ヴァレッタ Valletta

●2日目 2015年8月5日(水) 午前(マルタ日付)

 前振りが長かったですがいよいよマルタ観光の始まりです。ちょっとのんびりしすぎて出発が10時半になっちゃいました。

 ホテルを出発してヴァレッタに向かいますが、その道のりがこの坂!それほど急ではないんですが、ヴァレッタに行くときは毎回この坂道を往復しないといけないのかと思うとちょっと・・・。


ヴァレッタ Valletta
 バスターミナルに到着です。ホテルからは5分くらいですかね。

 日本で見た予報では雨ばっかりだったんですが、ご覧の通り雲一つない晴天です!日頃の行いですかね〜。

 でもあっつい!バスターミナルまで歩いただけで汗かいてます・・・。

 夏真っ盛りなんで仕方ないですが、あまり無茶はできない暑さです。ただ日本のように湿気がないので日に辺りさえしなければ快適です。

 その分日差しは強くて、帽子は被ってたので頭や顔は防げましたが、腕はいつも通りノーガードだったんで、この日めっちゃ日焼けしちゃいました。日焼け止めは絶対塗りましょう。


ヴァレッタ・シティゲート Valletta City Gate
 バスターミナルを通っていよいよ世界遺産の街、ヴァレッタ旧市街の入り口が見えてきました。

 さっそくなんか凄い橋が見えるんですけど!



ヴァレッタ・シティゲート Valletta City Gate
 ヴァレッタ旧市街の入り口、ヴァレッタ・シティゲートです。

 なんすかこの要塞っぷりは!まだヴァレッタに入っていないのに興奮状態です!!



ヴァレッタ・シティゲート Valletta City Gate
 ゲート左側を見ると完全に要塞です。

 ヴァレッタすげー、こんな状態のがまだ残ってるんなんて・・・。早くもヴァレッタに来てよかったと感動しています。

 ちなみにこの要塞の上は「ヘイスティングス ガーデン」といって公園になっています。結構穴場な公園なので後で行くことにしました。


ヴァレッタ・シティゲート Valletta City Gate
 シティゲート右側は修復工事中みたいです。

 しかしあの要塞に繋がる橋、その先に何があるのか凄く気になります。

 全く入り口時点で凄くてなかなか先に進めませんよ!



ヴァレッタ・シティゲート Valletta City Gate
 そしてヴァレッタ旧市街に入場。

 入り口が凄ければ街並みも凄い!蜂蜜色のマルターストーンで建てられた建物の街並みは最早絶景です。

 ヴァレッタはマルタストーンで建てられた建物で統一されているので街が本当に美しいです。

 でも左側のお店は普通にお店が入ってて、バーガーキングもあります。ちょっと進めばマックもありますけどそこは仕方ないですかねー。実際私も行ったりしますし。


ヴァレッタ・シティゲート Valletta City Gate
 ヴァレッタ側から見たシティゲートの様子。

 道が広いのがいいですね。街自体はそれほど大きくないんですが、この広い道は迫力があってよいです。


ロイヤルオペラハウス跡 Pjazza Teatru Rjal
 シティゲートをちょっと進むと何やらローマでよく見かけそうな遺跡があるじゃないですか。

 地球の歩き方にも載って無くて行った時はなんなのかよく分からなかったんですが、ここはロイヤルオペラハウスの跡地だそうです。

 第二次大包囲戦の際の空爆で破壊されてそのまま残しているみたいです。


ロイヤルオペラハウス跡 Pjazza Teatru Rjal
 中を覗いてみると、なんと舞台と椅子があるじゃないですか!

 なんでも今は劇場として利用しているみたいです。なんか素敵ですね。

 でも椅子がなんかオペラハウスの跡地の雰囲気にあっていない感じがします。



ロイヤルオペラハウス跡 Pjazza Teatru Rjal
 ロイヤルオペラハウス跡を右に曲がってみます。

 ちなみにいつも通り旅行初日は予定を決めずにとりあえずあてどなく街を歩きます。

 今の時点で最初の目的地は決まっていません。


ヴァレッタ Valletta
 聖ヨハネ騎士団(のちのマルタ騎士団)の総長ジャン・ド・ヴァレットの像がありました。

 1565年にオスマン帝国からの防衛に成功し、彼の名前からこの街がヴァレッタという地名になりました。

 つかヴァレッタって名前カッコ良すぎません?私が今まで行ったとこでも1番かっこいい都市名だと思います。


勝利の聖母教会 Our Lady of Victories Church
 ヴァレットさん像のすぐ前にあるのが、「勝利の聖母教会」です。

 1566年に建てられたマルタ最古の教会です。

 残念ながら中はなぜか入ることができませんでした。


ヴァレッタ Valletta
 大きな通りではないですが、人やオープンカフェで賑わっている通りに進んでみました。

 街中ですがこの眺めは絶景ですねー。ちなみに通りの奥に見えるのは海です。

 なんかの番組でヴァレッタの街は風通しをよくするようにこんな感じの造りにしているそうです。甲冑のままだとかなり暑いですからね。


ヴァレッタ Valletta
 そしてなんといってもヴァレッタは坂道が多いです。

 道によっては端っこが階段になっています。



ヴァレッタ Valletta
 この道に至っては完全に階段のみですよ。

 ヴァレッタの街の高低差は凄まじいです。これは普段の街歩きよりかなり体力を消耗しそうです・・・。


ヴァレッタ Valletta
 今時珍しい電話ボックス。

 ヴァレッタの公衆電話はまだ現役なんでしょうか。赤くて目立ちますね。

 イギリス統治下の名残の物らしいです。

 まだまだヴァレッタ街歩きは続きます。

・旅行記6へ

・旅行記8へ



クリックしてくれると幸いです。