コンヤ

●4日目 8月26日(火) 昼(トルコ日付)

 昼食を終えて1時間半ほど移動してコンヤという街に到着。

 トップ画像のこの未来的な建物が何なのかすげー気になります。

コンヤ
 遺跡っぽいのがあります。


コンヤ
 トラムが走ってます。

 トラムがあるとヨーロッパの街に思えてきちゃいます。



コンヤ
 噴水。よくみたらセマー(回転旋舞)をしている人のオブジェですね。





 マックもあったし、結構栄えている街みたいです。


メブラーナ霊廟
 バスを降りて向かったのはメブラーナ霊廟。

 メブラーナという人は、イスラム神秘主義の宗教哲学者で、旋舞で有名なメブラーナ教団の始祖。

 白いスカートをはいてクルクル回るやつですね。なんか世界史の教科書で見たような記憶があります。

 教団自体はトルコ革命の脱イスラム政策で解散させられてます。


メブラーナ霊廟
 宗教には興味ないですが、宗教建築を見るのは好きです。

 特にモスクはなかなか見れる機会がないですかね〜。



メブラーナ霊廟
 メブラーナ霊廟の入り口。

 残念ながらは中は撮影禁止。見応えは十分でした。観光客でごった返しててあまりじっくりは見れませんでしたが。

 ここでダチョウの卵が蜘蛛よけになるは初めて知りました。発見した人凄いな。


メブラーナ霊廟
 土足厳禁なんですが、こんなビニールが用意されているので靴を脱がずに済みます。

 こんなんでいいの?と少々疑問に思ったり。


メブラーナ霊廟
 神聖っぽい泉。



メブラーナ霊廟
 メブラーナ霊廟。


メブラーナ霊廟

メブラーナ霊廟
 博物館もあって色々展示してあります。

 セマーは見てみたかったんですが、今では12月にしかやってないとか。なので人形で我慢。動きませんけど。


メブラーナ霊廟
 小さな部屋にも展示があります。

 中は狭いし、出たり入ったりするのがちょっと面倒・・・。


メブラーナ霊廟
 武器?


メブラーナ霊廟
 全く読めませんが、きっと良いことが書いてあるはず。

 戦争するなとか書いてあるのかな?



トルコの気温
 メブラーナ霊廟観光を終えて再び移動。

 バスの温度計が39度。40度まで行きましたが、撮るタイミング逃しました。

 今日は移動ばかりで外にでないのでそれ程問題でもないですけど。


スルタンハンのキャラバンサライ
 トイレ休憩で立ち寄ったのがスルタンハンのキャラバンサライ。

 キャラバンサライとは隊商宿のこと。最初きいたときは大衆宿と勘違いしてました。



スルタンハンのキャラバンサライ
 門がかっこいいですね。トイレ休憩なので中に入るまでの時間はなし。

 ちょっと中見たかったです。



スルタンハンのキャラバンサライ
 トルコの猫、その15。

 警戒心が強くて触れませんでした・・・。


・旅行記11へ

・旅行記13へ


クリックしてくれると幸いです。