博士と彼女のセオリー(原題:THE THEORY OF EVERYTHING ) 503本目 2015-07
上映時間 2時間4分
監督 ジェームズ・マーシュ
出演 エディ・レッドメイン、フェリシティ・ジョーンズ、他Yahoo!映画参照
会場 TOHOシネマズ六本木ヒルズ

【あらすじ】
 大学時代にASLが発症した天才物理学者ホーキング博士とその妻ジェーンの半生を描いた家族の物語。

【評価 9点(10点満点)】
 決して理想の夫婦ではないが、誰にも真似できない最高の夫婦愛が描かれた感動作!


 ホーキング博士の名前はなんとなく聞いたことありますが、実際どんな偉業を達成したのかは全く知りませんでした。

 この作品では大学生時代から天才だったのは分かりましたけど、結局分からないのは変わらず・・・。でも、そんなのは分からなくてもいいんです。

 この作品ではホーキング博士とジェーンが以下に優れた人格者で最高の夫婦愛を持っているのが分かれば良いのです。最終的にはそれぞれ別の道を歩むことになりましたが、愛故にの選択なんですよね。

 もうホーキング博士の凄さに言葉もないですよ。大学生の時にASLになって余命2年と言われながら、そんなの関係ねぇと言わんばかり研究を続ける。体の自由も聞かなくなり、声も出せないという完全に介護が必要な状況でも素晴らしい論文を発表する。

 一番驚いたのがまだご存命であること。どんだけ凄い生命力なんだ!

 そんなホーキング博士を見事に演じてアカデミー男優賞を受賞したレッドメイン。今回で初めて知った俳優ですが素晴らしいです。今後注目ですよ。

 そしてなにより妻ジェーンも支えっぷりが半端ないです。どうしてそこまで出来るんだってくらい凄まじい愛。

 しかし、ホーキング博士の介護だけでも大変だってのに、そこに子供3人ってねぇ・・・。ASLでもその辺は問題ないんすね・・・と野暮な想像してしまったり・・・。

 まぁでもホーキング博士の遺伝子はしっかり残すべきだと思うので良いと思います。

 ジェーンを演じたフェリシティ・ジョーンズもいいですねー。割と好きなタイプなんで彼女も今後注目していきたいです。


クリックしてくれると幸いです。