トルコ

●4日目 8月26日(火) 夕方(トルコ日付)

 シルクロードを通ってカッパドキアに向かいます。シルクロードは皆さんご存知のあのシルクロードです。今や普通の舗装された道路ですが、すんごい長いです。

 ずっとこんな風景ですけど、夕方時のだだっ広い風景ってなんかいいですよね。少し雲があるのがポイントです。

カッパドキア
 カッパドキアの近くまでくると山に馬がいました。

 カッパドキアの地名には「美しい馬の地」という意味があるからですね。

 遠いのでどのくらいの高さの山でどのくらい大きいのか分かりませんが、手入れが大変そうです。



カッパドキア
 山になんか遺跡っぽいのがありました。

 多分名もなき遺跡なんでしょうけど、こうゆうポツンっって取り残された感の遺跡ってなんかそそられますね。まだ見ぬ秘密が隠されてそうで。



カッパドキア
 そして着きました、カッパドキア!

 奇岩だー!面白い岩が満載だー!テンション上がってきましたよ。

 何を隠そう、トルコで一番楽しみにしてたのがカッパドキアなんです。落ち着けってのが無理な話ですよ。



カッパドキア
 ホテルに向かう前にツアーでお馴染み、まず先にお土産さんに立ち寄りました。

 でも希望者のみなのでよいツアーかと思います。

 結局ほぼみんな来ましたけど。私もちょっと欲しかったので行きました。


 ツアー立ち寄り店ということで店員さんの日本語が達者だこと達者だこと。説明してくれた人はもうネイティブかってレベル。ここトルコですよね?

 ウェルカムドリンクとして冷たいアップルティーを頂きました。普通にリンゴジュースで美味しかったのでお土産に買おうと思いました。


 さてトルコ石なんですが、予想外に結構なお値段しますね・・・。もうちっとお手軽に買えるかなーっと思ってたんですけど本物となるとやっぱ違いますわ・・・。

 でもどうしても記念に欲しかったので、あーちゃんに頼んで値段交渉してもらって買っちゃいました。物は最後のまとめ記事で紹介します。値段は秘密にしますけど。



ギョレメ・カヤ・ホテル
 そして今夜宿泊するホテルに到着。

 洞窟ホテルの「ギョレメ・カヤ・ホテル」です。



ギョレメ・カヤ・ホテル
 昼間の時の外観。

 着いたときは暗くて気付かなかったですが、キノコ岩がありますね。



ギョレメ・カヤ・ホテル
 階段の様子。

 本当に洞窟なんですねー。若干内部が複雑で方向音痴な人は迷うかも?

 当然エレベーターはありません。つっても3階までしかないですけど。


ギョレメ・カヤ・ホテル
 そして私のへはこんな感じです。

 洞窟ですけどやはりクーラーは必要です。



ギョレメ・カヤ・ホテル
 TVと冷蔵庫も完備。TVはNHKが見れました。



ギョレメ・カヤ・ホテル
 ベッドは別の部屋。


ギョレメ・カヤ・ホテル
 バスルーム。ここもちゃんとバスタブありです。


 そのバスタブでちょっと問題発生。バスタブの中を見たらクモがいたのですかさずシャワーで流そうとしました。

 しかし、風呂の栓があまり開いておらずなかなか流れてくれません。そこで蛇口をひねって栓をもっと開けようとしたら間違って閉めてしまいクモをグチャリ・・・。若干足がはみ出てますね・・・。

 やっちゃったのは仕方ないので栓を開けようとしますが、これがどうひねっても開かない・・・。

 なんで添乗員さんに電話で頼んでホテルの人を呼んでもらうことにしました。どうやら他の部屋でも同じことが起きてて来るのにちょっと時間が掛かるとのこと。

 てっきり添乗員さんも一緒に来てくれるのかなと思ったら、訪ねてきたのはホテルの人オンリー。

 まぁ事象は添乗員さんが伝えて分かってるはず。風呂場についてきてもらって栓を指さして「ノット オープン」って言ったらささっと直してくれました。

 このホテルに泊まる際は、バスタブにお湯を貯める前にちゃんと栓の開け閉めができるのを確認しないとダメですね。


ギョレメ・カヤ・ホテル
 部屋の窓からの眺め。

 暗くて分かりづらいですが、抜群の眺めです。

 右下にある食堂の様子も良く見えます。


カッパドキア
 翌日、岩に沈む太陽がバッチリ見えました。

 




 何を隠そうなんとこの部屋、スウィートルームなんです!別に追加料金払ってないですよ?

 なんでスウィートルームに泊まれることになったのかは分かりませんが、添乗員さんからはツアーの他の人には言わないよう口止めされました。多分ランダムで選んで運よく当たったということなんでしょう。

 スウィートルームなんて泊まったことないから、思わず動画撮っちゃいましたよ。

 でも正直1人じゃ持て余します。だって風呂入って寝るくらいしか使いませんし・・・。

 部屋も1つで十分ですわ。クーラーの冷気がなかなか寝室まで来ないんすよ・・・。

 4人家族の男の2人部屋も見させてもらいましたが狭かったです。むしろその親子が使うべきかなと思いましたが、キングサイズのベッドが1つだからそれは無理か・・・。その部屋はちゃんとベッド2つあったし。


 ちなみに後で他の1人参加者の方に聞いたら、1人私と同じくスウィートルームに泊まった人がいました。私だけじゃなかったんですねー。


 ここのWi-Fiは繋がりはするものの若干弱かったような。



ギョレメ・カヤ・ホテル
 夕食は例によってビュッフェ。今日はエフェスビールを飲みました。

 スープは昼に飲んだのと同じでピリ辛で美味しいやつです。あと骨付き肉とデザートが美味しかったです。ビュッフェといえど、やはりホテルによって料理は違うので飽きないです。



4日目
 4日目の移動経路。

・パムッカレ〜コンヤ:約6時間/440キロ
・コンヤ〜カッパドキア:約3時間30分/230キロ

・4日目の合計:約9時間30分/670キロ

●総合計:約25時間45分/1630キロ

 4日目は移動時間の最高記録を更新しました。まぁメブラーナ霊廟しか観光してませんしねー。


 さて、明日は4時起きなんで早く寝ないと。


・旅行記12へ

・旅行記14へ


クリックしてくれると幸いです。