トルコの列車

●3日目 8月25日(月) 午前(トルコ日付)

 ベルガマの遺跡を終えるとまた長時間の移動です。約3時間かけてエフェソスに向かいます。

 画像は1時間くらい移動したくらいに通った街で見かけたトルコの列車。見た感じ日本のと似てますね。

エフェソス
 これもどこの街かは分からないですが、ツインタワーの違和感が半端ないです。明らかに周囲の建物との調和がとれてない。なにこのビル・・・。なんか怖い・・・。

 つかもうでかすぎて戦隊物の合体ロボの足にしか見えねぇ・・・。他のパーツはどこですかね?



エフェソス
 この辺はもうエフェソスですかね。

 丘の上に城壁があります。かっこいいですねー。テンションあがります。



エフェソスのレストラン
 長時間移動で時刻は12時をまわりました。

 ということでもう昼食の時間なのでレストランへ行きます。


エフェソスのレストラン
 レストランの名前は「LE WAGON」です。


エフェソスのレストラン
 店内の様子。



エフェソスのレストラン
 最初に出てきたスープ。

 トマトベースで酸っぱすぎず、程よくチーズが入っててとても美味しいです。トルコではだいたい最初にスープがでてきましたが、ここのスープが一番美味しかったです。

 あと特製の生絞りオレンジジュースも美味しいです。飲み物は当然自腹なんですけど。


チョップ・シシ
 メインのトルコ料理。チョップ・シシという肉の串焼きです。焼き鳥っぽいですけど、肉は確か羊と牛だったような。小さくて食べやすくてうまいです。

 白い四角のは見た目通りにハンペンっぽかったです。


エフェソスのレストラン
 デザートはプリン。昨日みたいにシロップ漬けのやつじゃなくてよかった〜。

 これは日本にもよくあるカスタードのプリン。私はやわらかいのよりカスタードが好きなのでこれも美味しく食べました。プリンはどこで食べても安定の美味しさです。

 料理の量も適切で、全部美味しい。トルコでの食事はここが一番です。


 ちなみにここで他の1人参加のIさん、Mさんと絡みました。


エフェソスのレストラン
 食後はレストランの敷地内の軽く見学。

 ここは実は鉄道博物館でもあるということで、沢山の鉄道が展示されています。殆どが古い蒸気機関車でした。鉄道ファンが大喜びしそうなくらい沢山鉄道があります。



エフェソスのレストラン
 線路もそのままあります。



エフェソスのレストラン
 鉄道に関する道具の展示。

 トルコはあまり鉄道が発展してないと聞きましたが、トルコにも鉄オタっているんでしょうかね?とりあえず写真に写ってる3人はカメラを持ってないので鉄オタではなさそうです。



エフェソスのレストラン
 なぜかトルコの初代大統領アタチュルクの写真がやたら展示されている小屋もありました。もしかして鉄道好きだったとか?

 小屋の中はなんか変なにおいがするのですぐ出ましたけど。


・旅行記6へ

・旅行記8へ


クリックしてくれると幸いです。