プラハ城 Prague Castle

●2日目 2015年5月2日(土) 午前(チェコ日付)

 聖イジー教会を出てプラハ城の奥の方へ進み黄金小路にやってきました。ここも入るのにチケットが必要です。

 黄金小路は昔この地に錬金術師を集めて住まわせたという伝説から名づけられたそうです。実際は金細工職人の居住地だそうで。

 道が狭いせいか観光客でごったがえしています。まずはすぐ目の前に小屋に入ってみました。

プラハ城 Prague Castle
 小屋の入り口にいきなり甲冑がお出迎えしてくれました。

 そのまま2階に移動します。


プラハ城 Prague Castle
 お土産屋があったので覗いてみると普通に兜や剣が売ってます。ガントレットも売ってましたかね。

 流石お城ですね。強そうな武器が手に入ります。

 この剣は日本だと銃刀法違反になるんでしょうか?流石に切れないと思いますが、多分ダメな気がします。

 ここでは小さな兜の首飾りを購入しました。



プラハ城 Prague Castle

プラハ城 Prague Castle
 2階の奥の方で列ができていたのでとりあえず並んでみたら、拷問器具の展示でした。

 ちょっと長年掃除していない物置っぽい感じもしますが、針だらけの椅子は完全に拷問器具ですね。見てるだけで痛くなってきます。

 仮面が面白いデザインなんですが、拷問する人がする仮面ですかね?あんなんで迫られてもちょっと笑ってしまいますよ。



プラハ城 Prague Castle
 剣が沢山あります。



プラハ城 Prague Castle
 子供用の甲冑もあります。

 こんな子供戦わなければいけなかったんですね・・・。



プラハ城 Prague Castle
 銃も沢山。


プラハ城 Prague Castle
 まだまだあります、剣。

 流石に剣は飽きてきました。


プラハ城 Prague Castle
 螺旋階段が狭いので上り下りが大変です。一人しか通れませんよ。



プラハ城 Prague Castle
 そしてやってきました。黄金小路の最大の見どころ、防衛の回廊です!



プラハ城 Prague Castle
 おもしろ様々なデザインの兜や甲冑がずらりと展示されています。


プラハ城 Prague Castle
 ドラクエでもお馴染みの鎖帷子ですね。

 頭から指先まで完全にガードできる優れものですね。しかし、指まで入れてちゃんと剣が握れるのかが疑問ですが・・・。


プラハ城 Prague Castle
 割と普通の甲冑。

 頭部がとんがっているのでスーパー頭突きをしたら大ダメージを与えられそうです。


プラハ城 Prague Castle
 凄く鳥っぽいデザインの甲冑。

 竜騎士ならぬ、鳥騎士?特殊コマンドは「突っつく」ですかね。



プラハ城 Prague Castle
 前見えるのかが気になる甲冑。

 いや、それ以上に股間部分が気になる甲冑です。

 まぁ用を足すのには便利かと思いますけど、防御力が下がってません?



 

 BGMもいい感じです。

 
 いやー、黄金小路いいですね。中世の武器や甲冑が満載で凄く楽しいです。男子は絶対見に行くべきです。

 黄金小路には他にもお土産屋さんが沢山あったり、カフカが住んでいた家もあります。でも、時間が無かったのでそこはスルーしました。まぁカフカには特に興味ないですしね。


プラハ城 Prague Castle
 黄金小路の近くにあった、股間が黄金な像。

 なんかご利益があるやつですね。割と女性が触ってました。私はノータッチです。


・旅行記8へ

・旅行記10へ


クリックしてくれると幸いです。