勝利の聖母教会 Church of Our Lady Victorious

●3日目 2015年5月3日(日) 夕方(チェコ日付)

 チェスキー・クルムロフからプラハに帰ってきました。渋滞で2時間半掛かってしまい、プラハには18時前に到着。

 本来なら行きに集合したマリオットホテルで解散なんですが、特別にマナー・ストラナ側のカレル橋近くで下してくれました。最後まで特別サービスがあってとても嬉しかったです。VELTRAさん最高です。

 車を下りる前に通った勝利の聖母教会というのがプラハのパワースポットということを教えてもらったので、ホテルに戻る前に寄ることにしました。

勝利の聖母教会 Church of Our Lady Victorious
 勝利の聖母教会 は1613年に建てられた古い教会です。祭壇にはスペインから送られた蝋人形の赤子のキリスト像が祭られており、伝染病やら30年戦争からプラハの街を守ったといわれてます。

 中に入ると丁度お祈りの時間だったので前の方には行けませんでした。


勝利の聖母教会 Church of Our Lady Victorious
 流石にここはウロウロして邪魔するのは悪いので少しだけ見て外に出ました。

 記念コイン(2ユーロ)があったので購入しました。記念コインですけどちょっとご利益ありそうです。



プラハの日本領事館
 このまま来た道を戻ってホテルに帰るのもつまらないので通ってないルートを進むことにしました。

 すると見慣れた国旗が掲げられた建物を発見。もしかしてと思って近づくと、やはり日本大使館でした。

 日本大使館、結構ホテル近くにあるんですね。何かあってもすぐ逃げ込めそうです。まぁ普段大使館の場所なんてチェックしてませんけど・・・。


ジョン・レノンの壁 John Lennon Wall
 さらに進むとただの路地なのに沢山の人で賑わっている場所に遭遇。そこにはカラフルな落書きの壁がありました。

 何これ?って壁をよく見るとジョン・レノンの顔が書かれて気付きました。これが噂のジョン・レノンの壁か!一応事前情報として知っていました。


ジョン・レノンの壁 John Lennon Wall
 別にジョン・レノンファンでもないので行く予定はなかったんですが、たまたま行き着きました。ニューヨークでジョン・レノンが住んでいたマンションを見ているのでその縁でしょうかね?

 知らべてみると別にここにジョン・レノンが来たことがある訳じゃなく、撃たれた際にプラハの若者が書いてそっから広がっただけで縁も所縁もない場所だそうで。オノ・ヨーコは後に来たそうです。詳しくはこちら

 それでもこんなファンに有名なスポットになって凄いですね。2014年の11月に一旦キレイにされたそうですが、1年経たずにこんな状況に。

 せっかくなので私も小さく名前書いてみました。削る感じで書いたのでまだ残ってるかな?


錠前
 ジョン・レノンの壁からヴルタヴァ川方面に進むと錠前が沢山着けられた場所に発見。

 なんか見覚えあるなと思ったらミニクルーズで来たチェルトフカ運河じゃないですか!

 ということは例のモノが見れるはず・・・。 


プラハの悪魔
 思った通り見れました!運河にいる悪魔の正面の姿。

 ふーむ、確かに悪魔っぽい面してますね。夜に見たらちょっと怖いかもしれません。

 
 ヴルタヴァ川にぶつかると流石にカレル橋を渡らないと行けないのでカレル橋に向かって旧市街地区へ行きました。


 カレル橋を渡るとすぐ近くにある聖ニコラス教会の前でトランペットの演奏がありました。

 夜にコンサートがあるのでそのチケットの宣伝のようです。近いしちょっと見ようかなって思いましたが、今日は移動の疲れもあって寝ちゃいそうなのでやめました。


聖ニコラス教会 St. Nicholas Cathedral
 ついでに聖ニコラス教会の中も見学。コンサートの準備中なのか入り口までしか入れませんでした。

 祭壇は結構豪華ですね。ここでのコンサートは良さそうです。



聖ニコラス教会 St. Nicholas Cathedral
 天井の絵も凄いです。

 その後は一旦ホテルに戻りました。でも、まだこの日の観光は終わりませんよ。


・旅行記20へ

・旅行記22へ

クリックしてくれると幸いです。