インデペンデンス・デイ:リサージェンス (原題:INDEPENDENCE DAY: RESURGENCE ) 556本目 2016-21
上映時間 2時間
監督 ローランド・エメリッヒ
出演 リアム・ヘムズワース、ジェフ・ゴールドブラム
会場 TOHOシネマズ新宿
詳細 Yahoo!映画参照 

【あらすじ】
 20年経ってスケールアップして再び地球を攻めに来た宇宙人と地球人(主にアメリカ人)との戦いを描いた映画。

【評価 6点(10点満点)】
 目新しいものはないアメリカ映画の王道に沿った普通の内容。前作は事前に見たほうが良い。

 戦闘機でのバトルやでかい宇宙人好きだからまぁ楽しめましたけど、期待ほどではなかったです。ボス倒したらみんな逃げ帰るってのもなんだかな〜。完全に駆逐しないとまた来ちゃうんじゃないですか?

 各地の被害描写がありましたが、どうも地球規模での危機感が感じられないんですよ。この手の映画でよくそれを感じますが、アメリカ映画なので仕方ないすかね。

 最近大作映画にお馴染みになってしまった中国人の登場がまさかこの映画にもあってちょっと残念。でも偉い人のキャラは完全に嫌な奴なのでマイナスイメージにしかなりませんけどね。

 しかも結局2人しかでないのが不自然ですわ。女性パイロットもこれといって活躍せず、結局大統領の娘にくわれちゃってるし。

 前作見たけどウィル・スミスのことしか覚えてないからこの人誰だっけ?の連続でした。ちゃんと予習しておけばもう少しは楽しめたかも。

 息子はまぁ頑張ってましたけど、父親ほどの活躍は見られませんでしたね。つか親父死んじゃってるのに驚きでしたが。無駄死にに終わった感がありますが、元大統領はかっこよかったです。

 眼鏡の役人みたいなキャラ、あれは本当になんなんだって感じです。ボケキャラなのかもしれないですが、いらない感じがしました。

クリックしてくれると幸いです。