カレル橋博物館

●2日目 2015年5月2日(土) 午後(チェコ日付)

 ヴルタヴァ川クルーズで楽しい一時を過ごした後は、すぐ近くのカレル橋博物館に行きました。クルーズチケットに付いてたのでついでです。

 でもクルーズ船に乗ってた他の人はあまり行ってませんでした・・・。

 なので空いてましたよ。カレル橋は凄い混んでいるというのに。穴場です!


カレル橋博物館
 カレル橋建設当時の様子の模型。

 なるほど、建設している時は離れたとこから道をひいて足場を作ってたんですね。



カレル橋博物館
 昔のカレル橋の絵。

 この頃はまだ聖人の像はないんですね。


カレル橋博物館
 カレル橋建設に使った道具の展示。



カレル橋博物館
 マネキンもあって当時の様子を再現してます。



カレル橋博物館
 カレル橋を建設させたカール4世さん。

 白目で怖い。FFに出てくるボスキャラっぽいです。



カレル橋博物館
 橋の内部?にも入れたりします。

 よく見るとこの階段今にも壊れそうな脆さ感・・・。崩れなくて良かったです。

 ここから外の様子が見れれば良いんですけど、壁しか見れません。残念・・・。



カレル橋博物館
 クルーズ船船員の歴代セーラー服ですかね。

 そんなことより左端のマネキンの髭の量が顔面と全く合ってないのが凄く気になりました。



カレル橋博物館
 祭壇らしきもののありました。

 みんな作業を始める前にここで祈ってから仕事したんでしょうかね。



カレル橋博物館

カレル橋博物館
 さっきとは別で橋の内部?に入れる場所。

 こちらはちゃんと整備されている様子でした。


 そんな感じのカレル橋博物館。そこそこ楽しめます。

 それほど広くないのでさらっと見学できますよ。



マトリョーシカ
 カレル橋博物館の反対側にあるお土産屋さんが密集しているとこに行ってみました。

 ソ連に支配されてたせいかマトリョーシカが沢山売っています。でもチェコでは特に買う気にならりませんが。


 他にもチェコ特有のお菓子のお土産も売ってますが高いのでここでは買わない方がいいです。あとで行くスーパーと比べましたがスーパーが断然安いです。



トゥルドロ
 その後は昨日の夜に見つけたチェコ伝統の菓子パン、トゥルドロを売っているお店に行きました。

 カレル橋から旧共和国広場へ向かう道にあるお店です。行った時も結構並んでる人気のお店です。


トゥルドロ
 トゥルドロを焼いている様子。この焼いているいい匂いにつられてしまいます。


トゥルドロ
 チョコ付きのもあります。めっちゃ垂れてこぼれてるのは気にしない。

 本当はそれが食べたかったんですが、うまく注文できずに普通のになってしまいました。残念・・・。


トゥルドロ
 トゥルドロ1個は70CZK(約370円)。その場で食べるに大きくて食べ辛いのでホテルに戻って食べることにしました。

 揚げパンに近い感じですかね。結構食べごたえあります。私としては昼飯はこれでOKな感じです。

 美味しくて気軽に食べれるのでチェコに行った際は是非!


 ちなみに部屋の清掃はまだでした。まぁトゥルドロボロボロこぼしちゃたから丁度いいか。

・旅行記11へ

・旅行記13へ


クリックしてくれると幸いです。