キングスマン(原題: Kingsman: The Secret Service) 508本目 2015-12
上映時間 2時間9分
監督 マシュー・ヴォーン
出演 コリン・ファース、マイケル・ケイン、タロン・イーガートン、サミュエル・L・ジャクソン
会場 飛行機(オーストリア航空)

【あらすじ】
 イギリスの秘密諜報組織「キングスマン」が新たに若手メンバーを訓練しながら、悪の組織による世界の危機に立ち向かっていく。

【評価 7点(10点満点)】
 結構正統派なスパイ映画だが、マシュー・ヴォーン節もしっかり詰まってた。


 
 事前情報無しで見た映画で、後からマシュー・ヴォーンの最新作か知って「なるほど、確かにそんな内容だったわ」って思いました。

 まぁ序盤から「キックアス」のように直接的ではないにしろ割とヴァイオレンスなとこがあったりでしたが、その後は割と普通にスパイの訓練と普通に進んでいきました。

 しかし、終盤になってきましたねー。教会での殺し合い!もうこれでこの映画普通のスパイ映画じゃない!って思いました。いやーいくらチップで凶暴になったからって一般人じゃないですか。それをなんの躊躇いもなくぶっ殺すのはなんつーか、もう逆に清々しいというか・・・。

 極めつけは大量の頭部爆発!!そこは流石に血や脳漿が飛び散るグロ表現ではなく花火のようなキレイ?な演出でしたけど。

 まぁ「キックアス」や「Xメン」を超える程ではなかったですけど、結構面白かったです。色んなスパイグッズも出てきたり、コードネームが円卓の騎士の名前から使ってるのもなかなか良いです。

 なによりサミュエル・L・ジャクソンはこういう無邪気な悪役がピッタリですわ。片や「アベンジャーズ」では正義のリーダーなのにねー。あれはあれで好きですよ。

 あと義足の女性役のソフィア・ブテラが良かったっす。この作品で初めて知ったんですが、なんか凄いダンサーだそうで。なるほどそりゃアクションもできて足技もキレッキレな訳で。

クリックしてくれると幸いです。