カッパドキアの気球

●5日目 8月27日(水) 早朝(トルコ日付)

 トルコ旅行も5日目です。この日のモーニングコールは4時15分。

 なんでそんなに早いのかというとカッパドキアの名物気球に乗る為です。

 今回の旅行で一番楽しみにしてるのがこのカッパドキアでの気球体験なんですよ!丁度去年墜落して死人が出たしたけど。

 ホテルを出発して10分程でまず気球を飛ばしている会社へ移動です。

カッパドキアの気球
 待合室の様子。

 5時だというのに多くの人がいます。待合室では軽食や飲み物が頂けます。朝食を食べれずに来ましたが、気球に備えて控え目にしときました。空中でトイレに行きたくなってもどうしようもないですからね。

 気球はこのツアーではオプションなんで希望者のみが参加です。まぁ高所恐怖症だったり去年の事故の不安もありますからね。でもツアーの殆どの人が参加でした。

 お金は当日現地で支払いです。クレジットカードもOKですが、その分手数料も取られるので現金払いの方がいいかと思います。

 出発前にトイレを済ませ、いよいよ気球乗り場へ移動です。


カッパドキアの気球
 20分程車で移動すると何もない平原に到着。

 辺りも明るくなってきて周りの風景が認識できるようになると見えてきました、沢山の膨らまし最中の気球が!

 テンション上がってきましたよー。


カッパドキアの気球
 そして私たちが乗る気球前に到着。めっちゃ火出してて膨らんでます!

 気球をこんな間近えで見るの初めてなんですが、でかいですねー。圧倒される大きさでした。

 やはりこれくらいの大きさじゃないと飛べないんですかね。


カッパドキアの気球
 そしていよいよ乗り込みます。

 特に踏み台とかないんで乗り越えるのがちょっと大変ですかね。私は余裕ですけど。

 配置も特に気にすることなく自由でした。ちょっとくらいの重量バランスが偏っても大丈夫なんでしょうね。まぁそこは信じるしかないか・・・。


カッパドキアの気球
 こっから炎がゴォォォォってでます。思った以上に大きな音出します。

 これが操縦桿の役割を果たすんですね。



カッパドキアの気球
 ガスボンベもちゃんと複数搭載です。



カッパドキアの気球
 いよいよ飛びます!

 飛び始めたら一気に上にがりましたね。上昇スピードがものっそい早いですよ。

 あーちゃんと添乗員さんは乗らずに見送りですが、あっという間に豆粒になってしまいました。


カッパドキアの気球
 上昇しきると目の前にはカッパドキアの素晴らしい風景が広がります。

 もうこっからは多くは語りません。感動の風景の連続で言葉にするだけで野暮です。

 とにかく素晴らしい景色をご覧あれ。


カッパドキアの気球

カッパドキアの気球
 日本の旅行会社が掛かれた気球も飛んでいます。

 ちなみにJTBはなかったです。

 広告みたいなもんで、その会社のツアーだからといってその会社が書かれた気球に乗れる訳ではないそうです。まぁ正直あんま日本語のには乗りたくないんでいいんですけど。


カッパドキアの気球
 日の出の時刻6時5分を過ぎてきたので太陽が見えてきました!


カッパドキアの気球
 奇岩がちらほら見えるとこに来ました。


カッパドキアの気球
 カッパドキアの風景も凄いんですけど、この数えきれないほどの気球が飛んでる様子も凄いです。

 なんでも最大1000個まで飛ばせるそうです。1000って1つの気球に20人乗るとすると2万人?

 2万人が気球に乗ってるとこって早々ないんじゃないですかね?


カッパドキアの気球
 沢山の気球にカッパドキアの不思議な風景。最高すぎる・・・。




 空の旅はまだまだ続きます。


・旅行記13へ

・旅行記15へ


クリックしてくれると幸いです。