
 来た道を戻ると、坂の眺めが日が沈んできた効果でより素晴らしいものになっていました。

 特にカーマライト教会が見える通りが最高です。


ヴァレッタ Valletta
 リパブリック通りに戻ると、昼間はあんなに賑やかだったのにお店が殆ど閉まっちゃって閑散としています。

 まだ20時半だというのに早いですね〜。


ヴァレッタマクドナルド Valletta
 この日は結局マルタのマックで夕食を食べました。

 
ヴァレッタマクドナルド Valletta
 クリスピーマックベーコンのセットを注文。

 6.55ユーロと日本よりちょっと高いですかね。

 味はマルタでも変わらない安定のマックです。でもドリンクは有無を言わさずのLサイズ。この辺がヨーロッパクオリティです。





 パレス広場にある噴水が毎時に噴水ショーをやっており、丁度タイミングが合ったので見に行きました。

 正直そこまで凄いものではなかったんですが、最後に女性が噴水をバックに自撮りしようとした瞬間に終了した一部始終が撮れたのでなかなか良い動画になりました。


 21時を過ぎましたが、食後に軽く散歩をしたい気分なのでもうちょっとヴァレッタ散策をします。

・旅行記16へ

・旅行記18へ


クリックしてくれると幸いです。