カッパドキア刑務所

●5日目 8月27日(水) 午後(トルコ日付)

 カイマクル地下都市の見学後もまだまだカッパドキア観光は続きます。

 写真は次の目的地の途中に通ったアーちゃん曰く、無料で泊まれる施設です。宿泊の条件は犯罪者であることだそうで。

 いわゆる刑務所ってとこですね・・・。こんな観光地のカッパドキアにも刑務所なんかあるんですね。

 でも仮にプリズン・ブレイクする人がいて奇岩に逃げ込んだ場合、捜索するのめっちゃ大変だと思いますが。

ウチヒサール
 気球の時にも見えたウチヒサルに到着。

 別に猿に似てる岩ではないです。ウチヒサルとは「尖った砦」という意味です。ウチヒサル城とも呼ばれたりもしてます。


ウチヒサール
 いやー、これまでカッパドキアの奇岩の中でも断トツにかっこいいですね。そら城にもなりますわ。本当の天然の要塞ってやつですかね。

 後で知ったんですが、ウチヒサルは中に入ったり登ったりできるみたいですね。まぁ見た通り結構危険で事故もあったそうですが・・・。

 でもその分眺めは最高だそうなんで、高いとこ好きの私は登ってみたかったんですがねー。

 今回は離れたとこから見るだけです。まぁここも撮影するにはベストスポットかなと思います。

 なんかラクダもいたんですが、撮影したら金とられるやつでした。


カッパドキアの展望台
 お次はカッパドキアの展望台へ移動。

 ここの眺めも最高ですね。


トルコアイス
 そしてここで念願のトルコアイスを食べました。

 カイマクル地下都市のとこでもあったのでそこで食べようかなと思ったんですが、誰も買う気配が無かったので断念。

 でも、ここにきてみんなトルコアイスを食べました。

 みんな食べるということで列ができたのでトルコアイスお馴染みのパフォーマンスを見ることはできませんでしたが。


トルコアイス
 ピスタチオとバニラのトルコアイス。

 想像ではすげー伸びるのかと思ってましたが流石にそこまでじゃなかったですね。

 でも、逆さにしても落ちないし、普通のアイスよりは伸びます。味もちゃんと美味しかったですよ。



ゼルベの谷
 また移動して今度はゼルベの谷というキノコ岩が沢山あるところにやってきました。

 カフェや土産屋も多くあって観光客もいてそれなりに賑わってるスポットです。


ゼルベの谷
 本当にキノコ岩ばかり!


ゼルベの谷
 ここはフリータイムで自由に歩き回れました。


ゼルベの谷

ゼルベの谷
 露店があったり、ここにもトルコアイスを売ってました。

 なんかどっかの観光客のおっちゃんがアイス売ってる人と一緒になってパフォーマンスを盛り上げてました。


ゼルベの谷
 どうやら奥まで行くと岩の中に入れるみたいので、行ってみることにしました。

 ラクダはばれないように撮影したのでお金取られてませんよ。


ゼルベの谷
 こっから中に入れるみたいですね。

 段差があるので結構入るのが大変です。


ゼルベの谷
 これは一緒のツアーの方の写真なんですが、真ん中穴にいるのが私たちです。見事に岩の中にいますねー。

 さてこの岩なんですが、さらに2階分ほど上に登れることができます。

 ですがそれがちょっとしたくぼみを使って上るのでかなり大変なんです。ちっちゃい子供だとまず届かない高さですし。

 それなりに自信があったんですが、ちょっと苦労しました。同じツアーの大学生の男の子は簡単に登っちゃいましたね。流石若いと違いますね・・・。ちょっと助けてもらっちゃたりもして。

 ちなみに上ったのは私とその大学生男子だけでした。



ゼルベの谷
 登りきると岩の外に出るスペースがあります。

 結構高くて良い眺めです。人の小ささ具合で分かりますかね?

 でも足滑らしてすると確実に岩から落ちて死ぬような場所です・・・。今思えば結構危険なことしましたねー。

 この写真の特徴的な岩、3枚前の写真を見ると写ってるので分かると思いますが、そのちょっと下くらいの岩肌に立ってましたかね。


 登るのも大変でしたが、どっちかというと降りるのが大変でしたかね。登ときに使ったくぼみに足を掛けて降りるのがほぼ無理な感じだったんで飛び降りるしかないんですが、ちょっと躊躇う高さなんですよ。

 ちょっと決心するのに時間が掛かりましたが、もう飛び降りないと降りれないので飛びました。足がジーンとしましたが、ケガなく降りれました。もうこういうのは自重してかないとダメですかねー。



ギョレメの街
 ゼルベの谷でカッパドキアの奇岩見学は終了でホテルに戻ります。

 この日は夜にもイベントがあるので、それまで自由時間です。

 ホテルからギョレメの街へは歩いて行ける距離なので、ホテルに戻ってすぐに出かける人もいました。

 私はちょっと疲れたのでまず風呂に入って、夕食を食べてそれからギョレメも街に行きました。

 
 ホテルを出ると犬がいて私の近くに寄ってきました。エサ目当てなんでしょうが、生憎持ち合わせはないです。


ギョレメの街
 エサもないのですぐにどっか行くと思ったら着いてくるじゃありませんか。

 というか着いてくるというよりは前を行くのでもしかしてギョレメも街まで連れてってくれるというわけですかね?

 まぁこの一本道を真っ直ぐ行けばいいので案内して貰うほどでもないんですが・・・。


ギョレメの街
 ギョレメの街に着くと日も沈んできましたが、街の明かりで賑やかでした。

 とりあえず適当にぶらつくことに。

 ちなみに犬は途中にあったレストランで止まってそこで着いてこなくなりました。街の中まで案内して欲しかったんですけどね。まぁ車が結構走ってて危ないから来ない方がいいかも。


ギョレメの街
 あまり目ぼしい店がないのでそろそろホテルに戻ろうかなと思ったところでスーパーを発見。

 やっぱ海外のスーパーに入るのは基本ですよね。

 お土産のお菓子を買いました。


 まぁこの後イスタンブールでもっと大きいスーパーに行く機会があったんで別にここで買う必要は無かったんですがね・・・。

 帰り道に若干迷いましたが、丁度同じツアーの方がいて事なきを得ました。夜のイベントに遅刻、あるいはホテルに帰れなくなるとこでした。ありがとうございます。


・旅行記17へ

・旅行記19へ


クリックしてくれると幸いです。