チェスキー・クルムロフ Cesky Krumlov

●3日目 2015年5月3日(日) 昼(チェコ日付)

 寒い中待ち続け、やっとチェスキー・クルムロフ城内見学ツアー開始です。城内も寒いですが、外に比べたらマシです。

 残念ながら城内は撮影禁止ということで写真はありません。しかも見学ツアーは英語でガイドさんは一緒に来ません。

 でも事前にガイドさんが日本語の解説用紙をくれたのである程度は城内のことが分かりました。

 写真が無いので流石にもうどんなんだったかあまり覚えてないですが、小さくても城ということでなかなか豪華な内装でした。

 でっかい豪華な馬車と最後の踊ったりする広い部屋が記憶に残ってます。城の内装に興味がある人はいいけど、そんなにお勧めではないです。

チェスキー・クルムロフ Cesky Krumlov
 城内見学ツアーを終えてガイドさんと合流。そろそろお昼時なので昼食を食べに街に向かいました。

 城と比べると街中の方が観光客が多いです。


チェスキー・クルムロフ Cesky Krumlov
 見事な中世ヨーロッパの街並みです。

 でもやはり観光地ということで街の入り口周辺はお土産屋さんが多いですね。でもこじんまりしてるので正にスーベニアショップという感じがしないのが良いです。

 宝石屋さんにはチェコで取れるパワーストーン「モルダバイト」が売ってました。チェコでしか取れないという天然ガラスだそうでなかなか貴重みたいですね。きれいでちょっと欲しいなって思いました。



チェスキー・クルムロフ Cesky Krumlov
 ヴルタヴァ川に掛かる橋を渡って街の中心に向かいます。



チェスキー・クルムロフ Cesky Krumlov
 プラハから流れているヴルタヴァ川。

 この川に沿って北上すればプラハに辿り着けるって訳ですね。


チェスキー・クルムロフ Cesky Krumlov
 そのヴルタヴァ川なんですが2002年8月に大氾濫を起こしました。

 その痕跡がこの川沿いの建物で見られます。1階の窓の辺りなんですが、よく見ると白い壁が若干汚れてますよね。

 なんとそこまで川の水かさ増したそうなんです!1階部分まるまる飲み込まれてるじゃないですか!!

 橋も壊れてしまったそうで、さぞかし凄い氾濫だったんですね。無事復興できて良かったです。


チェスキー・クルムロフ Cesky Krumlov
 チェスキー・クルムロフの橋にも聖ヤン・ネポムツキーの像があります。

 本当にチェコで人気の聖人なんですね。ちなみに反対側にはイエス・キリストの像がありました。


チェスキー・クルムロフ Cesky Krumlov
 さらに街中を進んでいきます。

 良い街並みですねー。旧市街好きとしてはたまりません!

 屋根は赤で統一されてるんですが、壁の色は結構カラフルなんですね。

 まぁ屋根はいいとして壁まで全く一緒だと流石に味気ないですからね。ド派手な色使いでなければ全然OKです。


チェスキー・クルムロフ Cesky Krumlov
 なんか恐ろしそうな絵画展?がやっているようです。


チェスキー・クルムロフ Cesky Krumlov
 なんか人が覗いてる!

 と見せかけて騙し絵です。城だけでなく街中にも騙し絵が結構あります。

 しかし、人まで描かれるとちょっと夜とか怖いんじゃないですかね?目とか光ったりしませんよね?


チェスキー・クルムロフ Cesky Krumlov
 このレストランの壁も騙し絵です。

 ただ写真の撮り方のせいなのかあまり立体的には感じませんね。


チェスキー・クルムロフ Cesky Krumlov
 窓の格子にビンやナイフ・フォークを使っておしゃれです。

 時計をモチーフにしてますね。


チェスキー・クルムロフ Cesky Krumlov
 街中で一際目立つ建物がこれ。

 高い尖塔の聖ヴィート教会です。角ばった感じの塔がいいですね。


チェスキー・クルムロフ Cesky Krumlov
 1439年に建てられたゴシック様式の教会です。

 プラハ城には聖ヴィート大聖堂がありましたね。聖ヴィートってよく付けられてる名前なんでしょうかね?

 なんかあまり多いとチェーン店的な感じがしてあまりありがたみを感じないんですけど・・・。

 中にも入りましたが、何故か写真がないです。撮影禁止だった訳ではないと思うんですが、なんかミサとかやってたかも?パイプオルガンが見所です。


・旅行記17へ

・旅行記19へ


クリックしてくれると幸いです。