ラブ&ピース 514本目 2015-18
上映時間 1時間57分
監督 園子温
出演 長谷川博己、麻生久美子、西田敏行
会場 TOHOシネマズ新宿

【あらすじ】
 ロックミュージシャンを夢見るダメダメなサラリーマンの鈴木。ひょんなことから飼い始めたカメを勢い余って捨ててしまったがそれをきっかけに夢をどんどん叶えていくファンタジーな怪獣映画。

【評価 8点(10点満点)】
 園子温は「冷たい熱帯魚」しか見てないので、本当に同じ監督なのかと思うほど家族で安心して見られる映画。期待したほど麻生さんの出番が無かったのが残念。

 例のごとく麻生さんを見たいがために見に行ったのだが、思ったほど麻生さんの出番少なかったですねー。地味な麻生さんというレアな姿を見れたのは良かったのですが、モア出番!

 そういうわけで正直どんな映画なのかほぼ知らん状態だったんですが、思った以上に良かったです。これ本当に園子温監督作?って思うくらい平和で心温まる作品じゃないすか。誰も死なないじゃないですか。

 でも、予想できない展開はなんとなく園作品らしいというか。カメちゃん巨大化って!!

 ラブ&ピースの歌のフレーズが頭から離れないです。いやマジでいい歌です。

 長谷川博己さんの演技は凄かったですね。監督も言ってましたが、本当にカメレオン俳優。サラリーマン時代はこんな人現実に居たら社会人としてやってけないだろうってくらい酷い人間だったのが、バンドを始めてからはかっこいいワイルドリョウになるという変わりっぷりのギャップが激しいですよ。

 公開時期的には12月が良かったんじゃないかなと思いましたが、それだと西田さんの役がサンタだというのがネタバレになっちゃいますね。


ラブ&ピース 舞台挨拶
 そして上映後の、監督、長谷川さん、麻生さん、西田さん、マキタスポーツさんの舞台挨拶がありました。生麻生さんは「ばしゃ馬さんとビッグマウス」以来1年半振り。相変わらずお美しかったです。

 マキタスポーツさんの顔を忘れて「どなたですか?」って聞いたり、願い事を聞かれて「不動産が欲しい」って答える辺り、麻生さんらしいなーって思いました。

 あとは園監督がよく喋ったり、西田さんの生歌をちょっぴり聞くことが出来てとても楽しい舞台挨拶でした。


ラブ&ピース 舞台挨拶
 そして最後にサプライズがありました。なんとちょっと間だけですが、監督から写真撮影OKの許可が出ました!!それなりに舞台挨拶行ったことありますけど、写真撮影OK貰ったのは初めてですよ。

 SNSでどんどん広めてって言ってたので、園監督分かってますねー。こんなことならコンデジ持ってけば良かった・・・。そんなこともあって、作品としては7点なんですけど、これによって+1点です。

 今度園監督作品の舞台挨拶に行く機会があったらコンデジは必須ですね。




クリックしてくれると幸いです。