ケーブルカー Funicular Railway

●4日目 2015年5月4日(月) 夜(チェコ日付)

 ペトシーンタワーでプラハの景色を堪能した続きです。

 もう少しペトシーン公園を観光したいところですが、まだ買っておきたいお土産があるのでケーブルカーに乗って街の方へ戻ります。


ケーブルカー Funicular Railway
 帰りは混んでなかったので先頭の席をゲットできました。

 操縦席も見れます。意外とボタンが多いですね。そんなに必要なのか疑問です。





 ちょっと木で見辛いですが、プラハの街が見えますね。先頭に座って正解です。

 運転手が顎に手付きながら運転してます。きっと大ベテランで慣れたもんなんでしょう・・・。



プラハ Praha Prague
 マラー・ストラナ地区に戻ってきました。さてお土産をどこで買いましょう。



ブループラハ
 とりあえず2日目に行った「マニュファクチュア」を覗いてみましたが、目的のモノは見つからず・・・。

 そこで旧市街にある「ブルー・プラハ」に行こうと思ったら、すぐ反対に別店舗がありました。ラッキー♪

 そして期待通りのモノを発見!母の日用に何かボヘミアンガラスを買おうと思ってまして、見事に花のグラスがあって購入。

 お値段も予算内で良かったです。固いガラスじゃないので割れにくいし、枯れることもないので良い物買えたと思います。お勧めです。(詳細は最後のまとめで紹介)

 あとついでに父の分にグラスを購入しました。


 荷物が出来たので一旦ホテルに戻ることにしました。特にガラスなんで持ち歩きたくないですしね。

 ここからだと歩いたほうが一番早くホテルに行けますが、時間には余裕があるのでまたトラムに乗りました。


 ホテルで休憩。休み過ぎてもうすぐ21時前になってしまいましたが出掛けます。まずはもう最後ということで旧市街広場にやってきました。

 そこで撮影しようとしたところ、デジカメの電源が入りません。こんなところで故障?と思ったら電池が入ってませんでした・・・。

 ペトシーンタワーで撮影しまくって電池が無くなりかけてたのでホテルでの休憩中に充電してたんですが、そのまま忘れて出かけてしまいました。

 とりあえずスマホで撮影しましたが、やはり夜はスマホの性能では厳しいです。なのでホテルに電池を取りに行きました。


 するとそこでドーンという爆発音が旧市街に響き渡りました!このご時世ということで「ISによるテロ?」というのが頭に思い浮かびました。

 さらに一発では終わらず、連続で爆発音が起こります。目視できる範囲には爆発の様子は見られません。

 「マジなんなん?ヤバいよヤバいよ」と思いつつ、ホテルへ向かいます。

 でもそんな状況の中、街の人々は慌てふためく様子もなく、悲鳴も聞こえません。

 そこで冷静になり、この爆発音が聞き覚えあることに気付きました。

 そしてカレル橋に来て爆発音の正体が判明!


プラハの花火
 なんとヴルタヴァ川で打ち上げ花火をやっているじゃないですか!

 テロじゃなくて一安心ですが、デジカメで撮影ができないので急いでホテルへ戻りました。規模的に大きくないのですぐ終わっちゃう可能性もありますしね。




 再びカレル橋に戻って花火を撮影。まだやってて良かったです。

 小さな小舟で打ち上げているんですね。良く見ると近くにはクルーズ船も。花火を見る特等席ですね。


 バックには光り輝く夜景のプラハ城。花火は決して大きくないですが、花火を見るシチュエーションとしては最高ではないでしょうか!

 世界遺産ですのでむしろ派手な花火は不要ですね。



プラハの花火
 まさか最後の最後でこんな素晴らしい出来事があるとは本当ラッキーでした。

 月曜の夜になぜ花火を上げるのかは不明ですが、日本ではすっかり花火を見に行くことがなくなったので本当嬉しかったです。

 今日一日が最高過ぎたので、明日無事帰れるのか逆に不安になりかけましたよ。



プラハの花火
 ヴルタヴァ川では花火に驚いて白鳥が右往左往しています。

 でも飛び立ちはしないんですよね。上で爆発してるから飛ばないんでしょうかね?


 意外と結構長く花火が打ち上げられてますが、このまま見てると時間がなくなってしまうので、ある場所へ向かいました。まだプラハの夜はこれからです。


・旅行記30へ

・旅行記32へ

クリックしてくれると幸いです。