マッドマックス 怒りのデス・ロード(原題:MAD MAX: FURY ROAD ) 513本目 2015-17
上映時間 2時間
監督 ジョージ・ミラー
出演 トム・ハーディ、シャーリーズ・セロン、Yahoo!映画参照
会場 TOHOシネマズ新宿

【あらすじ】
 荒廃し暴力が支配する世界で、マックスが自由を求めてトレーラーで敵の追撃をかわしながら大爆走するアクション映画。

【評価 7点(10点満点)】
 単純明快なストーリーで、頭ん中「ヒャッハー!!」な状態で見れる映画。何より驚いたのは「ベイブ」の監督ってとこなんだが。

 「マッドマックス」は生まれる前の作品でメル・ギブソンの出世作くらいの知識しかありませんでした。丁度BSで昔のを放送してたので1作目だけ鑑賞しました。1作目と今回のとでは全然違いました。ちゃんと2作目まで見ておくべきでしたかねー。

 ストーリーはこれ以上ないってくらいシンプル。行ってしまえば終始カーチェイス?しかし、あんな頑張って逃げてきたのに結局戻るのかよってのは心の中で突っ込み入りますよ。

 「マッドマックス」が元なんですが、先に「北斗の拳」を読んだ私としてはこれでもかってくらいリアル「北斗の拳」でしたね。世界感がまんま。種もみの老人が出た時は吹きそうになりました。

 あと吊るされてギター弾くやつなんなの?弾いてない時も吊るされたまんまだし(笑)どうせならツインギターにして欲しかったです。

 それにしても30年前の作品を自らまた撮るってのが凄いですね。しかも、今の時代にもちゃんとヒットする作品にしあげるとかジョージ・ミラー凄すぎる!

 それ以上にこの監督が「ベイブ」や「ハッピーフィート」の監督ってのが一番驚きなんですけどね。多分ミラー監督作で最初に見たのって「ベイブ」だと思います。多才なんですね。


クリックしてくれると幸いです。