セッション (原題:WHIPLASH ) 507本目 2015-11
上映時間 1時間47分
監督 デイミアン・チャゼル
出演 マイルズ・テラー、J・K・シモンズ、他Yahoo!映画参照
会場 TOHOシネマズ新宿

【あらすじ】
 名門音楽大学でジャズドラマーとして世界的成功を夢見る青年と鬼教師のやりとりを描いた作品。J・K・シモンズがアカデミー助演男優賞を受賞。

【評価 8点(10点満点)】
 ジャズ云々がどうとかじゃない。スパルタ教育の本気中の本気の音楽バトルが凄すぎる!

 いやー凄い映画でした。映画の宣伝文句って別にそうでもないってのが大抵なんですけど、このクライマックス残り何分が凄いとかなんとかってのは、正にその通りでした。

 あのシーンは本当に鳥肌立ちますから!

 フレッチャーの鬼教師は過去に見たことないくらいの鬼でした。それを演じたシモンズ、納得の受賞ですわ。

 つか教師というか人としてどうかしてますね。音楽のスキルで許されるレベルじゃないですよ。

 体罰はもちろん教え子の死を美談に改ざんするのには驚きましたけど、最後にさらに驚かされました。教師をクビ?になって流石にまるくなったと思ったら、演奏会で嵌めるという極悪っぷり!そうくるかー、鬼教師としてぶれない辺り尊敬はしないけど、スゲーなーって思いました。

 でも、あれって演奏会が台無しになるから自身もダメージくらいますよね?その辺ちょっと矛盾を感じましたが、まぁそんなことは最後の演奏を見ればどうでもよくなりますね。

 フレッチャーのスパルタ教育の壁をぶち壊したニーマンは確実に成功するでしょう!


クリックしてくれると幸いです。