シェラトン イスタンブール アタコイ ホテル

●7日目 8月29日(金) 早朝(トルコ日付)

 トルコ旅行7日目の朝です。早い物でとうとうトルコで迎える最後の朝になってしまいました。いつものことながらあっという間に日々が過ぎで行きます。

 この日6時半から朝食ということで6時に起床。日の出は6時半頃と丁度良いタイミングでした。


シェラトン イスタンブール アタコイ ホテル
 昨日はすでに夜だったので景色が良く見えませんでしたが、オーシャンビューの部屋だったんですねー。地図見ると海沿いに建ってるホテルだからそりゃそうか。

 マルマラ海を見ると朝っぱらから凄い数の船がイスタンブールに向かってるじゃありませんか!なんじゃこりゃ!!

 でもこんな一斉に来ても停泊できないと思うんですが。順番待ちの列ですかね?船の渋滞なんて初めて見ましたよ。

 他の国でも海沿いの大都市だとこんな感じなんですかね?


シェラトン イスタンブール アタコイ ホテル

シェラトン イスタンブール アタコイ ホテル
 シェラトンの朝食ビュッフェ。ツアーの中ではまた一番乗りです。そのすぐ後にKさん親子が来たので一緒に食べました。

 やはりシェラトン、朝食も豪華でした。でも結局食べるのは毎回同じようなメニューなんですけどね。

 ゆでたまごを専用?の皿のたまごを乗せるくぼみの下に塩があったのは流石だなって思いました。他にはトマトの皮が剥いてあったり、カップのヨーグルトやドライフルーツがあったり。

 ただ7:45が荷物の回収時間なのであまりゆっくりできませんでした。そんなの先に済ませとけって話ですけど、朝食後に使うものとかもありますしね。


シェラトン イスタンブール アタコイ ホテル
 思ったより早く荷物整理が終わって出発まで時間が出来てしまったので、ちょいと下に降りて海を見に行くことにしました。

 下に降りるといましたトルコ猫!しかし、この時完全手ぶらで来てしまったので残念ながら写真はなしです・・・。4,5匹はいたんですけどねー。

 猫にお別れを告げ海に向かいますが、これが思った以上に遠い・・・。上から見た時は近く感じたんですけどねー。まぁでかいホテルでよくあることです。

 なんとか海の近くまで来れましたが、ゆっくりしている時間もなくそのままリターン・・・。結構歩いてしまったのでオーバーワーク気味な早朝散歩になってしましました。


シェラトン イスタンブール アタコイ ホテル
 部屋に戻るといい感じの朝日が見れました。最終日まで天候に恵まれて良かったです。

 船の行列は相変わらずですが。


 この日は気のアキンさんのお店で買ったガラタサライのTシャツを着ました。着心地はGOODです。

 しかしここで問題発生!なんとあーちゃんはガラタサライのライバルチームのファンだったのです。どこのチームかは忘れましたが・・・。ベシュタクだったかな?

 というわけであーちゃんに敵認定されてしまい、この日は執拗な嫌がらせを受ける羽目になりました(嘘)

 いや別にガラタサライのファンじゃないし、そもそもサッカーに興味ないんですけどね・・・。サッカーチームのTシャツやユニフォームを着る際はガイドがどこのファンなのか気にする必要がありますねー。



トプカプ宮殿
 そんな感じでシェラトンホテルを後にしてトルコ最終日の観光スタートです。

 ホテルから30分くらいで到着したのがトプカプ宮殿。世界遺産「イスタンブール歴史地区」に含まれる建物です。

 15世紀から19席頃までオスマン帝国の君主が住んでいた宮殿です。7代目スルタンのメフメト2世が造営しました。

 しょっちゅう保存修復されていて、現在は博物館として使用されています。


 宮殿の正門「帝王の門」には銃を持ったトルコ兵士が警備しています。これは日本じゃ見れない外国ならではの光景ですねー。



トプカプ宮殿
 さらに外廷の正門「挨拶の門」を通って中に進みます。


トプカプ宮殿 ハーレム
 トプカプ宮殿で最初に見学したのがハレム。

 ハレムとは宮殿内の女性たちの居住区で、スルタンとその皇子以外は男性禁制の場所です。

 中でのガイドはできないとのことで入る前にあーちゃんが説明してくれました。


トプカプ宮殿 ハーレム
 ハレムの入場にはトプカプ宮殿のとは別に入場料が掛かります。


トプカプ宮殿 ハーレム
 ハレム内部の様子。タイルがきれいですねー。


トプカプ宮殿 ハーレム
 黒人奴隷の部屋。


トプカプ宮殿 ハーレム
 男性禁制ですけどエジプトから連れてこられた黒人の奴隷もいたそうです。ハレムの警備や外交を取り仕切ってたとか。

 大事な女性を奴隷と同じとこに住まわせていいのかって思いますが、きれいな部屋のように見えるから奴隷っていうほど酷い扱いを受けてはいないのではと思ったり。



トプカプ宮殿 ハーレム
 内装が本当にきれいです。


トプカプ宮殿 ハーレム
 この色合い、暑いトルコでも涼しく感じますねー。


トプカプ宮殿 ハーレム
 水道が整備されている?


トプカプ宮殿
 「鏡よ鏡、この世で〜(以下略)」ってセリフを言いたくなる鏡ですね。


トプカプ宮殿 ハーレム
 ステンドグラスも細かくて美しいです。


 なかなか見応えあるハレム見学でした。時間に余裕があったら見て損はないかと思います。


 ハレム見学を終えた後ちょっとした問題発生。ハレム内は各自自由見学で見終わったら出口付近に集合なんですが、おじいさん一人がいつまで待ってきません。

 これはヤバいのではと思いましたが、携帯で連絡が取れるとのことで事なきを得ました。便利な世の中になりましたね。ちなみに私はお金が掛かるからローミング設定はしてないので電話は繋がりません。ダメですね。


トプカプ宮殿
 お次は宮殿内の見学です。こちらも見学は各自自由行動です。

 こちらはハレムと違って既に多くの観光客でにぎわってます。メインの宝物館はご覧のとおりすでに長蛇の列・・・。

 ですが、宝物館を見ないことにはトプカプ宮殿に来た意味がないので仕方なく並びます。思ったより回転早くて15分くらいで中に入れました。

 残念ながら宝物館は撮影禁止ですが、凄かったです。オスマン帝国の凄さが分かりますね。まぁ写真ないんで何を見たかはあまり覚えてないんですが、その名と通りに豪華なお宝が沢山ありました。

 唯一印象に残っているのが86カラットのダイヤモンド。ダイヤに対して興味はないんですが、このでかさになる魅かれますね・・・。

 ガイドブックで良く見るトプカプの短剣が見れらなかったのは残念。大きなエメラルドが埋められてるとのことで見たかったんですけどねー。


トプカプ宮殿

トプカプ宮殿
 トルコ絨毯が展示されていた場所。スルタンが使った絨毯ですかね?


トプカプ宮殿
 宮殿からは海が見えます。

 バーダット・キョシュキュってとこにも入ってみたかったんですが、ここも並んでて時間的に集合時間に間に合いそうもなかったので断念しました。



トプカプ宮殿
 幸福の門。



トプカプ宮殿
 そういえば入場時には荷物検査がありました。やっぱイスタンブールは色々厳しいですねー。



トプカプ宮殿
 まだ昼前ですが、観光客が沢山です。これからさらに増えていくんでしょうねー。


トプカプ宮殿
 バスで連れってくれるので場所を一切把握してないのですが、実はアヤソフィアのすぐ近くだったんですね。主要な観光スポットが集まってて観光しやすくていいですね。素晴らしいイスタンブール。


・旅行記25へ

・旅行記27へ


クリックしてくれると幸いです。